山下舜平大(福岡大大濠)どんな選手?特徴やドラフト・スカウトの評価は

ドラフト
スポンサーリンク

今回は、ドラフト上位指名の可能性も十分にあり得る、山下舜平大投手について見ていきたいと思います。

まず一番初めに気になるのが山下投手の名前ではないでしょうか?

山下舜平大(やました しゅんぺいた)と読みます、「舜平大=しゅんぺいた」初見ではなかなか読むことは難しいかと思いますが、一度聴いたら忘れることがない名前ですね。

名前の由来もあるようです。

名前の由来は20世紀前半に活躍した経済学者ヨーゼフ・シュンぺーターから。

日刊すぽーつより

そんな山下舜平大投手についてチェックしていきます。

山下舜平大投手(福岡大大濠)のプロフィール

まずは、山下舜平大投手の基本的なプロフィールです。

山下 舜平大(ヤマシタ シュンペイタ)

生年月日:2002年7月16日

身長:189cm

体重:93kg

出身地:福岡県福岡市

所属:福岡大大濠高校

ポジション:投手 右投げ右打ち

山下舜平大投手(福岡大大濠)はどんな投手?特徴は?

【ドラフト候補】福岡大大濠・山下舜平大のピッチング!球の伸びと変化球のキレがヤバすぎる!

プロフィールで紹介したように身長189cm体重93Kgと恵まれた体格が特徴のパワータイプの投手で間違いないでしょう。

山下舜平大投手のストレート

最速153キロを記録したストレートを武器にしています。

1試合を通じて常時140キロ後半のスピードを記録することができます、山下投手の一番の武器がこのストレートになります。

めぐまれた体格からダイナミックなオーバースローのピッチングフォームで剛速球を投げるイメージですね。

唯一の変化球がカーブ

球速が110キロのカーブ120キロ台のカーブを使い分けます。これがもう一つの武器と言ってよいでしょう。

このカーブが唯一の変化球です、スピードのあるストレートとブレーキの利いたカーブでピッチングを組み立てていきます。

中学時代は、カーブのほかにチェンジアップやスライダーを投げていましたが、将来性を見越して福岡大大濠の八木監督の育成方針によりカーブ以外の変化球は高校時には封印しました。

山下舜平大投手(福岡大大濠)の経歴は?

【2019 福岡招待試合 福岡大大濠.vs大阪桐蔭】2020注目選手福岡大大濠山下舜平大!!怪物候補現る、大阪桐蔭の2番伊東3番西野4番仲三河を三者三振!!選抜で見たかった、、、

山下投手は、地元の筑紫丘ファイターズに入団し野球を始めました。

中学時代は、中学の部活動の野球部に所属、部活動なので軟式野球になります。

そんな中で山下投手は福岡県の選抜チームにも選ばれる活躍、U15全国大会で準優勝する活躍をしています。

高校は福岡大学大濠高校に進学。

進学理由として、小学校時代のチームの先輩の三浦銀二投手(法政大学)が進んだのが理由の一つでもあるとの情報がありました。

高校では1年生の秋からベンチ入り、2年生の春からは主力投手として活躍、球速は144キロを記録しました。

2年生に夏の予選ではエースとして県大会ベスト8、その後優勝候補として臨んだ秋の大会では残念ながら4回戦で敗退しセンバツへの道は閉ざされました。

そんな秋の敗戦から、ボールを使わずに1日1000回のスクワットなどで体幹を重点的に鍛えることで、球速も146キロまでアップすることになります。

満を持して臨むつもりの3年生最後の夏の予選はコロナウィル感染拡大により中止。

しかしながら、活動自粛中もトレーニングを続け、一段と筋力アップしドラフト候補へと成長してきました。

山下舜平大投手(福岡大大濠)のドラフト・スカウトの評価は

150キロ計測!山下舜平大(福岡大大濠) 【高校生合同練習会】

8月末に行われた「プロ志望高校生合同練習会」でも格の違いを見せつける好投、参加者唯一の150キロをも記録し、スカウト人の評価は今まで以上に高くなりました。

そんな山下投手の各球団の評価は、こうなっています。

巨人水野巡回コーチ

「山下投手は抜群。スピードも力もある。昨日の遠投もすばらしい。いい投手になるんじゃないか。」

DeNA吉田チーム統括本部顧問兼球団代表補佐

「いい球を放っていた。(直球とカーブだけは)今の選手にしては珍しい。」

阪神畑山統括スカウト

「昨日のキャッチボールや遠投だけを見ても、上位候補、1位候補に値するぐらいの形を見せてくれた。」

中日中田アマスカウトアドバイザー

「物が違う。持っている球の角度、ボール自体が力がある。素材は(1位の)素質はあると思う」

広島鞘師スカウト

「球団としても1位候補に挙げてますから。素材の大きさも感じるし、現時点のボールもすごいですけど、将来性も大きいなという感じ。」

楽天後関スカウト部長

「「アッ」と目を引く選手もいた。(山下は)思った通りのパフォーマンス。粗削りな部分はあるが、150キロの球は非常に魅力。(コロナ禍で)回数が見られない点で不安材料はあるが、最終的には完璧にしてドラフトに臨むつもり。」

日本ハム大淵スカウト部長 

「改めてスケール感の差が、よく分かりました。球団の複数が(山下を)見られたのは大きいと思います。」

日刊スポーツより

どの球団もドラフトで上位指名候補としてリストアップしているのではないでしょうか。

まとめ

今回は、ドラフトで上位指名の可能性が極めて高い福岡の山下投手についてチェックしてきました。

ストレートが魅力の将来性豊かの投手で、今後の進路や活躍が楽しみな投手でした。

ぜひ、プロ野球で活躍するところを見てみたいですね。

また、山下投手以外にも高校生投手としてドラフト上位指名の可能性がある投手も多くいます、合わせてチェックしてみてください。

高田琢登(静岡商)どんな選手?特徴やドラフト・スカウトの評価は
プロ12球団から注目集める静岡県の注目の左腕の高田投手を今回はピックアップしていきたいと思います。急速のあるストレートと多彩な変化球を武器に三振を多く奪うことができる高田投手ですが、どんな投手なのか?、ドラフト・スカウトの評価など...
高橋宏斗(中京大中京)どんな選手、ドラフト・スカウトの評価は、プロへ行くのか
今回は、2020年ドラフト注目の高校生NO,1投手である中京大中京高校の高橋宏斗投手についてチェックしていきます。コロナウィル感染拡大に付き、無くなった春と夏の甲子園。その代替えとして県独自の大会や、センバツ出場校対象の甲...
小林樹斗(智辯和歌山)どんな選手?ドラフト・スカウトの評価は、甲子園での成績は
今回は、和歌山県の強豪校である智辯和歌山の小林樹斗投手をチェックしていきます。地元和歌山県出身の小林投手ですが、和歌山で甲子園と言えば「智辯和歌山」です、そんな憧れの智辯和歌山へ入学し甲子園を目指し、甲子園のマウンドで躍動します。...
岩崎峻典(履正社)どんな選手?球種や球速、甲子園で胴上げ投手にドラフトでも注目
今回は、2019年の夏の甲子園を制し胴上げ投手となった岩崎投手についてです。2年生ながら全国制覇を経験し、2019年の夏に一番成長した投手と言われ、その後もしっかりとした投球を見せ春のセンバツ甲子園への出場を決めていましたが、コロ...
中森俊介(明石商)どんな選手?甲子園での活躍、ドラフト・スカウトの評価は?
高校1年生の春からベンチ入りし、夏の甲子園では1年生ながら登板し経験を積み成長し続ける兵庫県明石商業の中森俊介投手。そんな、中森俊介投手ですが2020年のドラフトの目玉選手になることは間違いないでしょう。今回はそんな明石商...

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました