沢村拓一(ロッテ)プロ入団前の高校時代は、大学時代はどんな選手だったか?まとめてみた。

野球
スポンサーリンク

先日、巨人からロッテにトレードで移籍した元巨人の沢村投手についてです。

なんと、トレードの翌日に出場選手登録をされ、その日の内に登板しました。

しかも、1点リードしている6回にリリーフとして登板、対戦相手の日本ハムの渡邉選手、太田選手とビヤヌエバ選手を3者連続三振の見事なピッチングを披露し、球場を大いに盛り上げてくれました。

では、澤村投手のプロ入団前はどのような選手だったのでしょうか?

高校時代や大学時代について合わせてチェックしまとめてみました。

沢村拓一投手(ロッテ)のプロフィール

澤村拓一『名刺代わりの3者連続K』《THE FEATURE PLAYER》

では、沢村投手の基本的なプロフィールから見ていきましょう。

沢村 拓一(サワムラ ヒロカズ)

生年月日:1988年4月3日(32歳)

身長:184cm

体重:102kg

出身地:栃木県栃木市

2010年ドラフト1位 右投げ右打ち 投手

佐野日本大学高校→中央大学→読売ジャイアンツ→千葉ロッテマリーンズ

背番号:15(巨人)→57(ロッテ)

沢村拓一投手(ロッテ)の高校時代は

沢村投手は、小学校2年生時に野球を始めます、その後高学年になると投手になります。

中学生の時は野球部に所属し県大会へも出場します、そんな実績から栃木県の強豪高校である佐野日大高校に入学します。

佐野日大高校時代も投手でしたが、高校3年生の最後の夏は3番手投手とのポジションでした。

最後の地区予選の登板がないまま、チームは決勝戦まで進みましたが、残念ながら敗退してまい個人としてもチームとしても甲子園への出場はありませんでした。

沢村拓一投手(ロッテ)の大学時代

【巨人 澤村】中央大学時代 150キロ超えの速球にキャッチャー取れず

佐野日大高校では、3番手投手、全くの無名投手でしたが高校の先輩で中央大学OBでもある元巨人の選手でした会田有志氏の勧めがあり中央大学に進学します。

中央大学に進学後は身体も大きくなり、めきめきと頭角を現すことになります。

2年秋には東都大学1部リーグ初先発・初勝利を完封で飾りチームのエース格へ斉唱していき沢村投手、日米野球やアジア野球選手権などの日本代表に選出されました。

3年生時には当時神宮での大学生歴代最速となる最速156キロをマークし話題になりました。

4年生には157キロも記録優秀選手賞も受賞しました。

沢村投手は、大学時代通算41試合に登板し19勝14敗、防御率1.31、266奪三振。2部リーグで7勝2敗(東都大学リーグ)

祝!ジャイアンツ 澤村拓一 誕生!!

沢村拓一投手(ロッテ)はハンカチ世代

沢村拓一投手は、田中将大投手や斎藤佑樹投手などと同じいわゆる「ハンカチ世代」になります。

この世代は甲子園を大いに沸かした田中投手と斎藤投手を中心とした年代で、多くの選手が高校卒業時や大学卒業時にプロ野球の世界に入りました。

代表的なハンカチ世代の選手としては

  • 田中将大(駒大苫小牧→楽天→ヤンキース)
  • 前田健太(PL学園→広島→ドジャース→ツインズ)
  • 坂本勇人(光星学園→巨人)
  • 斎藤佑樹(早稲田実業→早稲田大→日本ハム)
  • 柳田悠岐(広島商→広島経済大→ソフトバンク)
  • 秋山翔吾(横浜創学館→八戸大→西武→レッズ)
  • 大野雄大(京都外大西→佛教→中日)
  • 石川歩 (滑川高校→中部大→東京ガス→ロッテ)
  • 沢村拓一(佐野日大高→中央大→巨人→ロッテ)
  • 宮崎敏郎(厳木高→日本文理大→セガサミー→DeNA)
  • 梶谷隆幸(開星高→DeNA)
  • 會澤翼 (水戸短大付属高→広島)
  • 吉川光夫(広陵高→日ハム→巨人→日ハム)
  • 秋吉亮 (新田高校→中央大学→パナソニック→ヤクルト→日本ハム)
  • 福田秀平(多摩大付属聖ヶ丘高→ソフトバンク→ロッテ)
  • 堂上直倫(愛工大名電高→中日)
  • 福田永将(横浜高→中日)
  • 大石達也(福岡大附属大濠高→早稲田→西武引退)
  • 塩見貴洋(帝京第五高→八戸大→楽天)
  • 松永昂大(高松商→関西国際大→大阪ガス→ロッテ)
  • 増田達至(柳学園高→福井工業大→NTT西日本→西武)
  • 高橋朋己(加藤学園高→岐阜聖徳学園大→西濃運輸→西武)
  • 石山泰稚(金足農業高→東北福祉大→ヤマハ→ヤクルト)
  • 下水流昂(横浜高→青山学院→Honda→広島→楽天)
  • 藤井亮太(高砂南高→東海大海洋学部→シティライト岡山→ヤクルト)
  • 辻本賢人(マター・デイ高→阪神→マウイ・イカイカ引退)

有名な選手だけでこんなにいます、あの辻本投手(元阪神)も同年代なのですね、驚きです。

また、日本で活躍する外国人選手で、ロメロ(楽天)、ビシエド(中日)ソト(DeNA)などがいます。

この年代だけでチームを作っても凄いチームになるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、シーズン中に巨人からロッテにトレードで移籍した沢村投手のプロ球団前についてチェックしてきました。

高校時代は全くの無名選手ですが、中央大学で球速が大幅にアップし大きく成長、そして巨人へドラフト1位で入団。

そんな沢村選手ですが新天地のロッテで早速活躍しています。

また、ロッテから巨人に移籍した香月選手につてはこちらの記事で詳しくチェックできます。ご覧ください→香月一也(巨人)どんな選手?経歴やロッテでの成績は?

今後の沢村投手の活躍に期待しましょう!

今回は最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も有益な記事を投稿できるように努力いたしますので、何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました