車(車内)でやっておくべき除菌箇所とおすすめ除菌グッズ

生活
スポンサーリンク

こんにちは、今回はウィルス感染症対策についてチェックしていきたいと思います。

公共交通機関を使い、ウィルスの感染の拡大を少しでも押さえられるようにと、車での通勤が多くなってきています。

自家用車でしたら、自分以外にも家族、社有車でしたら自分以外の会社の人が乗る可能性が高くなります。

そんな中、車の車内の除菌の重要性も注目を浴びていきいます。

それでは、車内の重要性のある除菌箇所とおすすめ除菌グッズを紹介していきます。

車内で除菌が必要な個所

まずは、車の中での除菌しておいた方が良い箇所になりますが、

ハンドル

サイドブレーキ

シフトレバー

スイッチ類

シートベルト

ヘッドレスト

ハンドレスト

シート周辺

カーナビ

キー

ドアノブ(車内外とも)

バックミラー

などと考えるだけでもたくさんの箇所が思い当たりますね。

家族なら大丈夫とか、会社の人間だけなら問題ないでなくて、常に注意して危機感を持ち続けて頂きたいと思います。

車内除菌の注意点

先ほど上げました箇所は必ず除菌する必要がありますが、特にハンドルやシフトレバー、サイドブレーキ、ドアノブなどは重点的に除菌消毒する必要がありますね。

アルコール度数に注意

車内を除菌や消毒する時には、あまりアルコール度数が高くなると、カーナビんの画面や、車内の内装部品を変色させてします可能性があります。

アルコール度数60%以下の物が推奨されています。(成分が異なるりますで60%以下でも必ずしもに安全とは限りません)

おすすめ車内除菌グッズ

いろんな除菌グッズが有りますが、おすすめグッズを紹介します。

車内と言いましてま室内のグッズを使っても問題ありません。

ただ、この先の厚くなる季節になりますと、車内の温度が上がり、除菌シートなどはカラカラになって使用できなくなることが有りますので注意してください。

カーメイト:車用除菌消臭剤

車用スプレータイプです。

車用ですと除菌と消臭がセットになってきまね。

車専用 車内クリーナー

手軽なスプレータイプです、簡単ですが少し多めシュシュッと。

カーメイト:車用除菌消臭剤 スチームタイプ

ゴキブリ退治のバルサンのようにスチームで社内まるごと除菌ができます、また消臭にも力を発揮する商品です。

除菌スプレー

近くのスーパーやドラックストアーではまだまだ品切れ状態が進んでいる除菌スプレーです。

除菌シート

一般的な除菌シートです。特に夏場の管理には気を付けてください、暑さで水分が蒸発してすぐに使えなくした経験が多くあります。

除菌シートで車の中を拭き対策をするのが、どこを拭いたなどスプレーをしたあとに、しっかりとする箇所を確認しながら行うことが大事ではないでしょうか。

除菌シートは多種販売されていますので現在購入しているのを使うのが良いでしょう。

なかなか売ってませんが・・・

まとめ

車の除菌対策は必ず必要です、基本的な商品を紹介しましたが、こまめに丁寧に行うことが一番大切ではないでしょうか。

自分自身の心がけで周りの人たちの健康も守ることになりますので、車内の除菌対策にも心がけ下さい。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました