『ULTRAMAN』漫画感想│ウルトラマンのその後の物語

アニメ・漫画
スポンサーリンク

こんにちは今回は漫画の感想です。

『ULTRAMAN』です、一気に読めます、ウルトラマンが去った後の地球の話です、

次から次にあなたが良く知っているウルトラマンが、新しいディフォルトで登場してきます。

地球や人間を守るために戦いますが、ミステリーの要素のありしっかりと読めることは間違いありません。

おすすめの作品の一つになります、それではチェックしていきましょう。

『ULTRAMAN』はこんな人にお薦めします

こんな人にお薦めします
  • ウルトラマンが大好きな人(特に昭和)
  • SFが好きな人
  • ヒーロー物が好きな人
  • ウルトラマンを知らない人
  • 地球の平和を守る話が好きな人

『ULTRAMAN』のストーリー(ネタバネ注意)


ULTRAMAN(1) (ヒーローズコミックス)

ウルトラマンが地球を去って40年後、ウルトラマンだった早田進の息子「早田進次郎」は自分に特殊な力があることに気付きます。

そこから化学特捜隊の力を借り、ウルトラマンとして異星人と戦っていきます。

ウルトラセブンとこ諸星弾やゼットン星人のエド、レットキングのレッド、ウルトラマンエース、タロウ、レオ、アストロなども登場して協力して異星人の侵略から地球を守ろうとします。

異星人がウルトラマンに協力したり、ウルトラマンガ悪者だったりと話の展開も非常に面白く進みます。

ネットでのあらすじは

かつて、この世界には「光の巨人」と呼ばれる存在がいた。光の巨人は1人の地球人と同化し、異星人の侵略や「怪獣」と呼ばれる巨大生物による幾多の破壊と混沌から世界を守っていた。

やがて光の巨人はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失った。

40年後、ウルトラマンの存在が過去のものとなった世界でウルトラマンと同化した過去を持つ早田進(ハヤタ・シン)の息子・早田進次郎(ハヤタ シンジロウ)は、生まれながらに特殊な力を持っていた。

ある日突然、謎の敵に襲われた進次郎を助けに現れた父・早田は「自分こそがウルトラマンだった」と告白。父の危機を前に、元科特隊の井手からウルトラマンスーツを与えられた進次郎は敵との戦いに挑む。

ULTRAMAN公式HPより

『ULTRAMAN』の登場人物(ネタバネ注意)

この作品の一番の魅力と言っても良いのは、やっぱり登場人物でしょう。

元々のウルトラマンファンにとっては次にどのウルトラマンが登場するのか、またどこかで見たことがある怪獣ではないかとワクワクとさせてくれます。

一人一人説明すると非常に長くなるので、簡単に紹介します。

早田 進次郎(ハヤタ シンジロウ)

主人公、生まれ持った力に気付きウルトラマンとして戦う

早田 進(ハヤタ シン)

40年前にウルトラマンと同化して地球を守った。進次郎の父親

井手 光弘(イデ ミツヒロ)

科学技術研究所の所長で、表面上は「光の巨人記念館」の館長

諸星 弾(モロボシ ダン)

ウルトラセブン、地球人ではない。刀や銃を使う。

ジャック

異星人街の情報屋、後のにウルトラスーツを着る、ウルトラマンジャックか?

レッド

レッドキング、レッド行動をともにしている、化学特捜隊に協力

北斗 星司(ホクト セイジ)

ウルトラマンエース、進次郎の高校へ転入し後輩になる

東 光太郎(ヒガシ コウタロウ)

ウルトラマンタロウ、普通の人間として生きていたが力を得てタロウに

佐山 レナ(サヤマ レア)

ウルトラマンに恋するアイドル、地球人ではなさそうな展開に

遠藤 庸介(エンドウ ヨウスケ)

佐山レナの父、警察官であるが異星人を調査している。

レオ

獅子兄弟の兄、ウルトラマンレオ 化学特捜隊に協力することに。

アストラ

獅子兄弟の弟、ウルトラマンアストラ 化学特捜隊に協力することに。

ベムラー

ウルトラマンとよく似ているフォルム、ウルトラマンであることが判明

アダト

登場時は敵か味方かわからない存在だが、後に化学特捜隊に協力することに。

『ULTRAMAN』の感想(ネタバネ注意)

私はウルトラマンをリアルタイムで見ていた世代ではありませんし、平成のウルトラマンも知りません、しかし、早田隊員や諸星弾、ウルトラマンタロウやレオ、アストラの名前は知っています。

その同じ名前の登場人物が出てくるのです。

早田はたしかウルトラマンだったよなーっと思いつつ読み進めて行くことができるのです。

諸星弾ってセブン?と思いながら読み続けていくことでセブンいつなるのかとワクワクしてきます。

それがこの作品の一番面白いのではないでしょうか。


ULTRAMAN(15) (ヒーローズコミックス)

話の構成も、ただ異星人から地球を守るい話かと思いきや、異星人や宇宙との中での地球、ウルトラマンについてなどミステリーな要素もふんだんに取り入れられていることで飽きない内容になっています。

巨大化しないウルトラマンが基本になっていて、異星人とのバトルシーンもカッコよく描かれています。

『ULTRAMAN』の詳細

『ULTRAMAN』

原作:清水栄一、作画:下口智裕

コミックス:第1巻~第15巻(2020年6月現在)

掲載誌:月刊ヒーローズ

掲載期間:2011年12月~

テレビアニメ化:2019年4月より放送

『ULTRAMAN』アニメ化 

アニメ化されています、めちゃくちゃかっこいいです。

この『ULTRAMAN』はU-NEXTで見ることができます↓こちらから見ることができます。

「ULTRAMAN」を見るにはこちらのU-NEXTでみれます。

まとめ

『ULTRAMAN』のその後の世界を描いた作品であります、ウルトラマンを知っている人にはより面白く、知らない人には新しい漫画として楽しむことができるのではないでしょうか。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました