ウワサのお客さま、ハンサムシェフのチーズのアボカドオムレツカレーのレシピ

生活
スポンサーリンク

今回は、大人気番組であるウワサのお客様で放送された「イトーヨーカードー」のアレンジレシピについてチェックしていきます。

話題のハンサムシェフと3万人のパート代表のレシピ対決です。

こちらでは話題のハンサムシェフのレシピを紹介します。

今回は「とろーりチーズのアボカドオムレツカレー」のレシピです。

とろーりチーズのアボカドオムレツカレー

調理時間10分、チーズがとろとろで見た目も味も美味しいアボカドカレーです。

材料(全てイトーヨーカードーで購入できます)

フローズンデリー(バターチキンカレー)

たまご

牛乳

冷凍アボカドスライス

カップスープ(ポテトポタージュ)

とろけるミックスチーズ

バター

作り方

1、耐熱のボウルの底にバターをぬります

2、ボールにたまごを割り、牛乳、アボカドスライスを入れ軽くまぜる

3、ボールに軽くラップをかけ、電子レンジ1分40秒温め、半熟卵をつくる。

4、カップスープ(ポテトポタージュ)にお湯を入れ、2/3をカップに分ける

5、残りのカップスープ(ポテトポタージュ)にミックスチーズを多めに加える

6、フローズンデリー(バターチキンカレー)に半熟たまごをのせ、その上からカップスープのチーズをかけて出来上がり。

わけたスープはそのままスープとして頂きましょう。

特徴

イトーヨーカードーのフローズンデリー(バターチキンカレー)はそのまま食べることができるお惣菜ですが、今回のように、たまごやチーズでアレンジすると、高級感あふれる料理に大変身です。

元々美味しいのがさらに美味しくなりました。

また、同時に放送された「やみつき鶏の冷やし麺」のレシピはこちらの記事で確認できます。合わせてチェックしてください。ウワサのお客様、ハンサムシェフのよだれ鶏風やみつき冷やし麺レシピ

ハンサムシェフこと寺田真二郎さんとは

今回のハンサムシェフとして、イトーヨーカードーの食材で作るレシピを紹介してくれた寺田真二郎さんとは、どんな人物なんでしょうか?

ハンサムシェフと言うだけあり、見た目がイケメンの愛知県出身の料理研究家です。

今回のウワサのお客様でもそのイケメンぶりを発揮しながら、とても美味しそうなレシピを紹介してくれました。

同時にレシピ本も出版しています、合わせて紹介します。

まとめ

今回は、ウワサのお客様で紹介された「とろーりチーズのアボカドオムレツカレー」のレシピを紹介しました。

アレンジしなくても美味しいのですが、アレンジに挑戦してみてください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました