『山岡泰輔』2年連続開幕投手に、開幕戦過去の成績は

野球
スポンサーリンク

今回は、オリックスバファローズの開幕投手に内定している「山岡泰輔」投手についてです。

24歳の入団4年目の山岡投手、2019年に続いての開幕投手、2019年はの成績はどうだったか調べてみました。

それではチェックしていきます。

『山岡泰輔』2年連続開幕投手

週刊ベースボールONLINEより

入団4年目にして2度目の開幕投手に選ばれました山岡投手、瀬戸内工高から東京ガスをへてオリックスにドラフト1位で入団しました。

即戦力として期待されて通り入団1年目から先発ローテーションの一角として活躍、新人として規定投球回数をクリアしました。

ストレートとスライダーを中心にチェンジアップ、カットボールで打者を打ち取っていきます。

2年目の2018年シーズンも先発として7勝をあげましたが、ルーキーイヤーが8勝だった為に少し成績を落とすことになります。

しかしながら、2019年は開幕投手を務めることになり、その後大活躍、13勝をあげて最高勝率のタイトルを獲得しました。

『山岡泰輔』投手2019年自身初の開幕投手に

自身初の開幕投手として迎えた2019年の開幕戦の相手は北海道日本ハム、序盤からしっかりとして投球がさえわたり、8回を投げ7奪三振のピッチングを見せてくれました。

しかし、3失点となり同点のままでマウンドを降りることになります。

初の開幕戦で勝敗がつきませんでしたが、今後のオリックスの投手陣を引っぱっていく投手に成長したことは間違いありません。

2019年開幕戦 山岡投手成績  

8回 打者31人 被安打4 四死球2 奪三振7 失点3

若きオリックス投手陣

長年オリックスのエースとして君臨してきた、金子千尋投手と西勇輝投手がオリックスを支えてきました。

この二人が、他球団に移籍することなり、大幅に若返りました。

山岡投手と山本投手が先発に中心になるでしょう、この二人の投手は、侍ジャパンにも選ばれています。

2020年は強力な2枚の先発投手になり他球団には脅威になるでしょう。

まとめ

オリックスの若き開幕投手の山岡投手についてチェックしてきました。

山岡投手は今後日本を代表する投手の一人になるでしょう、オリックスはこの先長い間この山岡投手が中心となってチームの勝利に貢献してくれるのではないでしょうか。

2020年シーズンは大注目の選手の一人ではないでしょうか。

今回は最後までお読みいただきありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので宜しくお願いします。

2020年12球団開幕投手チェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました