ジャンプワールドカップ21-22 ラハティ結果速報と大会詳細

ジャンプスキージャンプ
スポンサーリンク

今回は、2022年2月25日(金)~27日(日)にかけて開催されるスキージャンプの男子ワールドカップについて見ていきたいと思います。

2021‐22年シーズンのワールドカップも終盤繊維差し掛かってきています、そんなFISスキージャンプワールドカップラハティ大会の結果を更新していきます。

また、スキージャンプのワールドカップのシーズンを通しての日程や他の大会については下記にて更新していきますのでチェックしてください。

FISスキージャンプワールドカップ2021-22日程、歴代優勝のまとめ

ジャンプワールドカップ ラハティ

簡単にですがラハティ大会について確認しておきましょう。

スキージャンプワールドカップ21-22(男子)

ラハティ大会

日時:2022年2月25日(金)~27日(日)

開催国:フィンランド

ジャンプワールドカップ ラハティ 出場予定選手

それでは出場予定の日本人選手を確認しておきましょう。

*確定ではありません変更の可能もありえます。

  • 小林陵侑 (土屋ホーム)
  • 佐藤幸椰 (雪印メグミルク)
  • 伊東大貴 (雪印メグミルク)
  • 小林潤志郎 (雪印メグミルク)
  • 佐藤慧一(雪印メグミルク)
  • 中村直幹 (東海大学札幌)

ジャンプワールドカップ ラハティ 日程

それでは日程を確認しておきましょう。

日時競技時間(日本時間)
2月25日(金)
2月26日(土)団体戦
2月27日(日)個人戦

結果速報 日本人選手

それでは、日本人選手の結果を確認していきましょう。

*わかり次第更新していきます。

1本目結果詳細 TOTAL結果詳細

小林 陵侑

【TOTAL】7位

  • TOTAL 7位:261.2
  • 2本目 7位: 127.5m (136.8)
  • 1本目 8位:122.0m (124.4)

小林 潤志郎

【TOTAL】22位

  • TOTAL 7位:240.5
  • 2本目 18位: 122.5m (124.7) 
  • 1本目 26位:119.5m (115.8)

中村 直幹

【TOTAL】1本目で敗退

  • 1本目 33位:111.0m (108.4)

伊東 大貴

【TOTAL】1本目で敗退

  • 1本目 39位:109.5m (103.8)

佐藤 幸椰

【TOTAL】1本目で敗退

  • 1本目 43位:108.5m (101.6)

佐藤 慧一

【TOTAL】1本目で敗退

  • 1本目 49位:111.5m (97.6)

団体戦

最終結果 結果速報 

それでは、最終結果を確認しましょう。

*わかり次第更新していきます。

団体戦

個人戦

1位KRAFT Stefanオーストリア
2位GRANERUD Halvor Egnerノルウェー
3位ZYLA Piotrポーランド
4位EISENBICHLER Markusドイツ
5位GEIGER Karlドイツ
6位WOHLGENANNT Ulrichオーストリア
7位小林 陵侑日本
8位PREVC Peterスロベニア
22位小林 潤志郎日本
1本目敗退中村 直幹日本
1本目敗退伊東 大貴日本
1本目敗退佐藤 幸椰 日本
1本目敗退佐藤 慧一日本

まとめ

今回は2021-22シーズンのFISスキージャンプワールドカップラハティ大会の結果について見てきました。

今後の日本人選手の活躍に期待していきたいですね。

選手の皆さんが頑張ってください、応援していきましょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿できるように努力いたしますので、今後とも何卒宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました