佐藤輝明(近大)どんな選手?経歴、ドラフト・スカウトの評価は

野球
スポンサーリンク

今回はすでに1位指名を明言する球団も出てきている佐藤輝明(近大)選手についてチェックしていきたいと思います。

新聞紙上やネット上では「糸井2世」や「柳田以上」とも言われている佐藤選手。

そんな佐藤選手は、大学生NO.1野手として評価の高くドラフトの目玉になることは間違いないでしょう、佐藤選手はどんな選手なのでしょうか?経歴や甲子園出場歴、またドラフトに関しての各球団の評価も合わせて紹介していきましょう。

佐藤輝明選手(近大)のプロフィール

それでは、佐藤選手の基本的なプロフィールです。

佐藤 輝明(サトウ テルアキ)

生年月日:1999年3月13日

身長:186cm

体重:92kg

出身地:兵庫県西宮市

所属:仁川学院高校近畿大学

ポジション:三塁手 外野手 右投げ左打ち

佐藤輝明選手(近大)は、どんな選手、、特徴は?

冒頭でも述べたように佐藤選手は「糸井二世」や「柳田以上」と騒がれている選手です、この二人の特徴と言いますと、「走・攻・守」の3拍子がそろった選手、佐藤選手も3拍子揃った選手と言えることでしょう。

佐藤輝明選手(近大)の打撃は

佐藤選手の打撃の特徴といいますと、鍛え抜かれた体格からのパワーを誇る強打者です。

フルスイングが持ち味でありながら、広角に打てる打力が大きな魅力の一つと言えるでしょう、逆方向へも強い打球が打てます。

また、強打の長距離砲でよくあるエピソードですが、練習で打球が飛びすぎるため、民家の屋根を破損してしまい、専用のネットが設置されたようです。

松井秀喜選手にも高校時代同じエピソードがありましたね。

大学1年生時は三振が多く粗削りなバッターでしたが、徐々に三振も減ると同時に四球の数が増え、安定した打撃になったようです。

佐藤輝明選手(近大)の走力は

佐藤選手は50メートル6.0秒、一塁到達タイムが4.3秒を記録しています。

当然左打者ですので、右打者に比べて早いことはありますが、俊足と言っても良いでしょう。

佐藤輝明選手(近大)の守備力は

高校時代は三塁手、大学入学から外野を守ることが多かった佐藤選手ですが、大学3年生からは三塁のポジションを守ることがメインになっています。

グラブさばきが非常に柔らかく、大学の監督はショートも守らせても面白いのではないかと発言しています。

佐藤輝明選手(近大)の肩は

遠投は100メートルを投げるようです。

外野手をやっていたことから強肩と言えるでしょう。

佐藤輝明選手(近大)の経歴

大学時代の活躍で大きく注目されている佐藤選手ですが、ここまでの経歴について確認していきましょう。

佐藤輝明選手(近大)の小学中学時代

佐藤選手が野球を始めたのは小学1年の時に地元のチームで軟式野球を始まます。

6年生の時には阪神タイガースJr入りも果たします。

中学では、部活動の野球部所属し軟式野球を続けます、有望選手が所属するボーイズリーグなどで硬式野球を行うことは無かったようです。

佐藤輝明選手(近大)の高校時代 甲子園出場は?

佐藤選手は地元の私立の「仁川学院高校」に入学、その時佐藤選手には甲子園出場の目標などはなかったとのことです。

そんなこともあり、3年間で甲子園への出場はありませんでした。

高校入学時には野球部かサッカー部か入部を迷っていたことに様です。

そんな佐藤選手ですが、高校時代から長打力はあり高校通算20本塁打を放っています。

全くの無名と言える佐藤選手ですが、近畿大学の田中秀昌監督の目に留まり大学でも野球をやることになったようです。

田中監督は佐藤選手について「スイングのスピードが並外れていた。飛距離がずば抜けていた。」と当時の印象を語っています。

佐藤輝明選手(近大)の大学時代での活躍

大学で大ブレークする佐藤選手、1年生の春からクリーンナップを打ちチームの中心として活躍します。

大学3年間でのリーグ戦の成績は

71試合 打率.292 安打数79 本塁打11本 打点58 盗塁5 長打率.513

最多本塁打3回 MVP1回 最多打点2回 ベストナイン3回(外野手1,三塁手1)

1年生から3年生まででこの成績を上げています。

そして、国際大会のメンバーにも選ばれ大学の侍ジャンパン入りしチームの優勝にも貢献します。

高校時代は、全くの無名選手でしたが、近畿大学の田中監督に見いだされ大学では日本代表まで選ばれる活躍の佐藤選手、素晴らしいですね。

佐藤輝明選手(近大)のドラフト・スカウトの評価

2020年のドラフトの最大の目玉選手とも言える佐藤選手に関してのプロ野球各球団の評価をまとめてみました。

どこの球団でプレーするのか楽しみな選手ですので注目です。

広島・鞘師スカウト

 「走攻守がそろっている1位候補の選手。(プロでも)レギュラーになっていく」
 「足も速くて守れてパワーもある。全国的にもいないタイプの選手」

オリックス・牧田勝吾編成部副部長

「『糸井二世』と言われるだけあって飛距離が魅力ですし、大柄な割には三塁からのスローイングも無難にこなす。あまりがっつくタイプではなく、淡々と自分が持っている能力で勝負する選手のように感じます」

巨人・長谷川スカウト部長

「(ソフトバンクの)柳田が大学生の時よりもパワーはあるかもしれない。どっちかと言えば、柳田は引っ張り専門だったけど、彼の方が広角に長打が打てる。 (ドラフト)1位だろう。12人に入ってくるでしょう。大きい(187センチ、93キロ)割にバタバタしていないし、スイングもいい。」

ヤクルト・阿部スカウト

「1年の時から大型で長打力が売り。ウチでいうと村上みたいな選手です。佐藤くんは三塁だけじゃなく外野も守れる。上位候補だと思う」

まとめ

近畿大学の佐藤選手についてチェックしてきましたが、これからの活躍が本当に楽しみな選手であることは間違いありません。

ドラフト会議も注目ですが、その後も大注目な選手でしょう。

ドラフト候補の記事は他にもあるますので合わせてチェックしてください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました