渡部健人(桐蔭横浜大)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。

ドラフト
スポンサーリンク

今回は。桐蔭横浜大学の渡部選手について見ていきたいと思います。

日本人の父親とフィリピン人の母親を両親にもつハーフ選手です。

大きな身体から逆方向へも長打が打てる柔らかいバッテイングが持ち味の渡部選手、パワーもありドラフトでも注目される選手であるでしょう。

それでは、渡部健人選手について詳しくチェックしていきましょう。

渡部健人選手(桐蔭横浜大)のプロフィール

では、まず渡部健人選手のプロフィールから見ていきましょう。

渡部 健人(ワタナベ ケント)

生年月日:1998年12月26日

身長:175cm

体重:110kg

出身地:神奈川県横浜市

所属: 横浜商大高校 → 日本ウェルネス高校 → 桐蔭横浜大学

ポジション:内野手 右投げ右打ち

渡部健人選手(桐蔭横浜大)は、どんな選手?特徴は?

目指すは山川選手!全日本大学選手権で最重量、しかも動ける!渡部健人選手!

渡部選手は、パワー溢れる打撃をする右の長距離砲と言える選手でしょう。

大きな身体から繰り出されるパワー、またパワーだけでなく手首の柔らかなバッチングをも特徴の一つとも言えるでしょう。

渡部健人選手の打撃は

何度も述べていますが、人以上のパワーの持ち主、ベンチプレス130kg、スクワット180kgのパワーの飛距離が一番の魅力になります。

そんな渡部選手ですが、逆方向へも大きな打球を打つことができるので、本塁打数も多くなるのではないでしょうか。

手首の柔らかさでバットコントロールの良さも非常に評価の高い選手です。

また、制球眼が高く四球を多く選ぶことも特徴ですね。

渡部健人選手の守備は

基本的には一塁と三塁を守ることが多い渡部選手、グラブさばきも軽快で身体の動かし方も非常にスムーズで安定感のある守備が持ち味です。

高校時代まではショートを待っていたことから野球センスの高さも感じられますね。

渡部健人選手の走力

50メートル6秒3と大きな身体ながらまずまずと言える走力もあり、積極的な走塁をする選手ですね。

渡部健人選手(桐蔭横浜大)の経歴は

大学日本代表一の巨漢が俊敏な動き!渡部健人選手の打撃&守備!

冒頭でも述べましたが、日本人の父親とフィリピン人の母親を両親に持つ渡部選手、小学1年生から野球を始め、中学生時には硬式野球のシニアチームに所属していました。

ポジションはショートだったとのことです。

渡部健人選手(桐蔭横浜大)の高校時代は

高校時代は、横浜商大高校へ入学後すぐの1年生春からベンチ入り、夏の神奈川県大会ではセカンドのレギュラーとして試合に出場。

大会終了後に、右足を骨折していまし離脱します、そんな中で家庭の事情で転校をすることになります。

日本ウェルネス高校(東京)に転校後も野球部に所属した渡部選手ですが、規約で1年間出場禁止、その後3年生の春からは試合に出場できるようになりました。

4番ショートで東京大会へ出場、2打席連続本塁打の活躍もありチームは創部以来初のベスト16へ導きました。

甲子園の出場はありませんでしたが、高校通算25本塁打を放つ活躍もあり、また父親が渡部選手にプロ野球選手になってもらいたいとの強い思いもありプロ志願届を提出しました。

残念ながら、プロからの指名は無く大学進学へ進むことになりました。

渡部健人選手(桐蔭横浜大)の大学時代は

渡部選手は、桐蔭横浜大学(神奈川大学野球連盟)に入学、1年生の春からレギュラーとして4番ファーストで試合に出場します。

持ち前のパワーと野球センスでチームを引張っていきます。

大学日本選手権にも出場、2年生にはポジションをサードにコンバート、内野手としての柔軟性のも発揮していきます。

3年生の秋には初の大学日本代表合宿にも収集され今まで以上に注目される存在になりました。

リーグ戦ではここまで通算本塁打10本と期待通りの長打力を発揮してくれています。

渡部健人選手(桐蔭横浜大)のドラフト・スカウトの評価は

ここまでの渡部健人選手についてスカウト評をまとめてみます。

中日・小山スカウト

「(内角攻めに差し込まれていた打撃内容について)春のリーグ戦が中止となって、この秋は結果を残したいという気持ちが強いんでしょう。去年の大学選手権でホームランを打っている姿も見ているし、能力の高さは分かってる。右打ちの大砲候補は貴重ですし、あと1~2回、見に来たい」

日本ハム・坂本スカウト

「春よりも二回り以上成長している。動けて飛ばせる、大学トップレベルの選手」

ロッテ・中川隆司スカウト

「打撃はリストの柔らかさが魅力。守備は出来るし、足もまずまず」

日本ハム・大渕隆スカウト

「高校時代から見ているが長打力には、いいものがある。打撃優先のパンチ力のある内野手ですね。守備も破綻なく着実にこなす。それ以上に、ああいう選手が一人いるとチームが明るくなります。皆を元気づけてくれるようなキャラの持主でしょう」

まとめ

今回は、桐蔭横浜大の渡部健人選手について見てきました、大きな身体から魅力的なパワーあふれる長打力と野球センスで活躍してきました。

右打者の長距離砲はどこのチームでも必要な存在であります、2020年のドラフト会議では指名の可能性も大いにあるのではないでしょうか。

今後の渡部選手の動向や活躍を大いに期待していきましょう。

応援しています、頑張っていただきたいです。

また、渡部選手以外にも多くのドラフト会議注目の選手についての記事がありますので合わせてご覧ください。

仲三河優太(大阪桐蔭)西武7位,どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。
今回は大阪桐蔭高校のスラッガー仲三河優太選手について見ていきたいと思います。将来性が高く、チームの主力打者に成長する可能性がおおいにあるであろう仲三河選手、鋭い打球を放つパワーとセンスの持ち主です。そんな仲三河選手について...
2020年ドラフト1位指名候補12人予想まとめ
こんにちは、ドラフト会議が近づいてきました、そこでドラフト1位候補の12人をまとめてみようと思います。高校生、大学生、社会人と今年も楽しみな選手が多く存在しています、そんな中で毎年ドラフト1位の選手は12人しかいません。各...
タイシンガーブランドン大河(東農大北海道)西武6位,どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。
こんにちは今回は西武へドラフト6位で指名されましたタイシンガーブランドン大河選手について詳しく見ていきたいと思います。何も知らずにまず思うことは、ハーフの選手であること、登録名がどうなるのか?などなどと知りたいことが多くあり...
細川凌平(智辯和歌山)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。
今回紹介するのは、智辯和歌山高校の細川凌平選手になります。中学では世界大会に出場し、名門智辯和歌山高校入学後も1年生から活躍、元々センターを守って今したが、ショートにコンバートされても質の良い守備と強打を見せてくれています。...
鵜沼魁斗(東海大相模)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。
今回は東海大相模高校の鵜沼魁斗選手にスポットを当ててみようかと思います。走攻守三拍子そろった身体能力の高い外野手と言える鵜沼選手、パンチ力も鵜沼選手の大きな魅力の一つでもあります。そんな鵜沼選手について詳しくチェックしてい...
榮枝裕貴(立命館大)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。
今回は、立命館大学の榮枝裕貴選手について見ていきたいです。榮枝選手は高い守備力を誇るキャッチャーです、大学日本代表候補まで選出された実力は折り紙付きの選手です。今回のドラフト会議でも上位指名の可能性が大いにある選手ですを詳...
若林楽人(駒澤大)どんな選手?ドラフト注目選手、経歴や評価についてまとめてみた。
今回は、駒澤大学の若林選手についてチェックしていきたいと思います。ドラフト注目の選手であることは間違いありません、身体能力が高いと言われている選手ですので、これからも大きな期待が掛かることでしょう。そんな若林選手についてチ...

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました