FISスキージャンプワールドカップ2021-22日程、歴代優勝のまとめ

ジャンプスキージャンプ
スポンサーリンク

今回は、男女スキージャンプのワールドカップについて見ていきましょう。

2021年から2022年シーズンにのワールドカップですが冬季オリンピックシーズンとのことで非常に盛り上がっていることでしょう。

今回は、FISスキージャンプワールドカップの大会詳細と大会日程と過去10年間の上位3位までの選手を確認していきましょう。

年間を通じて世界各地が開催されます。それでは確認していきましょう。

スキージャンプワールドカップの詳細

それではスキージャンプワールドカップの詳細を確認しておきましょう。

【参加資格】*男女共(ウィキペディアより)

  • FISの登録を受けている選手
  • シーズン開始時の暦年 – 15年以前の生まれ

かつ下記のいずれかが必要となる

  • これまでにサマーグランプリまたはワールドカップのポイントを取得
  • 前シーズンまたは当該シーズンにコンチネンタルカップのポイント

男子 大会日程

【男子】FISスキージャンプワールドカップ2021-22

日程大会名種目
11月20日ー21日ニジニ・タギル(RUS)HS134 HS134
11月27日ー28日ルカ(FIN)HS142 HS142
12月04日ー05日ヴィスワ(POR)HS134 HS134
12月11日ー12日クリンゲンタール(GER)HS140 HS140
12月18日ー19日エンゲルベルク(SUI)HS140 HS140
12月29日オーベルストドルフ(GEER)HS137
01月01日ガルミッシューパルテンキルヘン
(GER)
HS142
01月04日インスブルック(AUT)中止HS128
01月5日ー09日ビショフスホーフェン(AUT)代替HS142 HS142
HS142 HS142
01月15日ー16日ザコパネ(POL)HS140 HS140
01月21日ー22日札幌(JPN)中止HS137 HS137
01月22日ー23日ティティゼー‐ノイシュタット(GER)
代替
HS142 HS142
01月28日ー30日ヴィリンゲン(GER)HS147 HS147
HS147
02月25日ー27日ラハティ(FIN)HS130 HS130
HS130
03月03日リレハンメル(NOR)HS140
03月04日ー06日オスロ(NOR)HS134 HS134
HS134
03月19日ー20日オーベルストドルフ(GER)HS235 HS235
03月25日ー27日プラニツァ(SKO)HS240 HS240
HS240

*大会名の色が変わっている場合は結果速報のページに移動します。

女子 大会日程

【女子】FISスキージャンプワールドカップ2021-22

日程大会名種目
11月25日-27日ニジニ・タギル (RUS)HS97 HS97
12月04日ー05日リレハンメル(NOR)HS98 HS140
12月09日ー11日クリンゲンタール (GER)HS140 HS140
12月17日ラムサウ(AUT)HS98
12月31日ー01日リュブノ(SLO)HS94 HS94
01月08日ー06日札幌(JPN)中止HS137 HS137
1月14日ー15日蔵王(JPN)中止HS102 HS102
01月28日ー30日ヴィリンゲン(GER)HS147 HS147 HS147
02月25日ー27日ヒンツェンバッハ(AUT)HS90 HS90 HS90
03月03日リレハンメル(NOR)HS140
03月04日ー05日オスロ(NOR)HS134 HS134 HS134
03月12日ー13日オーベルホフ(GER)HS106 HS106
03月19日ー20日ニジニ・タギル(RUS)HS97 HS97
03月26日ー27日チャイコフスキー(RUS)HS140 HS140

*大会名の色が変わっている場合は結果速報のページに移動します。

W杯 過去の成績

それでは、FISスキージャンプワールドカップ2021-22の過去10年間の総合成績1位~3位までの選手を確認しておきましょう。

男子 過去成績(10年間)

年2位年順位選手名
11-12優勝アンデシュ・バーダルノルウェー
2位グレゴアシュリーレンツァウアーオーストリア
3位アンドレアス・コフラーポーランド
12-13優勝グレゴアシュリーレンツァウアーオーストリア
2位アンデシュ・バーダルノルウェー
3位カミル・ストッフポーランド
13-14優勝カミル・ストッフポーランド
2位ペテル・プレヴツスロベニア
3位ゼヴェリン フロイントドイツ
14-15優勝ゼヴェリン フロイントドイツ
2位ペテル・プレヴツスロベニア
3位シュテファン クラフトオーストリア
15-16優勝ペテル・プレヴツスロベニア
2位ゼヴェリン フロイントドイツ
3位ケネス・ガングネスノルウェー
16-17優勝シュテファン クラフトオーストリア
2位カミル・ストッフポーランド
3位ダニエル=アンドレ タンデノルウェー
17-18優勝カミル・ストッフポーランド
2位リヒャルト フライタークドイツ
3位ダニエル=アンドレ タンデノルウェー
18-19優勝小林陵侑日本
2位シュテファン クラフトオーストリア
3位カミル・ストッフポーランド
19-20優勝シュテファン クラフトオーストリア
2位カール・ガイガードイツ
3位小林陵侑日本
20-21優勝ハルヴォル・アイネル グラネルノルウェー
2位マルクス アイゼンビヒラードイツ
3位カミル・ストッフポーランド

女子 過去成績(10年間)

年2位年順位選手名
11-12優勝サラ・ヘンドリクソンアメリカ
2位ダニエラ・イラシュコオーストリア
3位高梨沙羅日本
12-13優勝高梨沙羅日本
2位サラ・ヘンドリクソンアメリカ
3位コリン・マテルフランス
13-14優勝高梨沙羅日本
2位カリーナ・フォークトドイツ
3位伊藤有希伊藤有希
14-15優勝ダニエラ・イラシュコオーストリア
2位高梨沙羅日本
3位カリーナ・フォークトドイツ
15-16優勝高梨沙羅日本
2位ダニエラ・イラシュコオーストリア
3位マヤ・ブティッツスロベニア
16-17優勝高梨沙羅日本
2位伊藤有希伊藤有希
3位マーレン・ルンビノルウェー
17-18優勝マーレン・ルンビノルウェー
2位カタリナ・アルトハウスドイツ
3位高梨沙羅日本
18-19優勝マーレン・ルンビノルウェー
2位カタリナ・アルトハウスドイツ
3位ユリアネ・ザイファルトドイツ
19-20優勝マーレン・ルンビノルウェー
2位キアラ・ヘルツルオーストリア
3位エヴァ・ピンケルニッヒオーストリア
20-21優勝ニカ・クリジュナルスロベニア
2位高梨沙羅日本
3位マリタ・クラマーオーストリア

まとめ

今回は2021-22シーズンのFISスキージャンプワールドカップの日程について見てきました。

合わせて過去10年間の上位進出選手も確認してきました、毎年熱い戦いが繰り広げあれ本当に注目していきたいですね。

選手の皆さんがって頂きたいですね、応援していきましょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿できるように努力いたしますので、今後とも何卒宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました