加藤翼(帝京大可児高)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。

中日加藤ドラフト
スポンサーリンク

今回は、岐阜県の帝京大可児高校の加藤翼選手についてピックアップしていこうと思います。

全国的には無名の選手と言えるのではないでしょうか、甲子園で活躍したわけでありませんが、ほとんどの球団が加藤翼選手をドラフト候補に挙げているようです、将来性への期待が大きい投手なのではないでしょうか。

そんな加藤翼投手についてチェックしていきます。

加藤翼投手(帝京大可児高)のプロフィール

ではまずは、加藤翼投手のプロフィールから見ていきましょう。

加藤 翼(カトウ ツバサ)

生年月日:2002年12月14日

身長:178cm

体重:75kg

出身地:岐阜県下呂市

所属: 帝京大可児高校

ポジション:投手 右投げ左打ち

加藤翼投手(帝京大可児高)は、どんな選手?特徴は?

異端の153キロ右腕・加藤翼(帝京大可児)とは…?全力キャッチボールの風切り音がすごい!

加藤翼投手は将来性豊かな本格派右腕投手です。

ゆったりとした始動から、下半身を使ってしっかりと腕を振ることができる投球フォーム、高い位置から腕を振り下ろす投げ方ですので、角度のあるボールが投げれるピッチャーです。

加藤翼投手のストレートは

最速153キロのストレートが一番の武器になります。常時140キロから140キロ後半のストレートを投げることができる投手です。

高校生で150キロを超すボールを投げれるだけで超高校級とも言えるでしょう。

スピンの効いた回転数の多いストレートで打者の手元でも相当速く感じるストレートともいわれていて、空振りを多くとることができます。

高校入学からしっかりとした身体づくりが効果を現れるとともに球速もアップしていったようです。

加藤翼投手の変化球

加藤投手のもう一つの特徴は、キレの良い変化球があることです。

ナックルカーブ、チェンジアップ、スライダー、カットボールが持ち玉と言われていて、特にナックルカーブは大きく変化し、カウントを稼ぐ球として有効に使われています。

加藤翼投手(帝京大可児高)の経歴は

最速153キロ右腕 加藤翼(帝京大可児) 【高校生合同練習会】

小学校2年生から野球を始めた加藤投手、中学では岐阜加茂ボーイズに所属似ていました。

加藤翼投手(帝京大可児高)の高校時代は

【MAX153km/h】帝京大可児 加藤翼(3年) 2回1失点2奪三振【2020ドラフト候補】

高校は、帝京大可児高校に進学します。

帝京大可児高校は近年野球部に非常に力を入れている高校ともいわれており、コーチに元近鉄の田中祐貴氏(登録名:ユウキ)を招いて強化している高校のようです。

1年生の秋から背番号「11」でベンチ入りし、岐阜県大会では全7試合の内5試合に先発するなど成長していきます。

3年生の夏には、体重は74キロまで増加し身体もできてきたことで球速はも150キロを超えるようになります。

高校3年生の最後の夏は、新型コロナウィルス感染拡大の為に公式戦はありませんでしたが、練習試合で153キロを記録しています。

その後NPB主催の合同でも奪三振を奪うなど好投を披露しました。

加藤翼投手(帝京大可児高)の甲子園は

加藤投手は残念ながら甲子園には出場できていません。

所属している帝京大可児高校としても甲子園の出場はありません。

加藤翼投手(帝京大可児高)のドラフト・スカウトの評価は

加藤翼投手については各球団スカウト陣から多くのコメントが出ています、しかも全て3年生になったばかりの物です。

高校3年生になり大きく成長しドラフト候補まで名前が挙がるようになったことが伺えますね。

中日・中田アマスカウトアドバイザー

「モノは抜群。高めに来る球は(打者が)全部振る。あれを膝元に投げられたらプロでも通用する」

日本ハム・大渕スカウト部長

「体のバランスがいい。躍動感やしなやかさがある

ヤクルト・小川淳司GM

「雷雨で終盤は室内練習場に変更になり、最速153キロ右腕・加藤翼の投球を二塁後方から見ることができた。筋肉質な体など素材のよさを目の当たりにしたのは収穫だった」

DeNA・進藤編成部長

「粗削りな部分はあるが、魅力のある直球がある」

オリックス・谷口スカウト

「直球の質はいい。うちの本田(仁海)に似た伸びしろを感じる」

中日・米村チーフスカウト

「課題はいろいろあるが、力はある。原石ですね」

阪神・熊野スカウト

「きょうは良くなかったが、あれだけスピードが出るのだから楽しみ。プロでもっと下半身を使えるようになれば、とんでもない投手になる可能性がある」

DeNA・中川大志スカウト

「素晴らしい素材を持っているので、あとは精度。力の伝え方も上手く、体ができてきたらどうなっていくんだろうと楽しみでもあります」

オリックス・谷口悦司スカウト

「カーブも良いですし、ストレートがベース上にきても垂れません。角度もあってシュート回転もしないので左打者も苦にしなさそうです」

まとめ

今回は岐阜県の帝京大可児高校の加藤翼投手について見てきました。

将来性の高いピッチャーとしてドラフトでも指名の可能性が大いになる選手です、今後の伸びしろは計り知れないとも言われています。

そんな加藤翼投手の動向に今後も注目していきたいですね、期待しています、今後も応援していきたいと思います、頑張ってください。

また加藤投手以外にもドラフト注目選手の記事も沢山ありますんで、合わせてチェックしてみてください。

2020年ドラフト1位指名候補12人予想まとめ
こんにちは、ドラフト会議が近づいてきました、そこでドラフト1位候補の12人をまとめてみようと思います。高校生、大学生、社会人と今年も楽しみな選手が多く存在しています、そんな中で毎年ドラフト1位の選手は12人しかいません。各...
佐藤輝明(近大)どんな選手?経歴、ドラフト・スカウトの評価は
今回はすでに1位指名を明言する球団も出てきている佐藤輝明(近大)選手についてチェックしていきたいと思います。新聞紙上やネット上では「糸井2世」や「柳田以上」とも言われている佐藤選手。そんな佐藤選手は、大学生NO.1野手とし...
高田琢登(静岡商)どんな選手?特徴やドラフト・スカウトの評価は
プロ12球団から注目集める静岡県の注目の左腕の高田投手を今回はピックアップしていきたいと思います。急速のあるストレートと多彩な変化球を武器に三振を多く奪うことができる高田投手ですが、どんな投手なのか?、ドラフト・スカウトの評価など...
井上朋也(花咲徳栄)どんな選手?特徴やドラフト・スカウトの評価は
こんにちわ、センバツ高校野球の出場チームを対象にした甲子園の交流試合も終了し、高校球児の高校野球は新チームへと移行していきます。今回は、埼玉県の花咲徳栄高校の井上朋也選手についてチェックしていきたいと思います。2020年の...
小林樹斗(智辯和歌山)どんな選手?ドラフト・スカウトの評価は、甲子園での成績は
今回は、和歌山県の強豪校である智辯和歌山の小林樹斗投手をチェックしていきます。地元和歌山県出身の小林投手ですが、和歌山で甲子園と言えば「智辯和歌山」です、そんな憧れの智辯和歌山へ入学し甲子園を目指し、甲子園のマウンドで躍動します。...
2020年ドラフト会議12球団全指名選手まとめ、注目の選手はどの球団へ!
今回は2020年のドラフト会議で各球団から指名がありました全選手についてまとめてみました。高校生から大学生社会人までプロ野球の世界に新たに活躍する選手もこの中から多く出てくることではないでしょうか、また個々の選手についても詳しい記...

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました