頭痛と気圧との関係は?気圧から頭痛予防アプリ「頭痛ーる」を紹介!

生活
スポンサーリンク

今日は頭が痛い、片頭痛がするってよく聞きますよね、実際に私も良く頭痛がおこります。当然、頭痛薬のバファリンやロキソニンを持ちあることも多くあります。

日本人の3人に1人が頭痛に悩まされていると言われています。私の周りでも私を含めて頭痛持ちの人は非常に多いのは間違いありません。

また天気や気圧の関係で頭痛がするともよく言われます最近は「頭痛ーる」というスマホアプリと言うものも登場して人気だそうです。実際のところはどうなのか?見ていきましょう。

頭痛とは

簡単にですが調べてみました、頭痛にはおおきく2種類あります。

一時頭痛

病気が原因ではなく普段の日常生活中に不定期に起こる頭痛。

大半の頭痛が一時頭痛と言われています。片頭痛などが一時頭痛になります。

二次頭痛

病気が原因となって起こる頭痛のこと。

頭痛の原因ときっかけ

主に普段の生活の中で良く起こる頭痛の一時頭痛の原因ときっかけですが、あることがきっかけで、頭痛が起こることが良くあります。

原因

頭痛の原因は一般的に頭の血管が拡張する時に痛みが現れると考えられています。

頭痛のきっかけとなる要因

頭痛が起こる原因を引き起こすきっかけとして以下のものが挙げられます。

  • 気圧の変化
  • 強い日差し
  • 運動
  • アルコール
  • 生活習慣の乱れ
  • 生理

なかでも多くの人が気圧の変化に伴い頭痛が生じるということが多いです。本当にそれが頭痛のきっかけ何でしょうか?

気圧の変化に伴い頭痛が起こる仕組み。

気圧というのは、相対的に気圧が高いところが高気圧、低いところが低気圧となります。

なぜ、気圧の変化が影響するのか?

簡単に言うと、気圧が低下すると空気中の酸素濃度が下がるために身体中が酸素を吸収しようとし血管を広げる、そのことにより、痛みや疲労感、ストレスを強く感じやすい状態になります。

低気圧になると頭蓋骨内の気圧が相対的に高くなることにから、頭の血管が拡張するときに頭痛が発生すると
考えられています。

また、先に述べました頭痛を起こすきっかけに中でありました、強い日差しや運動、アルコールは、その行動や状態により体温が上がったり、脈拍が上がったりして血管が広がることから頭痛が生じてると考えられています。

一般的によくいわれる、5月から9月に頭痛が多くなる理由は梅雨時期の低気圧、夏の日差しと気温変化、秋の台風などのは、気象上の変化を身体が敏感に感じているからとのようです。

頭痛対策予防アプリ「頭痛ーる」

気圧の変化や、気圧の予想ができれば、頭痛薬を用意するとか、体操をするなどで少しでも頭痛を酷くならないようにすることは可能です。

「頭痛ーる」

この「頭痛ーる」と言うアプリでは、気圧の変化がわかるのはもちろんのこと、気圧が大幅に変化するときに注意のメッセージも表示されます。

他にも気圧の変化をわかりやすいグラフでお知らせしてくれ、毎日の気圧をチェックすることができるアプリです。

「気圧変化については普通の天気予報ではわからない」という方には、このスマホアプリがおすすめです。

頭痛持ちの間でけっこう利用されているようです。

まとめ

気圧の関係で頭痛が起こることは間違えありませんが、全てが気圧のせいではありません、日々の生活習慣やその日の体調、また自分では気が付かない間にためてしまっているストレスも大きな原因でしょう。

ただ、気圧の関係で頭痛が起こりやすくなることには変わりはないですので、気圧の変化を自分自身で把握し頭痛薬やストレッチや体操など行動や対策をすることはできます。

頭痛は長く付き合っていかなくてはならないかも知れませんので自分自身でいろいろと対策をしてみてはどうでしょうか。

今回は最後まで読んで頂きありがとうございます。今回の記事内容は素人が調べた内容ですのでご理解の程をお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました