藤井聖(JX-ENEOS)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。

ドラフト
スポンサーリンク

追記

ドラフト会議で楽天イーグルスより2位指名されました!!!

今回は社会人NO.1左腕との呼び声が高い藤井聖投手について深堀していきます。

ドラフト会議が直前まで迫ってきました、そんな中で藤井聖投手の評価も非常に高く、即戦力投手として各球団がピックアップしている様子です。

では、藤井聖投手の特徴や経歴どんな投手なのか合わせてチェックしてたいと思います。

藤井聖投手(JX-ENEOS)のプロフィール

ではまず、藤井聖投手のプロフィールについて見ていきましょう。

藤井 聖(フジイ マサル)

生年月日:1996年10月3日

身長:183cm

体重:92kg

出身地:神奈川県綾瀬市

所属: 平塚学園高校 → 法政大学

ポジション:投手 左投げ左打ち

藤井聖投手(JX-ENEOS)は、どんな選手?特徴は?

【2020ドラフト候補】JX-ENEOS 藤井聖 6.1回無失点2奪三振【MAX147km/h】

オーバスローのサウスポー投手と言えるでしょう。

腕を上から振り下ろす投球フォームがきれいなピッチングスタイルで

藤井聖投手(JX-ENEOS)のストレート

最速150キロを誇るストレート、常時140キロ超えのストレートを投げ込むことができます。

左投手でこれだけのストレートを投げれることは非常に武器になりますね。

藤井聖投手(JX-ENEOS)の変化球は

打者の手元で沈む変化のあるフォーク、大きく縦に曲がるカーブを武器にチェンジアップも持ち合わせています。

ストレートに力がありますので、変化球との組み合わせで打者を三振に打ちとることもできますし、タイミングを外してゴロアウトを取ることもできる投手です。

藤井聖投手(JX-ENEOS)の経歴は

2020年 東北楽天ゴールデンイーグルス ドラフト3位 藤井 聖(ENEOS野球部)奪三振

小学校3年生から軟式野球を始め、中学では地元の瀬谷リトルシニアで野球を続けました、ポジションはセンターを守ることが多かったようです。

藤井聖投手(JX-ENEOS)の高校時代は

藤井投手は静岡県の富士市立高校に進学しました。

これまでは外野手でしたが地肩が強いこともあり投手へと転校することになりました。

2年生の秋(最高学年)になるとエースとしてチームを引張る存在になり、春の大会でも好投、3年生の最後の夏の県大会では、初戦で9回18奪三振でノーヒットノーランとの快投、しかし甲子園への出場は叶いませんでした。

当時の最速としてストレートは138キロを記録していました。

藤井聖投手(JX-ENEOS)の大学時代は

東洋大学出身の藤井投手、東洋大学では2018年にドラフトで指名された、甲斐野投手(ソフトバンク)、上茶谷投手(DeNA)、梅津投手(中日)の3投手の存在が大きく登板することは少ない状況でした。

この3投手はプロでもしっかりと成績をを収めていることから当時の東洋大学の選手層の厚さは相当だったと思われます。

藤井投手は「東洋大学でなかったら一番地の投手になっていた」とも言われていました。

大学時代はリーグ戦通算(4年間)でリリーフで10試合14、2回の登板に留まりましたが、4年生時には最速150キロも記録しています。

藤井聖投手(JX-ENEOS)の社会人時代は

2019/09/24 JX-ENEOS・藤井 聖投手

大学時代の実績が少なかった藤井投手ですが、JX-ENEOSでは、1年目から公式戦に出場し、先発や救援で好投を続けチームには欠かせない存在の投手に成長していきました。

また、社会人野球の日本代表にも選出され国際大会のマウンドも経験しています。

藤井聖投手(JX-ENEOS)のドラフト・スカウトの評価は

では、藤井聖投手に関してのプロ野球各球団のスカウトの評価についてまとめてみます。

ヤクルト

「投げっぷりがいい。(直球、変化球と)投げ分けが出来る」

「やはり左腕で150キロ出せるのはすごい魅力。調子も戻ってきたようだし、順調にいけば上位候補でしょう」

楽天

「フォームがダイナミック。真っすぐの球威も魅力でしょう」

「直球はもっと暴れるイメージだったが、大事な試合で丁寧に投げたのか、今日は暴れていなかった。変化球など細かい精度が上がればいい」
 「直球は、もう少し来るイメージだったが、ボールが暴れることなく大事な登板で試合をつくっていた」

巨人

「いい投手に違いない。きょうのような投球ができれば、いいと思う。あとは早い回から力んだ中でも空振りが取れれば…」
「直球に力があり、変化球も低めにきていた。ゼロに抑えたのは評価できる」

「バランス良く投げられていた」

阪神

「上位候補と言われるだけの直球だった」

「復帰したばかり。これから」

オリックス

「東洋大の時点で、球の強さはかなりのものでした。腕を振って打者の懐に投げ込めたら、社会人では前に飛ぶボールではないでしょう。実戦経験が少ないので、JX-ENEOSを都市対抗出場に導く活躍を見せてほしいです」

まとめ

今回は社会人注目の左腕投手である藤井聖投手について見てきました。

大学時代、プロに進んだ3人の投手がいたためになかなか活躍の機会がありませんでしたが、その実力は他方でも評価されていました。

社会人では、実績と共に多くの経験を積んだことから今年のドラフト会議では指名の可能性が大いに高まる選手では無いでしょうか。

左腕投手はどこの球団も必要不可欠な存在ですので、藤井投手のプロでの活躍も大いに期待して応援していきましょう。

頑張って頂きたいですね。

また、藤井投手以外にもドラフト注目の選手についての記事もたくさん用意してあります、合わせてチェックして頂いても良いでしょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました