笹川吉康(横浜商)ソフトバンク2位、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。

ドラフト
スポンサーリンク

今回は、福岡ソフトバンクホークスにドラフト2位指名されました横浜商業高校の笹川吉康選手について詳しく見ていきたいと思います。

将来性豊かな外野手とのことで、数年後の活躍が楽しみな選手であります。

そんな笹川吉康選手についてチェックしていきます。

笹川吉康選手(横浜商)のプロフィール

ではまず、笹川吉康選手のプロフィールについてです。

笹川 吉康(ササガワ ヨシヤス)

生年月日:2002年5月31日

身長:193cm

体重:86kg

出身地:神奈川県横浜市

所属:横浜商業高校

ポジション:外野手、投手 左投げ左打ち

笹川吉康選手(横浜商)は、どんな選手?特徴は?

笹川選手を見て一番に印象に残るのはその大きな身体でしょう。

日本人の父親とミャンマー人の母親を持つハーフの選手であり、その身体からは規格外のパワーの持ち主です。

笹川吉康選手のバッティングは

笹川吉康選手のバッティングとしましては、高校通算40本塁打の長打力でしょう。

おもっいっきりの良くバットを振れることが一番で、空振りでも投手に威圧感を与えるのではないでしょうか。

その大きな身体は、入学後から15キロ以上も体重を増やしたころでできた身体にのようで、バッテイングもそのパワーが魅力と言えるでしょう。

笹川吉康選手の走力は

笹川選手はスピードも特徴の一つです。

50Mは、6秒2、一塁到達タイムは4秒3のようです。

笹川吉康選手のピッチング

プロには野手として進むとのことですが、笹川選手は投手としても非常に良いものを持っています。

最速140キロに迫るストレートを武器に、長身の左腕から角度のあるボールを投げ込むことができる投手です。

3年生の県独自大会では背番号「1」のエースナンバーを背負いました。

笹川吉康選手(横浜商)の経歴は

笹川吉康選手は、小学校3年生から軟式野球を始め、中学校ではシニアチームに所属していたようです。

笹川吉康選手(横浜商)の高校時代は

高校は、以前から憧れていた横浜商業へ進学し甲子園の目指しました。

高校1年生の夏の予選ではライトを守り投手としてもリリーフで登板することもありました。

秋には、センターのレギュラーを獲得することになり、また投手としてもチームの中心選手と成長していきました。

2年生の夏の神奈川県大会では、19打数9安打11打点1本塁でと打ちまくり、チームのベスト16入りに貢献。

また、3年生最後の独自大会にはエースとしても活躍し、2年連続でベスト16入りを果たしました。

笹川吉康選手(横浜商)の甲子園出場は

残念ながら笹川選手は甲子園への出場はありませんでした。

神奈川県は非常にレベルが高い高校が多数あります、そんな中で勝ち抜くのは非常に難しいことですね。

笹川吉康選手(横浜商)のドラフト前のスカウトの評価は

高校通算40本塁で走力も高い笹川選手です、福岡ソフトバンクホークスに2位指名されました。

それ以前の笹川選手について注目はされていますが、スカウトのコメントはありませんでした。

ドラフト指名全選手まとめはこちらからできます→2020年ドラフト会議12球団全指名選手まとめ、注目の選手はどの球団へ!

まとめ

今回は、福岡ソフトバンクホークスにドラフト2位で指名された笹川選手について詳しく見てきました、その恵まれた身体から繰り出される長打力は大きな魅力の一つでもありますね。

数年後はチームの主力バッターへ成長していてくれることを期待して応援していきたいと思います。

笹川選手頑張って頂きたいです。

また、ドラフトに関する記事も多数ありますので合わせてチェックしてみてください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ好きへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました