『バレンタインのお返し』ホワイトデーのチョコは早い目に買っておくのがおすすめです。

生活
スポンサーリンク

時代は変わっています。

20年以上前は本命チョコと義理チョコに二つに別れておりました、しかし今はほとんどが友チョコ!

バレンタインの本当の意味

日本のバレンタインデーは、女性が意中の男性にチョコレートを渡すことで愛を告白する日です。

2月14日バレンタインデーは、正確には「St Valentines Day(聖バレンタインの日)」というお祝いの日。日本では女性から男性へチョコレートを贈り、愛を告白する日として親しまれています。


現在の時流は、完全に友チョコですかね。

高校生も中学生も小学生も友達にチョコレートをあげるというかチョコレート交換になっていますね。

ただ、友達にもあげるけれども男子にもあげるようです、そこの大元は変わってないところもありますね。

いつ買いに行くのがベストか

私はジュニアバレーボールチームのコーチをしています、チームの選手達から毎年いくつかのチョコを頂きます。

ここ2年ほど前までは、近くの大型ショッピングモールにホワイトデー間近に買いに行ってました。

しかし、2年前からわかったことがあります。

それは、バレンタインデー終了後の2月中にお返しを買いに行った方がお得と気づきました。

理由

その最大の理由としては、

品揃えが圧倒的に多い

品揃えが多いので良いコストの物がある

これなんです、買いに行くのがホワイトデー間際なると、コストが安く良いものは残っていないのです。

確かに安い商品はあります……が、なかなか良い商品は残っていないのです。

選手達が作ってくれます、合計で十数個になります。お返しには少しでも良いものを返したいのですが、いかんせん小遣い制のサラリーマンですか、安くて良い物が必要です。そうなるとこのタイミングでの購入がベストです。

同時に嫁さんのお返しも購入し、誰も食べるなと家族に言って保管しときます。

一昔前は会社内の義理チョコがありましたが、その風習はなくなりつつあります。昔のサラリーマンや上司の方は大変だったのではないでしょうか。

まとめ

まとめとしましてはバレンタインデーのお返しは2月中に購入しようってことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました