サークル、クラブチーム、保護会などの団体が銀行口座を作るには。

生活
スポンサーリンク

新しくクラブチームを作りました、サークルを立ち上げましたなどした時にその団体の会計は
大変ですよね。細かい金額のお金を集めたり、クラブの備品を購入したりなどありますし、大きな金額に
なると会計がその金額を保管、管理するのは非常に責任重大です。

このような団体で銀行口座を作ることが可能なのでしょうか?

結論から言いますと口座を作るのは可能です。

クラブチームやサークルの口座は郵便局でつくれる

クラブチームやサークルとは?

クラブチームやサークル、保護者会や趣味クラブなどの団体は任意団体と呼ばれる団体になります。
もちろん会社のような法人ではありません、ましてや個人名で作ると後々トラブルが起きた時に
ややこしい方向になってしまうかもしれません。できればしっかりとした団体名で作りたいですね。
任意団体とは「はっきした組織があり、構成員が変わっても存続し、その団体を管理する代表者が
いる」という団体になります。

クラブチームやサークルが口座をつくるメリット

  • 通帳があることで団体のお金の出入りがはっきりとわかる。
  • 多額の現金を自宅に置かなくてもよい。
  • 小銭での収集が多いのでお金を預けることで細かいお金がまとめられる。
  • 人から預かっているお金なのでわかりやすく管理していきたい。

郵便局 (ゆうちょ銀行)での口座開設時に必要な物

団体がゆうちょうの口座を開設するにあたって必要な物を確認していきたいと思います。

代表者の本人確認書類

運転免許所やパスポートなど代表者本人だと証明できる物。

印鑑

銀行印ですね、シャチハタは不可。

団体の規約

この団体規約が一番重要です、ある程度の大きさのクラブチームなどには存在しますが、
出来たばかりのクラブチームやサークルにはありません。

規約のポイント

  • 団体名が正式に記載してあること
  • 団体名の運営母体の住所が記載されあること(代表者の住所でもOK)
  • 団体の創設年月日が記載されていること
  • 団体員の資格
  • 内容について相違がないと、代表者が署名捺印してあること

Web上にサンプルフォーマットがありますので検索すればすぐに見つかります、一度調べてみてから作ればよいでしょう。

団体会員の名簿

最低3名以上の名前(フルネーム)がわかる書類

団体の活動内容がわかる書類

団体の活動内容がわかる書類であればよい、ない場合は今後の活動予定で問題ない。

以上の書類を用意し郵便局の窓口に行けば口座開設することができ、通帳やキャッシュカードを
つくることができます。

郵便局(ゆうちょ)以外の銀行では口座をつくることは可能か?

都市銀行や地方銀行は数ありますが、各々の銀行により開設できる銀行もあればできない銀行もあるようです、
当然、郵便局と同じような書類が必要になりますし、プラスαで必要な書類も出てくると思います。
まずは、窓口で相談しに行くのが良いでしょう。
各々銀行で対応が変わってくると思いますので相談後に書類をそろえて再度訪問で良いのではないでしょうか。

まとめ

クラブチームやサークルなどの団体が銀行の口座を開設することは可能です。
郵便局(ゆうちょ銀行)の場合は、本人確認書類、印鑑、規約、活動報告書、名簿が必要になり、
窓口にて個人も口座と同じように開設できます。

都市銀行や地方銀行での口座開設は各銀行により違いますので、直接窓口で確認が必要になります。

クラブチームやサークルの団体口座を作ることは書類をしっかり用意すれば簡単にできます。

今回は最後までお読みいただきありがとうございます。また次回興味深い記事が書けるように努力致します。

なお、上記の記述の厳密な法解釈等につきましては、専門家ではございませんので、参考程度にお考えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました