高橋宏斗(中京大中京)どんな選手、ドラフト・スカウトの評価は、プロへ行くのか

野球
スポンサーリンク

今回は、2020年ドラフト注目の高校生NO,1投手である中京大中京高校の高橋宏斗投手についてチェックしていきます。

コロナウィル感染拡大に付き、無くなった春と夏の甲子園。

その代替えとして県独自の大会や、センバツ出場校対象の甲子園での交流戦でも強さを見せた中京大中京高校のエースとしてチームを引っ張った高橋宏斗投手。

そんな高橋宏斗投手はどんな投手なのか?、ドラフト会議に向けてのプロ球団のスカウトの評価はどうなのか?、そもそもプロ入りを希望するのか?などについてチェックしていきます。

高橋宏斗投手(中京大中京)のプロフィール

まずは高橋投手のプロフィールです。

高橋 宏斗(タカハシ ヒロト)

生年月日:2002年8月9日

身長:182cm

体重:80kg

出身地:愛知県尾張旭市

所属:中京大中京高校

ポジション:投手 右投げ右打ち

高橋宏斗投手(中京大中京)はどんな選手

では高橋投手はどんな投手何でしょうか?

右の本格派投手で、直球を中心とした投球内容で打者を打たして取ることも三振も取ることができる投手です。

最速153Km/hのストレート、常時ストレートは140Km/hを記録します。

そんなストレートとツーシーム、ひざ元の変化するカットボールが武器です。どの球種も強烈な腕の振りから投げ下ろされるので高校生ではなかなか打ち崩すことはできないと言われています。

全力投球をするとストレートがシュート回転するクセがあり、高めに浮くことがありますので、どれだけ低めにストレートを集めることができるかが高橋投手の課題になります。

高橋宏斗投手のスタミナ

また、高橋投手は、馬力が非常に強く、試合終盤まで球威が衰えることがないスタミナを持ち合わせている投手になります。

世代最強投手を目指して

高橋投手は、新チームになり秋の明治神宮大会を制覇しました。その後から、高橋投手率いる中京大中京は公式戦で負けがありません。

無敗で引退と世代最強投手を目指し県独自大会も勝ち抜き、最後の甲子園での交流戦の勝利し無敗のまま高校野球を終えることができました。

明治神宮大会優勝までは19連勝、愛知県の独自大会は8連勝、甲子園の交流大会ではサヨナラ勝ちで締めくくりました。

チーム無敗と共に、世代最強投手にも成長したと言っても良いのではないでしょうか。

高橋投手は最後の甲子園交流試合前にコメントしています。

親への恩返し。

あとは、アピールする場になればと思います。

ホームラン7月号より

高橋宏斗投手(中京大中京)のプロのスカウトの評価は

例年の春・夏の甲子園が中止になり各プロ野球球団のスカウトも評価をしずらい部分んもあるでしょうが、ここまでの活躍とポテンシャルを見せつけている高橋投手ですが、夏の甲子園交流戦後のスカウトの評価はどうでしょう。

一部を新聞記事からピックアップしてみます。

ソフトバンクスカウト

即戦力に近い投手だと思う。基本的にスライダー、フォークがいい。体力などもすべてが即戦力レベル。

中日スカウト

直球を狙われていると分かったら、変化球から入って空振りを取ることも出来るクレバーなピッチャー。投げるスタミナもあるし、落ちる変化球もいいところでコントロールが決まっていた。

オリックススカウト

秋に上位候補と言っていた評価から変わらない。9回に153キロ投げるエンジンの大きさ、すべてに関してすごさを見せてもらった。ホレました。

巨人スカウト

馬力は高校生トップ。ストレートの力は本当に評価できる。(プロ志望届を提出すれば)12人の中に出る素材だと感じました。

日刊スポーツより

高橋宏斗投手(中京大中京)はプロを希望するのか?

プロ各球団からトップクラスの評価を得ている高橋投手ですが、等の本人はプロ入りか進学かはっきりと決めていないようです。

高橋投手はこのようなコメントもしています。

全国の舞台で通用するかわからない。プロになるとまだ自信が持てない部分もあるんです。

ホームラン7月号より

そんな、高橋投手は慶応大学への進学との記事もあります。

慶応大学でプレーした高橋投手のお兄さんがプレーしていたことや、中学生の時に観戦した「早慶戦」が非常に印象に残っているようです。

しかしながら、こんな逸材をプロ野球球団がほっておくわけでもないでしょう。

地元である中日ドラゴンズが熱心に獲得に力を入れているようです。

まとめ

今回は、2020年秋のドラフト会議で上位指名が間違えないであろう、中京大学中京の高橋宏斗投手についてチェックしてきました。

プロ入りか進学かはこれからでしょうが、プロ入りとなれば世代最強投手である高橋宏斗投手に注目が集まることは間違えないでしょう。

また、同じ高校生投手として2020年のドラフト会議で注目されるであろう、履正社の岩崎投手や明石商の中森投手にも注目です。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました