田中貴也(楽天)どんな選手?特徴や経歴についてまとめてみた。

野球
スポンサーリンク

楽天と巨人の間でシーズン中に3回目のトレードが行われました。

今回は巨人の田中貴也捕手を金銭トレードにて楽天が獲得しました、そんな楽天へ移籍しました田中貴也捕手について詳しくチェックしてきます。

田中貴也捕手(楽天)のプロフィール

正直巨人ファンでなければ田中捕手の知名度は高くありません。

育成選手としてプロ野球の世界に入った田中貴也捕手のプロフィールから見ていきましょう。

田中 貴也(タナカ タカヤ)

生年月日:1992年8月27日(28歳)

身長:178cm

体重:85kg

出身地:京都府南丹市

2014年 育成選手ドラフト3位 右投げ左打ち 捕手

沖縄県立八重山商工高等学校→山梨学院大学→読売ジャイアンツ→楽天イーグルス

背番号:006(巨人)→63(巨人)→69(巨人)→55(楽天)

田中貴也捕手(楽天)はどんな選手?

田中貴也選手について調べてみると、練習中にもしっかりと声を出す元気印の選手との情報が良くあります。

キャッチャーはチームの要です、大きな声でチームを引張ってくれることは大きいでしょう。

しかしながら、ここまで1軍での実績は全くありません。2試合の出場のみで出席には一度も立っていません。

主にイースタンリーグの出場のみでした。

イースタンでの通算打率は.264とまだまだですが、環境が変わることで大きく成長する可能性もあるのではないでしょうか。

巨人の原監督はコメントしています。

「頑張り屋さんだしね。ジャイアンツで一、二を争う努力家。使いたい戦力ではあったけど、貴也には大チャンスですよ。チームが一番大事というのは分かっているけど、プロ野球選手は限られた年数の中での個人事業主。夢追い人であるということだよね」

また、楽天石井一久GMからは、二塁送球タイムは1,9秒と安定して守備力をも評価されているようです。

田中貴也捕手(楽天)のプロ入り前は

田中捕手は、京都府出身です。中学までは地元の中学校に通学していましたが、当時甲子園で活躍していた沖縄県代表の八重山商工の活躍に刺激を受け、伊志嶺吉盛監督の指導を受けるため沖縄県の八重山商工に進学します。

京都から沖縄の高校へ行くことの決断は凄いですね。

2年生の夏の予選では、エンドランで空振りするなど自身のミスもあり準決勝で敗戦してしまします。

そんな中、ミスをした田中捕手に対して監督は「おまえのせいで負けたんだ。おまえのせいで3年の高校野球が終わったんだ」と厳しく叱責されました。

そんなこともある中で、同じタイミングで野球部の寮母さんが辞めることになり、田中捕手の母親が沖縄県に移り住み寮母として田中捕手をサポートすることになりました。

しかし、3年生の最後の夏には、予選3回戦で敗れ甲子園に出場することはできませんでした。

その後は、山梨学園大学へ進学すると1年生の春からリーグ戦に出場、4年生時には主将としてチームをまとめ上げ、山梨学園大学としては初の全国大会へ出場を果たすことになりました。

そして、巨人に育成ドラフト3位選手として指名を受け入団することになりました。

巨人の捕手事情は?

田中捕手は、ここまで1軍でも出場は2試合しかありません、そんな巨人の捕手事情はと言いますと、

阿部慎之助選手が引退後のシーズンですが、巨人は捕手王国とも言えるのではないでしょうか。

強肩で実績十分の小林捕手、FA 移籍のベテランで安定感抜群の炭谷捕手打てる捕手として時には一塁も守ることもある大城捕手の3人が一軍メンバーとして大きな存在感を示しています。

また、ケガ人が出た場合でも伸びしろ抜群の岸田捕手が控えています。

そんな中で田中捕手が一軍に割って入るのは非常に難しい状況であったことでしょう。

そそんな中での新天地楽天への移籍は大きく成長する可能性を秘めていることでしょう。

楽天の捕手事情は?

では、楽天の捕手事情はどうでしょうか?

長年楽天の顔として活躍していた嶋捕手が自由契約でヤクルトに移籍、そんな中で開幕らか好調な楽天の正捕手として太田光捕手がレギュラーとしてマスクを被りましたが、打撃面の不振もありレギュラーとして安定した活躍をすることができず、足立捕手との併用となりました。

太田捕手についてはこちらの記事でチェックできます。

しかし2人ともケガで離脱、変わった下妻捕手や堀内捕手石原捕手などが2軍から昇格していますが、チームの成績もなかなか波に乗れない状況で捕手不足に陥っています。

日本一の時の1番打者として活躍した岡島選手が捕手登録していますが、基本的には外野手としての出場のみになっています。

岡島選手についてはこちらです。

そんな中での田中捕手の獲得、出場するチャンスは大いにあるでしょう。

また、田中捕手を獲得したことで2020年のドラフトでは、捕手を獲得する必要がなくなることの、楽天の今度のチーム構成の戦略のようです。

巨人から楽天へ移籍した選手

今シーズンだけで3回もシーズン中にトレードを行った両チームですが、近年はどんな選手が巨人から楽天へ移籍したのでしょうか。

金刃憲人(2013年移籍)

仲沢広基(2013年移籍)

小山雄輝(2017年移籍)

クルーズ(2017年移籍)

橋本至(2019年移籍)

和田恋(2019年移籍)

池田駿(2020年移籍)

高田萌生(2020年移籍)

田中貴也(2020年移籍)

この両チームは非常に多くのトレードを行っています、両チームにとってプラスになるかは移籍した選手の活躍次第ですが、トレードの活性化は非常に良いことですね。

高田選手について詳しく書いた記事がありますので合わせてチェックしてみてください。

高田萌生(楽天)巨人から移籍、どんな選手?経歴は、甲子園出場は

まとめ

今回は、トレード期間ぎりぎりで成立した楽天と巨人のトレード。

金銭トレードで巨人から楽天へ移籍した田中貴也捕手、巨人では一軍での出場はほとんどありませんでしたが、新天地楽天では活躍の場があるのでしょうか。

今後の田中捕手の活躍が楽しみですね。

田中捕手を今後も応援していきましょう。

今回は最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も有益な記事を投稿できるように努力いたしますので、何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました