牧秀悟(中央大)どんな選手?経歴やドラフト・スカウトの評価は

ドラフト
スポンサーリンク

今回は、2020年のドラフト候補である、牧秀悟選手についてです。

おそらく、牧選手が大学NO,1内野手ではないでしょうか。

また、大学の日本代表にの選出され、様々な経験を積んでいる選手です。

そんな牧選手は、どんな選手でしょうか?、経歴らスカウトの評価についてもまとめてチェックしていきます。

牧秀悟選手(中央大)のプロフィール

まずは、牧秀悟選手のプロフィールから見ていきましょう。

牧 秀悟(マキ シュウゴ)

生年月日:1998年4月2日

身長:178cm

体重:83kg

出身地:長野県中野市

所属:松本第一高校 → 中央大学

ポジション:内野手 右投げ右打ち

牧秀悟選手(中央大)は、どんな選手?特徴は?

では、内野手として非常に評価の高い牧選手ですが、どんな選手なのでしょうか?

牧秀悟選手(中央大)のバッティング

牧選手は、勝負強いバッテンングをする中距離ヒッターと言えるでしょう。

パンチ力もあり時には長打も打てますが、二塁打の数が非常に多いバッターのようです。

また、右打者ですからライト方向の逆方向への打球も打てるバッテンングで、どのような球にも柔軟に対応できる打者と言えるでしょう。

ミート力もありバットコントロールのうまい選手といえるでしょう。

牧秀悟選手(中央大)の守備は

内野手である牧選手、肩も強くフットワークも軽い動きをします、主にショートとセカンドを守るとができ、内野の中心になれる選手でしょう。

牧秀悟選手(中央大)の経歴は

小学生で野球を始めた牧選手、中学では硬式野球チーム若穂シニアに所属していました。

牧選手にはお兄さんがいます、野球を始めたきっかけはお兄さんだったそうです。

中学生の時には全国大会にも出場するほどの実力だったようです。

高校時代は甲子園の出場は無し

高校は、地元長野県の松本第一高校へ入学、1年生からベンチ入りし活躍します。

1年生の夏の長野県大会ではレギュラーとして試合に出場し、15打数4安打4打点をマーク、2年生になるとチームの4番打者となるまでに成長します。

3年生の春には見事に長野県大会に優勝しましたが、3年生最後の夏に甲子園をかけて臨んだ長野県大会、当然春の優勝校として注目されましたが、なんと初戦で敗退してしまいます。

牧選手個人では2安打を放ちましたが、悔しい結果で高校野球を終えることになりました。

牧選手はこの時からプロ球団から注目される選手でしたが、プロ志願届は提出せずに大学へと進学することになりました。

牧秀悟選手(中央大)の大学時代は?

大学入学後、1年生の春からショートのレギュラーとして11試合に先発出場、2年生秋には打率。271、7打点、2盗塁でショートでもベストナインを獲得。

3年生の春には打率.400を記録、首位打者とベストナイン、秋には打率.361でMVPと首位打者、ベストナインを獲得しました。

3年生時にはセカンドでのベストナイン獲得になります。

大学日本代表にも選出

獲得したタイトルの数からわかるように当然ながら大学の日本代表にも選出されています。

3年生時には日本代表の4番を打つなど、勝負強いバッティングで日本代表でも見せつけることになりました。

牧秀悟選手(中央大)のドラフト・スカウトの評価は

牧選手に対してのスカウト陣の評価をまとめてみました。

オリックス・牧田勝吾編成部副部長

 「高校時代より体が大きくなって、個人的には、将来プロで本塁打王を獲れるんじゃないかなと見ています。右打者で全方向に放り込めるスイング軌道、バットの押し込みは魅力的。内野手として動けるのも高評価です」

ソフトバンク・福山スカウトチーフ|

「体もあるし、二塁の守備もソツなくこなしている」

オリックス・佐藤スカウト

 「逆方向にも打てる右の内野手」

DeNA・河原隆一スカウティングディレクター

「懐の深い打撃ができているし、勝負強い。二塁も十分に守れる印象」

阪神・吉野スカウト

「長打力は二塁打も打てるし、ミート力、バットコントロールがある」

まとめ

個のドラフトでは注目の内野手である牧選手。

長打力もある中距離ヒッターと言える選手でしょう、守備の評価も高く、ショートとセカンドを守ることができます。

そんな内野手ですので、どこの球団からもリストアップされていることでしょう。

今回のドラフト会議での進路が楽しみになりますね。

今後も、牧選手に大注目ではないでしょうか。

また、牧選手以外にも大学生の注目選手の記事は、こちらで合わせてチェックすることができます。牧選手以外にも凄い選手ばかりでドラフトが注目ですね。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました