ブラッシュ(楽天)どんな選手?打撃や経歴について調べてきました。

野球
スポンサーリンク

来日2年目を迎えた、楽天イーグルスのジャバリ・ブラッシュ選手。

2020年シーズンも開幕からしっかりとチームの為に活躍してくれてます、そんなブラッシュ選手の打撃や経歴を最後チェックしていきましょう。

ブラッシュ選手のプロフィール

ジャバリ・ブラッシュ

生年月日:1989年7月4日(30歳)

身長:196cm

体重:106kg

出身地:アメリカ合衆国

2010年MLBドラフト8巡目 右投げ右打ち

パドレス→エンゼルル→楽天イーグルス

背番号:69

ブラッシュ選手の打撃について


[2020] ボブルヘッド フィギュア #69ブラッシュ《楽天イーグルス》

2019年シーズンの来日1年目では、独特のフォームからホームランを量産し楽天イーグルスのCS進出に貢献しました。

長身ながら、膝をコンパクトに曲げ、バットの先端をピッチャーに向けて構えるバッティングフォームが非常に印象的な選手です。

日本では助っ人外国人は長打力を期待されていますが、このブラッシュ選手も長打を売りにしている選手です。

もう一つブラッシュ選手の特徴としましては、「出塁率」が高いということです。

体つきや独特なバッティングフォームからは、なかなか想像しづらいことですが、選球眼が非常に良くボール球にはなかなか手を出さず、四球を選ぶことが多いです。

来日1年目ではそのことからしっかりとした成績を残し、2020年シーズンも活躍が期待され楽天イーグルスへ残留となりました。

ブラッシュ選手の経歴

ブラッシュ選手はこれまでどのような経歴を辿ってきたのでしょうか?

アメリカでの経歴

ウキペディアより パドレス時代のブラッシュ選手

2010年にマリナーズに入団しますが、長くマイナー暮らしが続きます、

マイナー時代は169本の本塁打を放ち、一発長打の外野手として活躍しますが、

メジャーに昇格することはできず、パドレスに移籍することとなり、2016年にメジャーデビューを果たします。

その後、アメリカでの通算成績は

123試合 274打数 51安打 8本塁打 22打点 打率.186

日本での来日1年目の経歴

Eブラッシュ『サソリは2度刺す』をマルチアングルで!!

長打力を期待され楽天イーグルスの入団、シーズン途中から4番として楽天打線を引っ張っていきました。

体調不良でベンチを外れることもあり、好不調の波が激しい印象を感じました。

また、好調時には1試合に2問塁打を数回記録し、最終的には33本塁打95打点と楽天イーグルスの外国人の1年目として最高の結果を残したことになります。

2019年に楽天イーグルスがCSに進出したのはFA移籍の浅村選手とこのブラッシュ選手が打線を引っ張っくくれたからとも言えるでしょう。

ブラッシュ選手の今後の活躍のポイント

楽天イーグルス69ブラッシュ2019シーズン全33本塁打

来日2年目のブラッシュ選手ですが、2020年シーズンは3番での起用がここまで多いようです。

4番には浅村選手が座っています、3番にブラッシュ選手が入ることにより、ブラッシュ選手の長打にも期待は持てますが、選球眼が良いことから四球で4番の浅村選手につなぐこともできます。

4番の浅村選手の調子によりどうしても3番のブラッシュ選手と勝負をする必要が高くなります、楽天ファンはこの二人の相乗効果を期待して良いでしょう。

好不調の波が大きい選手ではあるので、選手層が厚くなった楽天イーグルスでは、うまく休息をとりながらシーズンを戦ってほしいものです。

ブラッシュ選手の人物像


MyHEROユニフォーム《ホーム》 #69ブラッシュ 《楽天イーグルス》 【他商品との同時購入・同梱発送不可】【※配送日確認要※】 (東北楽天ゴールデンイーグルス 野球 ファン 応援 グッズ)

ブラッシュ選手はアメリカ時代には、マリナーズのイチローに「いつかイチローさんを脅かす存在になってみせるよ」とジョークを飛ばし、

エンゼルのの大谷選手には、「日本の投手は変化球が多いので球を追いかけず踏ん張るように」と助言されたようです。

ブラシュ選手の弟も野球選手で、2017年のMLBドラフト23巡目でナショナルズに指名され、現在はマイナーリーグでプレーしています。

まとめ

今回は、ブラッシュ選手について調べてきました。

来日2年目の2020年シーズンには日本人投手にも慣れて、1年目以上の活躍を期待しても良いのではないでしょうか。

ブラッシュ選手の活躍に期待しましょう。

3番のブラッシュ選手へつなぐ楽天イーグルスのリードオフマンである茂木選手についてはこちらで詳しく記事にしてあります、合わせてご覧ください。

今回は最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も有益な記事を投稿できるように努力いたしますので、何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました