『テレワーク』在宅勤務を快適にする為の机おすすめ9選

生活
スポンサーリンク

急速に普及してきている「テレワーク」(在宅勤務)ですが、働き方改革を進めていますが、新型コロナウィルスの流行により、別の意味ですが働き方改革が進んでいます。

今回は、そんな中テレワークに必須な机について紹介していきます。

テレワークにおすすめする机

私もテレワークの業務が増えてきました。

ここ数か月で一番感じたことは、家で仕事を効率よく行うには環境を整えることが一番需要だと思います。

まずは、パソコンを使うために机が必要になります。

それにより作業が大幅に変わります。

机と言いましいても、椅子に座る机と脚が短くコンパクトなロータイプの机の2種類に分けて紹介します。

それでは、おすすめの机を紹介していきます。

またこちらの「『車でテレワーク』車での仕事を快適にする為のグッズ9選」記事では車でのテレワークに内的なグッズを紹介しています。

椅子に座るタイプの机

椅子に座り作業できるおすすめの机です。

SEISSO:パソコンデスク

パソコンの周辺機器、プリンターやキーボードなども設置することができ、ディスクトップ型パソコンでの仕事に最適。

細かい書類や、資料なども収納できるスペースもしっかりとあり、テレワーク用ではなく自宅のパソコンスペースとしても最適です。

購入者の声

実際に私が使っています、キーボードを収納できるので思っていたよりもコンパクトです。

ただ、キーボードを叩くときに腕を置くところが欲しい気がします。

山善:パソコンデスク (手動昇降式) 

横の幅が広いので、メモを取りながらの別の作業をしながらの仕事のもってこいになります。

また、写真にもあるようにブラケットを付けて2画面での作業を行うときには効率が上がります。(幅のサイズはいろいろありますので注意してください)

高さの調節ができることで、自分の楽な高さで仕事が進みます。

アイリスオーヤマ:フリーデスク

コストパフォーマンスの良いアイリスオーヤマさんの机になります。

見た目のシンプルさに加えて左右どちらに取り付けられる、ラックが収納力を増やしてくれるので非常に使いやすいでしょう。

金額面、使いやすさともにかなりおすすめです。

ナカバヤシ:折りたたみデスク

テレワークだけではなく、勉強机にも作業机にもなり、折りたたんで片づけられることで場所もとりません。

また、外にも持って行くことができます

ノートパソコンを使って仕事をする方で、自宅にスペースが無い方にお勧めです。

QihangJP:ワークデスク

コンパクトで作業性に優れている机です。

どちらの面からでも椅子を使えますので、前後左右のスペースに制限があるところにぴったりです。

天面を折りたたんだり広げたりすることができ作業に量ややり方において調整ができることが良いですね。

ロータイプの机(脚が短い)

クッションや座布団に座りながら作業ができる机です、座椅子でも良いですね。

Pumpumly:折りたたみ式ミニテーブル

タブレットや携帯を立てたり、コーヒーカップのホルダーが付いていたりと、手軽に快適な仕事ができるミニテーブルになります。

手前が曲線に状になっていて、今日時間でも快適な作業がしやすくなる設計になっているそうです。

折りたたむこともできますし、見た目以上にしっかりとした構造になっています。

SUSUQI:折り畳み式ミニテーブル

本当に簡易的で、少しの間の作業に優れているミニテーブルです。

作業をするのにも良いですが、動画や資料を確認する時にはかなりおすすめですね。

当然ながらコンパクトに折りたたむことができ片づけることができる便利なミニテーブルです。

ぼん家具:パソコンデスクラック付き

ロータイプでありながら収納抜群のです。

見た目のシンプルでプリンターや書類や資料などを簡単に収納できます。

色も3種類、ラックの位置も左右どちらでも対応でき、しかもコストパフォーマンスは非常に良いですね。

幅も広くなっていますので、パソコン作業をしながら、メモや書類への書き込みができすのも魅力的です。

ぼん家具:パソコン机ロータイプ モニター台付

このタイプはモニター台がありますので、デスクトップ型を設置や2画面での使用時にモニター台に常に2画面目を設置しておく便利性があります。

机の大きさが広く作業性に特化していますし、非常にコストパフォーマンスも良いロータイプデスクになります。

まとめ

今回は、テレワークで一番必要になる机を紹介しました。

自宅のスペース、仕事を行うスペース、仕事の内容にあったスペースを確認して一番最適な机を選ぶのが良いでしょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました