ダイソン掃除機の付属品アタッチメントの使い方を紹介

生活
スポンサーリンク

ダイソンのコードレスクリーナーは吸引力抜群でコストパフォーマンスの良い商品です。

このダイソンの掃除機についている複数のアタッチメントこと付属品がまたすごいのです、

今回はこの付属品の使い方を紹介していきます。

また、アタッチメント(付属品)はダイソン本体の機種により取付ができない場合もございますので、しっかりと確認してから購入して下さい。

それではひとつひとつチェックしていきます。

ちなみにダイソンメーカーのHPはこちらになります、こちらからの購入も可能です。

ソフトローラークリーナーヘッド(一般的なヘッド)

一番一般的な掃除機のヘッドになります。

モーターの回転力で、力いらずです、初めて使った時は、掃除機が自動で進んでいく感覚になりました。

クリーナヘッド専用のモーターをローラーに内蔵することでローラーの幅全部が回転して、ローラー部の端から端までの全ての部分でゴミを吸い込むことができ、床面を隅々までキレイにすることができます。

回転することにより床のゴミの大小に関わらず巻き取っていく仕組みになっています。

髪の毛がからまらないのが特徴で、ヘッドのメンテナンスがいりません。

おすすめ使用箇所

おススメの使用箇所は床面です、特にフローリングの床面で効果を発揮し、一番多く使う標準的なアタッチメントとなるでしょう。

コンパクトな本体と延長パイプが有りますので、ベットや机の下などをこのヘッドと使い掃除するのも良いでしょう。

コンビネーションノズル

ブラシをひっこめた状態

先端にブラシがついており、そのブラシを用途により出したりひっこめたりすることができる構造になっています。

ブラシは柔らかめになっています。

本体のパイプを外し直接本体に取付てハンディタイプとして使い時に非常に使い勝手が良かったです。

ホコリがブラシの毛の間に挟まってしまう事がありますので、使用後にホコリを取っておく必要はあります。

おすすめ使用箇所

ブラシを伸ばした状態

ブラシをひっこめた状態では、大きめのゴミを吸いとるのに適しています、階段の段差の隅や、お菓子をこぼした時、又は車の掃除にも良いでしょう。

ブラシを使っては、サッシの隙間や換気扇のフィルターの掃除にも適しています。

隙間ノズル

これは、掃除にはつきものです。

先端が細く、吸い込み口が斜めになっている隙間を掃除するノズルになります。

先端に空気を抜く穴が空いており、先端の吸い込み口に布などが吸いつくのを防ぐ設定になっています。

機種によってですが、先端にLDEライトが点灯する仕様になっていますので隙間の暗がりの中でも照らすことができるので作業が快適になります。

おすすめの使用箇所

どの掃除機にも付属しているので昔から使用されている人も多いかと思います。

当然ですが隙間に使用します、家具と家具の間やサッシのレーン、ありとあらゆる隙間に使ってください。

また、別売りの延長ホースで使用すると曲げ伸ばしができてTVなどの電化製品の裏や車内の隙間などの掃除が大幅に効率良くなり、ダイソンのコードレス掃除機の威力を十分に活かせるようになります。

延長ホースは後で説明しますね。

フトンツール(布団ツール)

名前の通りに布団を掃除するためのツールになります。

布団のホコリやハウスダストを取り除きます。

ヘッド部に回転ブラシがついてなく、布団などを掃除するのに適した形状になっています、

ハウスダストのアレルギー対策の一環としても、ダイソンの吸引力の強さで吸い込むことができるので、効果的ではないでしょうか。

おすすめの使用箇所

当然ながら布団です。

他にはベットのマットレスやクッション、布製品、布製のソファーなどにも適しています。

ただ、薄手の物には吸い込む力が強いので引っ張るなどをしながら注意して吸引することをおすすめします。

ミニソフトブラシ

やわらかいブラシで、やさしくホコリを取り除くことができるアタッチメントになります。

表面ろなでるように掃除をしてくれるので、デリケートな部分を優しく掃除してくれます。

おすすめの使用箇所

テレビの画面やテレビ台の上、食器棚や本棚などを掃除するによく使われるブラシになります。

ブラシでホコリを払いながら吸い込むことができます、ホコリが目立つ家具や棚の上の掃除に最適でしょう。

ミニモーターヘッド

ヘッドにモーターが内蔵しているタイプのアタッチメントになります。

ヘッド部は非常に小さくてコンパクトな設計になっています、またヘッドが回転することにより毛足に奥に詰まったゴミも描きだすことができます。

おすすめの使用箇所

ソファ、車のシート、ベットなどの、髪の毛やゴミが入り込んでしまいがちな布製品、通常にヘッドではなかなか掃除するのが難しい所に適しています。

延長ホース

これは非常に便利です、とくに本体を持ちこの延長ホースの取付、

先に隙間のノズルやコンビネーションノズルなどを合わせると持ち運びも便利にでき、

本当に細かい所まで掃除することができます。

おすすめの使用箇所

家具や電化製品の裏、高さが高い所の掃除にも非常に使えます。

伸縮することと曲げれるので細かい所の隙間からなかなか手が届かない部分まで曲げることにより届くことができていろんな所に非常に便利に使えます。

ダイソンコードレスクリーナー用スタンド

最後にですが、これはアタッチメントでは有りませんが、ダンソンの掃除機を保管しておくスタンドになります。

同時に充電をすることも可能な設計になっています。

また、先ほどから紹介していますアタッチメント(付属品)をも同時に収納しておくことができるタイプも多数販売されています。

そのスタンドをまとめた記事がこちらになります→ダイソン用スタンド、ダイソンの収納におすすめ商品紹介

まとめ

ダイソンの掃除に二は適材適所のアタッチメントが付属品として付属されています。

購入する機種により付属してくる種類が違ってきますので、確認したから本体を購入するのが良いでしょう。

付属されていない物は後からも購入できるので、欲しい物だけ購入すれば問題なく使えます。

ダイソンの掃除機のアタッチメントを使い少しでも、スムーズに掃除ができ、部屋中をキレイにしてみてはどうですか。

今今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました