小深田大地(履正社)どんな選手?ドラフト・スカウトの評価は、甲子園での成績は

野球
スポンサーリンク

今回は、履正社高校の小深田選手です。

2019年の夏の甲子園優勝、1年生の夏からレギュラーとして出場している小深田選手、強豪校である履正社高校では異例のことです。

そんな小深田選手は、どんな選手なのか?甲子園の成績は、またプロのスカウトの評価は?についてチェックしていきます。

履正社高校で打の中心が小深田選手でありますが、投の中心は岩崎投手です、この岩崎投手もドラフトの目玉プロ注目の選手です。

小深田大地選手(履正社)のプロフィール

では、小深田選手のプロフィールですが、

小深田 大地(コブカタ ダイチ)

生年月日:2003年3月25日

身長:177cm

体重:86kg

出身地:兵庫県姫路市

所属:履正社高校

ポジション:内野手 右投げ左打ち

小深田大地選手(履正社)はどんな選手?

長打力のある強打者をプロに多く輩出している履正社高校、山田哲人(ヤクルト)T-岡田(オリックス)、安田尚憲(ロッテ)など、プロで活躍中ですが、小深田選手もがっちりとした身体の持ち主の強打者です。

注目は打撃

やはり注目はその打撃面でしょう。

小柄な体格ながら、豪快なスイング、身体全体を使ったスイングですが、体勢を崩されることなくしっかりと打球をとらえることができます。

また、その身体とパワーで逆方向へも強い打球が打てることが小深田選手の打撃の強みではないでしょうか。

かっこいいルーティーン

打撃が注目の小深田選手は、打席に入り構える前のルーティーンが非常にカッコイイと話題になっています。その動画がこちらです。

両手を開いてから上に挙げてバットを掲げて構える打撃フォームです。

プロに行き、活躍をすることになれば、子供たちもマネすることが多く、もっと話題になるではないでしょうか。

守備と走塁

守備位置はサードで打球もそつなくさばきイメージがあります、遠投は105mで肩は強いのではないでしょうか。

足は俊足とは言えないでしょう、長打力のあるので、内野安打を打つ選手ではないでしょう。

小深田大地選手(履正社)の甲子園の成績は

1年生の夏からレギュラーとして活躍してきた小深田選手、甲子園は2019年の春と全国制覇を果たした2019年の夏の甲子園へ出場しています。

しかし、甲子園ではヒットは出るものの、なかなか長打(二塁打1本)が出ませんでした。

優勝した夏の甲子園では、2年生ながら決勝以外でヒットを放ちましたが、三振が6と粗削りな所も見えました。

甲子園の通算成績は

7試合 29打数 9安打

0本塁打 1打点 6三振

3四死球 打率.345

小深田大地選手(履正社)のスカウトの評価は?

長打力のある内野手としての評価が高い小深田選手ですが、プロ野球球団のスカウトの評価はどうでしょうか?

新型コロナウィルス感染拡大の為に3年生時の甲子園を含めた大きな大会は中止、大舞台での実績を付けることが無く、評価の面では例年とは違う部分もありますが、各球団好評価を上げています。

阪神スカウト

「(大阪桐蔭の先発が)左投手だけど、全部広角に打てている。守備もうまくなって、スローイングも安定している」

巨人コーチ

「いい打撃をしている。自分の間合いで打てている」と、うなった。

ヤクルトスカウト

「長打力がある上、大阪桐蔭の好投手からも広角に打てることが分かった」

オリックススカウト

「追い込まれてからもバットに当てている。バットコントロールがいいし、肩もいい」

ロッテスカウト

「バッティング技術が高校生ではトップレベル。そう簡単に打ち取れないバッターです」

日刊スポーツ、報知スポーツ、産経新聞より

まとめ

今回は、履正社高校の注目の選手である小深田選手についてチェックしてきました。

恵まれた体格からの長打力、また打席に入る時のカッコイイルーティーンと今後のドラフト会議でも話題になる選手で間違いないでしょう。

今後も履正社高校の小深田選手には注目です。

小深田選手以外にもプロ注目の高校生についてはこちらでチェックできます。

入江大樹(仙台育英)どんな選手?プレースタイルやスカウトの評価は、ドラフトも注目
今回は仙台育英高校で、1年生の秋から正遊撃手としてチームを引っ張ってきた入江大樹選手についてです。新型コロナウィルス感染拡大により、春のセンバツ甲子園、夏の甲子園ともに中止になりましたが、1年生から注目を集めていた入江選手ですが、...
内山壮真(星稜)どんな選手?遊撃手と捕手、プレースタイルやスカウトの評価は?
今回は、石川県の星稜高校の内山壮真選手について見てます。2019年の夏の甲子園でエース奥川投手を擁して準優勝、その夏の甲子園で2年生ながら4番を打っていた内山壮真選手。最後の夏を迎えて、その先の進路も注目されることになるで...
中森俊介(明石商)どんな選手?甲子園での活躍、ドラフト・スカウトの評価は?
高校1年生の春からベンチ入りし、夏の甲子園では1年生ながら登板し経験を積み成長し続ける兵庫県明石商業の中森俊介投手。そんな、中森俊介投手ですが2020年のドラフトの目玉選手になることは間違いないでしょう。今回はそんな明石商...
高橋宏斗(中京大中京)どんな選手、ドラフト・スカウトの評価は、プロへ行くのか
今回は、2020年ドラフト注目の高校生NO,1投手である中京大中京高校の高橋宏斗投手についてチェックしていきます。コロナウィル感染拡大に付き、無くなった春と夏の甲子園。その代替えとして県独自の大会や、センバツ出場校対象の甲...
岩崎峻典(履正社)どんな選手?球種や球速、甲子園で胴上げ投手にドラフトでも注目
今回は、2019年の夏の甲子園を制し胴上げ投手となった岩崎投手についてです。2年生ながら全国制覇を経験し、2019年の夏に一番成長した投手と言われ、その後もしっかりとした投球を見せ春のセンバツ甲子園への出場を決めていましたが、コロ...
山下舜平大(福岡大大濠)どんな選手?特徴やドラフト・スカウトの評価は
今回は、ドラフト上位指名の可能性も十分にあり得る、山下舜平大投手について見ていきたいと思います。まず一番初めに気になるのが山下投手の名前ではないでしょうか?山下舜平大(やました しゅんぺいた)と読みます、「舜平大=しゅんぺ...

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました