峯本匠(JFE東日本)どんな選手?大阪桐蔭時代の経歴やドラフト評価についてまとめてみた

ドラフト
スポンサーリンク

今回はJFE東日本所属の峯本匠選手について見ていきたいと思います。

別の記事で平山快選手と今川優馬選手を紹介させていただきました、今回の峯本選手も両選手と共に社会人2年目の選手、1年目には都市対抗野球で優勝を成し遂げています。

高校時代の大阪桐蔭では天才打者ともいわれた峯本選手。

そんな峯本選手についてチェックしていきます。

峯本匠選手(JFE東日本)のプロフィール

まずは、峯本匠選手のプロフィールについてです。

峯本 匠(ミネモト タクミ)

生年月日:1996年4月4日

身長:173cm

体重:78kg

出身地:兵庫県伊丹市

所属:大阪桐蔭高校→立教大学→JFE東日本

ポジション:内野手 右投げ左打ち

峯本匠選手(JFE東日本)は、どんな選手?特徴は?

峯本選手は三拍子揃ったバランスの良い選手です。

峯本匠選手のバッティングは

峯本選手は強打の二塁手と言われています。

広角にヒットを打てるのはもちろんのことで、強打と言われるだけあり長打力も兼ねそろえている打者でもあります。

打つポイントが近く変化球でも体制が崩れることなくしっかりとしたスイングができる選手としても注目されています。

峯本匠選手の守備力は

軽やかな足さばきで、ボールへの入り方、身体の使い方は一級品、堅守の二塁手として高校時代から守備の要として活躍してきています。

峯本匠選手(JFE東日本)の経歴は

小学3年生時に野球を始めた峯本選手、ピッチャーをやることもありました。

中学では忠岡ヤングに所属し、中学3年生の夏には全国大会へも出場しました。

高校は、もはや言うまでもない強豪チームの大阪桐蔭高校高校へ入学。

天才と言われた大阪桐蔭高校時代の峯本選手

全ての選手のレベルが高く、プロ野球選手を多く輩出している大阪桐蔭高校、しかもプロに入団した選手の多くが超一流選手に成長しているすごい高校です。

そんな大阪桐蔭高校へ修学した峯本選手は、1年生の秋から背番号「4」を背負い試合に出場することになります。

1年生ながら近畿大会では打率.326打点11、盗塁4と好成績を押さめ、2年生の春から甲子園に出場します。

峯本匠選手の甲子園での活躍

峯本選手は高校時代3度の甲子園に出場しています(2年生春夏、3年生夏)。

初めて出場した2年生の春のセンバツ甲子園では、初戦でランニングホームランを放ちます。

また、2年生に夏には一番レフトとして出場し2季連続でランニングホームランを放つことになりました。

甲子園での通算成績は

甲子園通算成績

11試合 43打数 18安打 3本塁打

8打点 1盗塁 打率.419 

見事な成績を収めます。

3年生最後の夏の甲子園では、全5試合すべてで2番セカンドで出場、この大会でもホームランを放ちます。

チームは2年ぶり4回目の全国制覇を成し遂げました。

2番峯本選手の後を打っていたのが、同学年でロッテに入団し後に巨人に移籍した香月一也選手が3番を打ち、4番は広島に入団した正随優弥選手が務めていました。

そんなプロに入団した二人よりの野球選手があると評価が高かったのが峯本選手でした。

峯本選手はプロには行かず、立教大学へ進むことになりました。

香月選手は今シーズン巨人の沢村投手とトレードにてロッテから巨人に移籍して話題になりました、香月選手の詳しい記事はこちらでチェックできます。

峯本匠選手(JFE東日本)の大学時代は不調続き

高校時代の輝かしい実績とは裏腹に大学時代の峯本選手は非常に苦しい時期を過ごすことになりました。

入学当初からリーグ戦に起用されますが、なかなか結果が出ず、だんだんとい出場機会が失われていきました。

大学時代のリーグ戦通算安打は11本と高校時代の実績が素晴らしい為に本当に物足らない記録になってしまました。

不調の原因は木製バットへの順応がうまくいかなかったことや、ケガの影響で自身の最高のパフォーマンスを出すことができないままに時間が過ぎていったことなどが考えられます。

正直、「大学で終わってしますのか・・・」との心配の声もありましたが、社会人のJFE東日本の監督である落合氏に「もう一度花を咲かせよう」と誘われて社会人でも野球を続けることになりました、この決断が峯本選手の野球人生を大きく好転させることになりました。

峯本匠選手(JFE東日本)の社会人時代は

大学時代に全く結果を出すことができなかった峯本選手ですが、社会人になるとすぐに試合に出場するようになります、当初は一塁手でしたが都市対抗野球本大会では本職であるセカンドを守ることになり、3番セカンドとして攻守にチームを引張ることになりました。

都市対抗野球では、5試合で17打数7安打と大活躍、同じ1年目の平山選手や今川選手と共にクリーナップを打ち、チームの日本一に大きく貢献することになりました。

大会での活躍が評価され社会人では新人王にあたる若獅子賞を同じチームメイトである今川優馬選手同時に受賞しました。

この活躍で、大学時代低迷していた峯本選手がに再度注目が当たるようになります。

元々、素晴らしい素質の持ち主であることが知られていた峯本選手ですが、どん底を経験した選手は強いことをこの先証明してくれることは間違いないでしょう。

峯本匠選手(JFE東日本)のドラフト・スカウトの評価は

そんな、復活を遂げたと言っても良いのでなない峯本選手ですが、スカウト陣の評価はどのようなものでしょうか。

調べましたが、峯本選手個人へのコメントはまだ出ていませんが、JFE東日本のドラフト候補の3人について巨人が練習を視察しています、その時にこうコメントしています。

「スカウト活動再開初日に都市対抗優勝チームにごあいさつさせていただいた。リストアップしている選手が複数いるし、練習を見たかった」

まとめ

高校時代は、誰もが認める選手でありながら、大学時代には結果を出すことができなかった峯本選手ですが、社会人野球1年目で見事な結果を残してくれました。

一躍今年のドラフト候補として名前が挙がるようになってきました。

この先のドラフト会議や、峯本選手の動向が大いに楽しみですね、そんな峯本選手を今後も注目していこうではないですか。

また、峯本選手以外の注目選手もこちらで合わせてチェックできます。

2020年ドラフト1位指名候補12人予想まとめ

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました