福島章太(倉敷工高)中日4位,どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。

ドラフト
スポンサーリンク

今回は、中日ドラゴンズにドラフト4位指名されました倉敷工高校の福島章太選手について詳しく見ていきたいと思います。

直球が魅力の左腕投手である福島選手、将来が楽しみな選手の一人でしょう。

そんな福島章太選手についてチェックしていきます。

福島章太投手(倉敷工高)のプロフィール

ではまず、福島章太投手のプロフィールについてです。

福島 章太(フクシマ ショウタ)

生年月日:2002年10月24日

身長:176cm

体重:88kg

出身地:岡山県備前市

所属:倉敷工高

ポジション:投手 左投げ左打ち

福島章太投手(倉敷工高)は、どんな選手?特徴は?

がっちりとした体格からキレ、伸びがある球を投げることができる左腕投手です。

スリークォーターのフォームで強気なピッチングが持ち味で、ボールの出所が見えにくいのも特徴の一つでしょう。

ストレートの最速は146キロを計測しました、変化球の持ち球としましては、カーブ、スライダー、カットボール、フォークとありますが、ストレートでどんどんと押していくタイプのピッチャーと言えるでしょう。

性格は、負けず嫌いなようで何に対しても負けたくないとコメントがありました。

福島章太投手(倉敷工高)の経歴は

6歳の時から軟式野球を始めた福島投手、中学では瀬戸内ボーイズに所属。

本格的の投手になったのは高校に入学してからのようです。

福島章太投手(倉敷工高)の高校時代は

1年生の秋からエースとして先発しチームの中心選手になります、しかし2年生の春に左肘を疲労骨折してしまい、2年生の夏には背番号「13」となりました。

その後投球練習を再開し、再びエースナンバーを背負うことになります。

その後は、左ヒジの手術を乗り越え3年生の最後の夏の独自大会では自己最速の146キロを記録するピッチングを披露するようになりました。

元々評価の高かった福島投手にプロ野球10球団が視察に訪れたようです。

福島章太投手(倉敷工高)の甲子園出場は

福島投手は甲子園の出場はありませんでした。

そんな中でのドラフトでの4位指名は将来性の素質が凄いのでは無いでしょうか。

福島章太投手(倉敷工高)のドラフト前のスカウトの評価は

では、福島投手についてのドラフト前までにコメントされた評価ですが。

西武

「バランスが良くて、体幹もしっかりしている」

阪神

「球に力があるし、テークバックが小さいから球の出どころが見えづらい。左の高校生では中四国ではNo・1ちゃうかな。横幅がある割には動きもいいしね」

中日からのコメントの発表はありませんでしたが、4位指名と非常に評価を高くしているのも感じますね。

中日に1位は、同じ高校生の高橋投手(中京大中京)、話題のドラフト1位ですが同じ高校生投手として切磋琢磨して活躍してもらいたいですね。

高橋投手についてに詳しい記事はこちらです→高橋宏斗(中京大中京)どんな選手、ドラフト・スカウトの評価は、プロへ行くのか

まとめ

今回は、中日ドラゴンズにドラフト4位で指名された倉敷工業高校の福島章太投手について詳しく見てきました。

キレの良いストレートを武器にしたパワータイプのピッチャーと言えるのではないでしょうか。

今後の活躍を大いに期待しても良いのではないでしょうか。

福島章太投手、頑張って頂きたいですね。応援していきましょう。

また、ドラフトに関する記事も多数ありますので合わせてチェックしてみてください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました