『バルドラール浦安』とは、ラス・ボニータスなどの組織もまとめて紹介

フットサル
スポンサーリンク

こんにちは、今回はまだまだ知名度の低いフットサル、日本のTOPリーグであるFリーグのチームを紹介していきたいと思います。

2020-2021リーグの開幕はコロナウィルスの影響で不透明になり、世界規模のイベントであるフットサルのワールドカップの開催の全くわからない状況になってきました。

しかしながらコロナウィルスが撲滅した後には是非ともフットサルのFリーグも盛り上がっていってもらいたい事から各チームを紹介していきたいと思います。

第2回目は「バルドラール浦安」をチェックしていきます。

バルドラール浦安の概要

チーム名  :バルドラール浦安

ホームタウン:千葉県浦安市市

設立      :1998年

チームカラー :ワインレッド、シャンパンゴールド

ホームスタジアム:浦安市運動公園総合体育館

黒と赤が基調に作られているオフィシャルサイトがありました、グッズ情報や過去の戦歴やチームの情報などが満載で、オシャレなオフィシャルサイトです。→バルドラール浦安HP

バルドラール浦安のチーム名の意味

バルドラール浦安のバルドラールは、二つに意味を合わせた言葉のようで、「バルド」はスペイン語で「船」を意味します。

これは、浦安市の三方が海に囲まれていることから由来され、この「バルド」に天空に昇る竜「ドラゴン」を合わせて「バルドラール」と名図づけられました。

また、「ドラール」はスペイン語で「金色にする」との意味があり、そこからチームからにも用いられています。

公式Twitterはかなり充実しています、素晴らしい!

バ ル ド ラ ー ル 浦 安 (@bardral_urayasu)さんをチェックしよう

バルドラール浦安の戦歴

フットサルの日本TOPリーグことFリーグ開幕の2007-2008年シーズンから参入し、2位との素晴らしい結果を収めました。

また、翌2008-2009年も2位との成績を残し、リーグ開幕から素晴らしい滑り出しをしたチームです。

もともと、リーグ開幕前年位は全日本選手権で優勝を果たすなどしっかりとした実績のあるチームでした。

2007-2008シーズンのベスト5(野球でいうベストナイン)に川原選手が選出、そして2008-2009シーズンにはこのベスト5に川原選手、小宮山選手、稲田選手がの3人が選出されました。

優勝したのは名古屋オーシャンズですが、そこを差し置いてバルドラール浦安から3人もベスト5に選ばれるのはすごいことじゃないですか!

しかも、稲田選手がこのシーズンの得点王を獲得しています。

そして、稲田選手は2008年のブラジルワールドカップにも収集されています。

Fリーグ初年度から2年続けて素晴らしい成績を上げましたが、ここ数年はリーグ中位に位置することが多く、2019-2020シーズンは8位に終わっています。

名古屋オーシャンズの常勝を止める活躍を期待したいところです。

下部組織や傘下チームが魅力的

バルドラール浦安には魅力的な組織構成になっています。

バルドラール浦安セグンド

バルドラール浦安のセカンドチーム、現在は関東フットサルリーグ1部の所属しています。

「セグンド」とはスペイン語で「2番目、第2の」との意味になります。

歴史もあり、2006年に結成されています。

2013-14シーズンにはFリーグ所属チームのセカンドチームとしては初めて、全日本選手権本大会での一次ラウンドを突破し、Fリーグ王者と対戦しました。

結果は敗戦でしたが、セカンドチームがTOPチームと真剣勝負をすることはすごいことですね。

ここからTOPのバルドラード浦安に昇格を狙らっている選手も多くいるそうです。

バルドラール浦安ラス・ボニータス

バルドラール浦安の女子チームになります。

日本女子フットサルリーグに所属していて、結成は2002年とこれも歴史があります。

結成当初は日本女子サッカーリーグ(Lリーグ)引退後にフットサルに転向した選手が多くおり、大竹七未なども所属していました。

今回、2019-2020シーズンでJFA 全日本女子フットサル選手権大会初優勝を果たし悲願達成になりました。

また、現在はフットサル女子日本代表に4名もの選手を送り出していることもあり、女子フットサルチームの中では強豪チームと言えるでしょう。

バルドラール浦安テルセーロ

U-18世代中心の3ndチーム

高校生など10代の選手を中心に若手の育成、発掘や技術強化を中心に活動しているチーム。

「テルセーロ」はスペイン語で「3番目、第3の」意味になります。

バルドラール浦安バセ

U-15の中学生中心のチームになります。2012年設立、こちらもテルセーロと同じく、若手の育成や発掘に力を入れているチームの良いです。

バルドラール浦安デフィオ

聴覚しょうがい選手を含めた混合のチームになります。

この「デフィオ」はdeaf(ろう者)とdesafio(挑戦)を合わせた造語のようです。

何事も挑戦ですね。

エンブレム

エンブレムは個人的に無茶苦茶カッコ良いと思います!!

チームカラーをバックに日本から世界に昇っていく龍をイメージしました。赤い部分には、海浜都市「浦安」を象徴する波模様が入っています。

公式hpより

まとめ

今回バルドラール浦安を調べてみました。

F1リーグ所属のバルドラール浦安は、Fリーグ開幕当初からの強豪チームであることがわかりました。

また下部組織がしっかりとしていることや、女子のバルドラール浦安ラス・ボニータス

は、女子フットボール界では非常に注目のチームであることもわかりました。

新しいシーズンが始まりましたら、順位とともに女子も注目していきたいと思いました。

フットサルリーグについて詳しくはこちらです↓

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

他のFリーグのチームも紹介しています

今後とも有益な記事を投稿できるように努力していきますので、今後とも宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました