宇田川優希(仙台大)どんな選手?経歴やドラフト・スカウトの評価は

ドラフト
スポンサーリンク

今回は、仙台大学の宇田川優希投手について深堀していきたいと思います。

宇田川優希投手は、150キロを超える直球の持ち主で、プロ球団からの評価も高く、ドラフトでは上位指名が予想されます。

そんな宇田川優希投手は、いったいどんな選手なのか?、経歴や大学時代、またスカウトの評価などについて調べてみました。

宇田川優希投手(仙台大)のプロフィール

まずは、宇田川優希投手のプロフィールから見ていきましょう。

宇田川 優希(ウタガワ ユウキ)

生年月日:1998年11月10日

身長:184cm

体重:95kg

出身地:埼玉県越谷市

所属:埼玉県立八潮南高校 → 仙台大学

ポジション:投手 右投げ右打ち

宇田川優希投手(仙台大)は、どんな選手?特徴は?

父親が日本人、母親がフィリピン人のハーフである宇田川投手。

ストレートが武器の本格派右腕と言えるでしょう。

宇田川優希投手のストレートは

最速152キロのストレートが武器の宇田川投手、ストレートでファールや空振りが多く取れることから、ストレートの回転は良く、手元で伸びるストレートと言っても良いでしょう。

腕が縦にしっかりと触れるので回転が、地面と水平に近い為に切れの良いストレートになるようです。

大学生にって体重が20キロも増え、それに伴って球速もどんどんと加速してようです。

大学1年生には球速を149キロに伸ばし、2年生には150キロまで上げてきています、今後も球速が上がる可能性も秘めているのではないでしょうか。

宇田川優希投手の変化球は

変化球はカーブとフォークの2種類を投げ分けます。

カーブは縦に大きく曲がる変化球であり、フォークに関しては130キロ後半から大きく変化します、落差も大きく決め球としても十分に使えるフォークボールです。

基本的にはストレートの割合が多い宇田川投手ですが、その中でカーブと決め球でフォークを組み合わせることでピッチングを組み立てていくのでしょう。

その他の特徴

細かい制球力があると言うと???になるようですが、ストライクゾーンに投げれる思い切りの良さと、キレの良い球質でどんどんストライクを取るタイプのピッチャーのようです。

四球で崩れていきことは少ない投手とも言えるのではないでしょうか。

ストレートが一級品であるからこその、このピッチングスタイルではないのでしょうか。

宇田川優希投手(仙台大)の経歴は

調べましたが、宇田川投手についての小学校や中学での実績について詳しい情報はわかりませんでした、高校時代からの経歴をまとめさせてもらいます。

宇田川優希投手(仙台大)の高校時代は?

残念ながら宇田川投手は甲子園に出場はできませんでした。

しかし、高校時代からプロ注目の投手として名前が挙がっていました。

埼玉県立八潮南高校野球部の宇田川投手は3年生の夏の最後の予選では3回戦で敗退、しかし142キロのストレートと縦に曲がるタテスラを武器に好投を演じたことが、宇田川投手の名前をプロのスカウト注目に響かせることになったようです。

宇田川優希投手(仙台大)の大学時代は?

その後仙台大学に進学した宇田川投手。

大学1年生の春からベンチ入り、2年生の春にはチームのリリーフエースとして好投を続ける来tになります。

大学時代のリーグ戦の成績は

リーグ戦6季

28試合登板 7勝1敗 76回 99奪三振 防御率1.78

四死球15 自責点15 被安打51

この成績を見ても、三振を多く奪う投手とのことがわかりますね。

3年生の春には敢闘賞を受賞しています。

宇田川優希投手(仙台大)のドラフト・スカウトの評価は

各球団とも上位にピックアップされていることは間違いないと思われます宇田川投手ですが、評価についてまとめてみました。

横浜DeNA・欠端スカウト

「真っすぐはすばらしい。これから精度も上がっていくだろう」

東北楽天・後関スカウト部長

「184センチと体があるし、球が強いので楽しみ。上位の可能性も」

オリックス・牧田勝吾編成部副部長

「大学生で今年最初に見ておきたかった投手です。今年はまだブルペンしか見ていないんですよね。150キロ出せる投手は貴重です。ウチは去年育成で、仙台大から佐藤優悟を獲っているなど、つながりがあります」

ロッテ・柳沼スカウト

 「ゆったりとしたフォームからガンッと伸びのある直球がくる。リリースポイントが高いので高めで空振りが取れる。腕が遅れてくる感じで打ちにくい」と高く評価。「プロの打者と対戦したことで通用する部分とそうでない部分が勉強になったと思う」

日本ハム・山田正雄スカウト顧問

「ロッテ戦はよくなかったけど、ここまでよくなるのかと驚きました。ボールが強かったし、走っていたよね。今日はほかにもスカウトが多かったし、もっと評価が上がったでしょうね」

まとめ

今回は、仙台大学の宇田川投手について調べてきました。

質の良いストレートが持ち味で、フォークとカーブを屈指し打者を打ち取っていくタイプの投手のようです。

今後も宇田川選手について大注目していきたいです。

他にもドラフト候補の大学生についての記事はたくさんあります。

五十幡亮汰(中央大)サニブラウンに勝った男とは、どんな選手?経歴やスカウトの評価は

牧秀悟(中央大)どんな選手?経歴やドラフト・スカウトの評価は

早川隆久(早稲田大)どんな選手、甲子園出場は、経歴やドラフト・スカウトの評価は

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました