『若月大和』海外移籍の理由は?目標の選手は?A代表へW杯へ

サッカー
スポンサーリンク

こんにちは今回は、若月大和選手に注目してみたいと思います。

昨年行われたU-17W杯で大注目を浴びた若月選手ですが、さっそく海外移籍を決めましたね。

そんな若月選手のプロフィール、海外移籍の理由や目標の選手について書いていきたいと思います。

それでは若月選手をチェックしていきます。

若月選手のプロフィール

若月大和(わかつき やまと)

生年月日:2002年1月18日生まれ

出身:群馬県みどり市

170cm 68kg

利き足:右

経歴

小学校からサッカーを始めた若月選手ですが、中学では前橋SCジュニアユースそして桐生第一高校へ入学します。

お兄さんも桐生第一高校で高校選手権に出場しています、若月選手は小学校時代にその選手権を見に行ったようですので、憧れがあったのっでしょうか。

高校時代

今年高校を卒業したばかりですが、高校時代は全国大会へ出場することは一度も有りませんでした。

最後の高校選手権群馬県予選でU-17W杯敗退後帰国し、なんとか前橋育英高校との準決勝に間に合いはしましたが、チームは敗戦してしまい、高校サッカーを引退することになります。

若月選手は、U-17W杯や湘南ベルマーレでの活動でチームを離れる時期が多くなりました。そんな中、チームメイトが無意識のうちに若月選手に気を使っていることを感じ、自信も気を使うようになっていったを語っています。

自分のチームを離れるこちが多くなるとなかなか難しい問題だったと思います。

U-17W杯での活躍

【インタビューU17日本代表】FW 若月大和 選手 FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

若月選手は高校2年生までは無名の選手でした、クラブユース所属ではなく高体連の部活動に所属していました。注目を浴びたのは桐生第一高校がプリンスリーグに昇格し、そこで多くの人の目に止まることが増え、湘南ベルマーレが特別指定選手とし獲得することになります。

同時に初めてU-17の代表に選ばれました。

若月選手は早生まれですので、このメンバーの中では一学年上になります。

世界が注目する若い世代によるW杯が2019年秋にブラジルで行われ、U17日本代表はヨーロッパチャンピオンのオランダを3-0で撃破することになります。

U-17日本、欧州王者オランダを撃破!3発快勝でW杯白星スタート

その3点ともに若月選手の活躍がありました、スペースや裏に抜ける動きで観戦に相手DFを翻弄しゴールを決めてくれました。

U-17W杯で若月選手と同様に活躍を見せてくれた西川潤選手、セレッソ大阪に入団が決まっています。→『西川潤』イタリア、ドイツからオファー?海外移籍は経歴やプロフィールを紹介

海外移籍をきめた理由

湘南ベルマーレに集団が決まっていた若月選手ですが、U-17W杯での活躍で、18歳になると同時に海外からのオファーが届きました。

(18歳にならないと海外からオファーを出せないと決まりがある)

当初はユベントスからも話があったと報道されていますし、イタリアのチーム中心にオファーがあったようですが、

湘南ベルマーレに決まっていたころともあり、湘南ベルマーレの担当や高校の監督と悩みに悩んで海外移籍を選択したとのことです。

それには、若月選手の目標のA代表でW杯出場が大きく関わっていたとのことで、A代表の主力選手はほとんどが海外クラブ所属です。

Jリーグを経験してからの海外移籍でも遅くないとも思いますが、久保選手が同い年で海外で活躍していることから、一早く海外で経験を積みたいとの強い気持ちがあったようです。

最終的にはスイス・スーパーリーグのFCシオンへの期限付き移籍となりました。

目標の選手は?

若月選手が目標にしている選手は鈴木武蔵選手です、目標というよりも超えないといけない選手とのことです。

同じ桐生第一高校出身で先輩になる鈴木武蔵選手は、桐生第一高校出身で初のA代表に選ばれました。若月選手と同じく、FWでU-17W杯を経験している鈴木武蔵選手を超えるのが現時点での目標になるでしょう。

まとめ

若月選手にチェックしていきましたが、将来が非常に楽しみで期待が持てる選手であることは間違いありません。

この先海外のビッククラブへの移籍も現実に有りそうですし、日本代表としてW杯の舞台に立つ日も遠くないのではないでしょうか。

海外移籍するにあたっての自分の意識もはっきりしていて今後楽しみです。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後も有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました