西川僚祐(東海大相模)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。

ドラフトドラフト
スポンサーリンク

今回紹介するのは、東海大相模高校の西川選手について見ていきましょう。

1年生の時から注目のスラッガー、高校通算55本塁打を放っているスラッガーです。

新型コロナウィルス感染拡大の為に自粛期間がなったからもっと多くの本塁打を放っていたのかもしれません、そんな西川僚祐選手について詳しく見ていきましょう。

西川僚祐選手(東海大相模)のプロフィール

それでは、注目のスラッガー西川僚祐選手のプロフィールについて見ていきましょう。

西川 僚祐(ニシカワ リョウスケ)

生年月日:2002年4月19日

身長:186cm

体重:94kg

出身地:千葉県船橋市

所属:東海大相模高校

ポジション:外野手 右投げ右打ち

西川僚祐選手(東海大相模)は、どんな選手?特徴は?

西川選手は、非常に恵まれた体格を誇る強打の外野手です。

まさに高校球界を代表する長距離打者ともいえるのがこの西川僚祐選手と「いえるのではないでしょうか。

力強く振り切るスイングからボールをあっという間にスタンドに運ぶことができ、引張り専門とのわけではなく広角に打ち分けることができます。

身体の軸がぶれることが少なく変化球にも対応できることも特徴の一つでもあります。

西川僚祐選手(東海大相模)のホームラン数

西川選手で注文されるのはやっぱりホームラン数ではないでしょうか、高校通算55本。

1年生の年末までに30本塁打を放ち、この先どれだけホームラン数を増やすかが注目されました、東海大相模高校の先輩である現日本ハムの大田泰示選手の65本塁打を目標にし、清宮幸太郎選手の111本に迫るのではとも言われていました。

残念ながら新型コロナウィルス感染拡大の為に3年生になってからはほとんど試合がなくホームラン数を増やすことはできませんでしたが、誰もが認める長距離砲であることは間違えありません。

ちなみに高校通算ホームラン数のベスト10は

「高校通算ホームラン数のベスト10」

1位 111本 清宮幸太郎(早稲田実業)

2位 107本 山本大貴(神港学園)

3位  97本 黒瀬健太(初芝橋本)

4位  94本 伊藤諒介(神港学園)

5位  87本 中田翔(大阪桐蔭)

6位  86本 大島裕行(埼玉栄)

7位  85本 横川駿(神港学園)

8位  83本 鈴木健(浦和学院)

    83本 中村剛也(大阪桐蔭)

10位 78本 田原伸吾(此花学院)

参考:松井秀喜60本 清原和博64本

西川僚祐選手の制球眼

西川選手は非常に制球眼が良い選手であり、またスラッガータイプの打者であるのですが、三振数が少なく、好球質打ができる打者であります。

西川僚祐選手(東海大相模)の経歴は

小学校1年生から軟式野球を始めた西川選手、中学生になると地元強豪の硬式野球クラブの「佐倉リトルシニア」で4番キャプテンとしてチームを引張りました。

ジャイアンツカップにも出場しホームランを放っています。

西川僚祐選手(東海大相模)の高校時代

東海大相模高校へ入学した西川選手、先ほども述べましたが、1年生からホームランを放つなど大活躍、1年生の秋からクリーンナップを任されてきました。

西川僚祐選手(東海大相模)の甲子園では

西川選手は甲子園に2年生の夏に出場しています。

しかしながら甲子園での成績は、8打数0安打と悔しい結果に終わり、打撃の粗さが今後の課題とも言われました。

そんな中、3年生の春のセンバツ甲子園のい出場が決まり甲子園での活躍をきたいされましたが、残念ながら中止。

代わりに夏に行われた甲子園交流戦では、大阪桐蔭高校と対戦しヒットを放ちました。

西川僚祐選手(東海大相模)のドラフト・スカウトの評価は

そんな西川選手についてのスカウトの評価をまとめてみました。

中日・米村チーフスカウト

「当たったらどこまでも飛んでいく印象」

阪神・吉野スカウト

「(1年夏予選での左翼場外弾は)今でも頭に残っている」
 「(年明けの練習を視察して)全体的によくなっている。振りも強くなっていた」

日本ハム・山田正雄スカウト顧問

 「パワーがあって、スイングが速い。ただ引っ張るだけでなく、広角に打てる。体の軸がブレないので変化球にも対応できる。ボールの見極めもいい。安田(ロッテ)や村上(ヤクルト)や石川(中日)のようなタイプの選手。体が大きく、パワーのある野手は、足と肩がいまひとつというケースが多いが、足や肩も合格点。昨秋の関東大会でも目立っていた。今年は大学生投手に逸材が多いが、今後の活躍次第でかなり上位で指名されるかもしれない」

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト育成部長

「いいスイングだし、体もいい」

まとめ

今回は、高校球界の注目のスラッガーと言われています、東海大相模高校の西川僚祐選手についてチェッしていきました。

将来楽しみな長距離打者で今後の活躍も要チェックなこと間違えありません。

西川選手に注目していきましょう。

また、2020年注目のドラフト候補について詳しくチェックした記事が他にもあります、合わせてチェックしてください。

山村崇嘉(東海大相模)ドラフト注目、どんな選手?特徴や評価をまとめてみた。
今回紹介するのは、将来の4番候補ともいえる逸材、東海大相模高校の山村崇嘉選手です。長打力が魅力のスラッガーで、高校通算49本塁打を放ち、名門東海大相模高校で1年生の秋から4番を打ってきた選手です。それでは、そんな山村崇嘉選...
2020年ドラフト注目の10人の高校生選手まとめ
こんにちは、今回は2020年のドラフト会議注目の高校生選手についてまとめてみます。新型コロナウィルス感染拡大の為に春も夏も甲子園は中止となり、大舞台でのプレーする姿はなかなか見れませんでしたが、そんなアピールが少ないながらも、実力...
2020年ドラフト1位指名候補12人予想まとめ
こんにちは、ドラフト会議が近づいてきました、そこでドラフト1位候補の12人をまとめてみようと思います。高校生、大学生、社会人と今年も楽しみな選手が多く存在しています、そんな中で毎年ドラフト1位の選手は12人しかいません。各...
山下舜平大(福岡大大濠)どんな選手?特徴やドラフト・スカウトの評価は
今回は、ドラフト上位指名の可能性も十分にあり得る、山下舜平大投手について見ていきたいと思います。まず一番初めに気になるのが山下投手の名前ではないでしょうか?山下舜平大(やました しゅんぺいた)と読みます、「舜平大=しゅんぺ...
高橋宏斗(中京大中京)どんな選手、ドラフト・スカウトの評価は、プロへ行くのか
今回は、2020年ドラフト注目の高校生NO,1投手である中京大中京高校の高橋宏斗投手についてチェックしていきます。コロナウィル感染拡大に付き、無くなった春と夏の甲子園。その代替えとして県独自の大会や、センバツ出場校対象の甲...

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

 ドラフト 野球

コメント

タイトルとURLをコピーしました