古川裕大(上智大)どんな選手?経歴やドラフト・スカウトの評価は

ドラフト
スポンサーリンク

今回は上智大学の古川祐大選手についての見ていきましょう。

毎年、大学から捕手が数人ドラフトで指名されプロの世界に入っていきます、今回の古川選手は、強肩強打の大学ナンバーワン捕手との呼び声が高い選手です。

また、大学日本代表でも正捕手としてマスクを被りました。

そんな、古川祐大選手はどんな選手なのか?、経歴やドラフトでのスカウト陣の評価を合わせてチェックしていきます。

古川裕大選手(上智大)のプロフィール

まずは、古川裕大選手のプロフィールから見ていきましょう。

古川 裕大(フルカワ ユウダイ)

生年月日:1998年6月19日

身長:182cm

体重:86kg

出身地:福岡県八女市

所属:久留米商業高校 → 上武大学

ポジション:捕手 右投げ左打ち

古川裕大選手(上智大)は、どんな選手?特徴は?

【ドラフト2020候補】古川裕大の打撃&送球シーン

身長182cmの大型捕手の古川選手、大柄な体系からしっかりとバットを振り切ることができる選手であります。

古川裕大選手(上智大)のバッティングは

力強いスイングでリーグ通算11本塁打を放った左の強打者です。

逆方向へも強い打球を打つことができ、確実性の高い打撃が持ち味になります、そんなことから打率も高く3年生のリーグ戦では、春も秋も打率4割越えを記録しています。

古川裕大選手(上智大)の捕手としての守備は

捕手は一番難しいと言われるポジションです、チームの頭脳、扇野要としての役割が大きいポジションです、

リード面に関しては、プロ入り後に十分な経験を積んで身に付けていくところだと思います。

ここで注目すべきは、古川捕手の強肩です。

二塁送球タイムは1,8秒台とすでにプロの選手並みの肩の強さがあると言えることでしょう。

古川裕大選手(上智大)の経歴は

【2020ドラフト候補/バットコントロールの柔らかさが魅力!強肩強打の大型捕手】上武大3年生・古川裕大(福島中※久留米ボーイズ→久留米商業高)

お父さんの影響で小学低学年から野球を始めます、中学校では久留米ボーイズに所属し、中学生のクラブチームの日本一を決める大会であるジャイアンツカップに出場しました。

また、U15の日本代表に選出されました、メンバーには横浜高校から楽天イーグルスへドラフト1位で入団した藤平投手も選出されていました。

古川裕大選手(上智大)の高校時代は

久留米商業高校に進学、1年生の秋から正捕手の座を獲得、翌2年生の夏の大会では5番打者としてもチームを引っ張りました。

その後も甲子園を目指しますが、2回戦で敗退が続き、甲子園への出場がないまま引退しました。

古川裕大選手(上智大)の大学時代は?

大学では打力を評価され1年生の春からベンチ入り、その後2年生の春には指名打者としてベストナインに輝きます。

3年生になると正捕手としてチームの中心選手となりベストナインも2回獲得(捕手1、外野手1)し3年生の春には本塁打と打点の2冠王となります、打率も.415と見事な成績を収めます。

3年生の秋のリーグ戦でも.452の高打率を残し、3本塁打と強打者ぶりを発揮します。

捕手だけではなく、外野やショートを守るなど、器用な面も見せつけています。

古川裕大選手(上智大)のドラフト・スカウトの評価は

各球団とも上位にピックアップされていることは間違いないと思われます古川裕大選手ですが、評価についてまとめてみました。

楽天・沖原スカウト

「スローイングがよくなっているし、ショートも見せてもらった」

DeNA・稲嶺茂夫スカウト

「遊撃でも細かいステップがしっかりできていた。捕手としても成長できていいる」

まとめ

今回は、古川裕大選手についてチェックしてきました。

どこのチームも打てる捕手が欲しいのではないでしょうか、今年のドラフトでは争奪戦になるのではないでしょうか。

今後も古川選手について注目していきたいですね。

古川選手以外にドラフト候補の大学生についての記事も合わせてチェックしてみてください。

五十幡亮汰(中央大)サニブラウンに勝った男とは、どんな選手?経歴やスカウトの評価は

牧秀悟(中央大)どんな選手?経歴やドラフト・スカウトの評価は

早川隆久(早稲田大)どんな選手、甲子園出場は、経歴やドラフト・スカウトの評価は

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました