R-1をヨーグルトにアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが凄い

生活
スポンサーリンク

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが、ずっと気になっていたんです。家電量販店で見つけてから購入しようかと迷っていましたが、結構ヨーグルトって食べるんですよね。

いろいろと調べたのですが、アイリスオーヤマ製のヨーグルトメーカー「IYM-013」がヨーグルトだけでなく、飲むヨーグルトや甘酒も作れるようです。

しかも、R-1が飲むヨーグルトとしてつくれるので、非常に経済的で健康的ではないでしょうか。

現在、かなりの人気があるようで家電量販店では入荷待ちの状態でしたので、ネットで購入しました。

実際の使い方や感想をレビューしていきたいと思います。

作り方

簡単です、材料は、牛乳1Lヨーグルト(R-1など)

牛乳は1Lのパックの牛乳を用意します。

100mLだけ別に移すか飲むかして、900mLにします。

そこに100mLヨーグルトを入れます。

そのヨーグルトは何でも良いです。
そこにR-1を入れて飲むヨーグルトを作ることで非常に効果的で経済的な飲むヨーグルトを作ることになります。

あとは、ヨーグルトメーカーにセットし、ボタンを押すだけです。

飲むヨーグルトで8時間、ヨーグルトで9時間かかります。

この時間の間にヨーグルトメーカーが菌の発酵を十分に促す温度を保ち、それによりゆっくりと発酵させることで、ヨーグルトや飲むヨーグルトができる訳です。

出来上がった直後は生温かいので、冷蔵庫で冷やしてから飲みました。

ヨーグルトメーカー IYM-013 飲むヨーグルト ウイルス対策 低温調理 アイリスオーヤマ 甘酒 ヨーグルト 麹 牛乳パック 容器 家電 調理 レシピ付き 自家製 発酵 納豆 美容 コンパクト おしゃれ

感想

R-1を使い実際に作ってみた感想です。

まず初めはR-1を使い飲むヨーグルトを作りました。

飲むヨーグルト

味はなんかうすい味でした。

ただ、問題なく普通に飲むことはできました、材料に砂糖などの甘味のものが入っていませんの当たり前ですね。

飲むヨーグルトを健康的な面から考えるとそのまま飲むのが一番良いのかと思いますが、やっぱり美味しく飲みたい方は砂糖やヨーグルトに入れるフルーツソースなどを入れてかき混ぜて飲むと、すごくおいしく飲めます。

私はブルーベリーソースを入れて美味しく頂きました。

ヨーグルト

ヨーグルも同じくR-1を使い作りました。

発酵時間が飲むヨーグルトの時より長くなりますが、同じ分量にて作りました。飲むヨーグルトと同じで、できてから冷蔵庫で冷やしてからいただきました。

出来栄えは普通のヨーグルトと全く同じです、やわらかくでも、かたくでもなく本当に普通のヨーグルトです。

今回も、砂糖類は使用していませんので全く甘みはありません、そのまま食べてれば健康的に食べることができますし、また、飲むヨーグルトと同じく砂糖やフルーツソースを入れればよりいっそう美味しくいただけます。

効果(R-1を使った場合)

R-1を使ってヨーグルトや飲むヨーグルトを牛乳とヨーグルトメーカーで作ると、単純に1本のR-1から1000mLのヨーグルトができます。

作り方も簡単です、ただセットして8時間から9時間ぐらい待てば良いので、夜にセットしたら朝にできていて、その後冷やして美味しく食べることができます。

近年R-1には、NK細胞を活性化させれ効果があると言われています。

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞とのことで、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要なやくわりをする細胞との様です。

インフルエンザの抑制効果があると言われています。

とにかく身体に良いのです。

その身体に良い飲み物が簡単に増幅できるので経済的にも身体のとっても非常に効果的ではないでしょうか。

まとめ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを買いました。

飲むヨーグルトが付くれるタイプのヨーグルトメーカー「IYM-013」を購入しR-1をつかってヨーグルとや飲むヨーグルトを作って活用しています。

経済的にも、R-1本と牛乳1パックで100mLのR-1ヨーグルトを作ることができるので、毎日R-1を買うよりも
かなり経済的に効果があるでしょう。

また、健康面でも非常に効果的ですし、美味しく食べるることのありますので、ヨーグルトメーカーを活用するのは本当におススメします。

ちなみに私が購入したのはこの商品です↓


ヨーグルトメーカー IYM-013 飲むヨーグルト ウイルス対策 低温調理 アイリスオーヤマ 甘酒 ヨーグルト 麹 牛乳パック 容器 家電 調理 レシピ付き 自家製 発酵 納豆 美容 コンパクト おしゃれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました