鈴木昭汰(法政大)どんな選手?経歴やドラフト、甲子園出場についてまとめてみた!

ドラフト
スポンサーリンク

今回は、法政大の鈴木昭汰投手についてです。

高校時代は、華々しい実績でしたがプロに行く力をつけるためにと法政大学に進学、そんな鈴木昭汰投手が2020年のドラフト会議で指名される可能性が高くなってきました。

そんな、鈴木投手について詳しくチェックしていきたいと思います。

鈴木昭汰投手(法政大)のプロフィール

まずは、鈴木昭汰投手のプロフィールから見ていきましょう。

鈴木 昭汰(スズキ ショウタ)

生年月日:1998年9月7日

身長:175cm

体重:81kg

出身地:茨城県土浦市

所属:常総学院高校 → 法政大学

ポジション:投手 左投げ左打ち

鈴木昭汰投手(法政大)は、どんな選手?特徴は?

鈴木昭汰投手は、最速150キロを投げる本格派左腕投手です。

腕の振りも良く、自慢のストレートで打者を圧倒していくピッチングを持ち味にしている。

鈴木昭汰投手のストレート

鈴木投手は、ストレートが最大の武器と言えるでしょう、ノビのあるストレートと言われていますので、打者をスピードガンの球速よりも体感速度はもっと早く感じるようです。

打者がストレートで空振りすることが多く非常に勢いのある球なんでしょう。

鈴木昭汰投手の変化球は

鈴木投手の変化球の持ち球としては、スライダー、チェンジアップ、スプリットがあります、特にスライダーの変化は、縦に大きく変化するスライダーで、決め球としてもカウントを稼ぐ球としても有効に使いことができる球です。

投球の割合は、ストレートの次にスライダーが多く、鈴木投手としてもスライダーが自信のある球と言えることは間違えないでしょう。

また、速いストレートがあることから、チェンジアップも有効に使うことで緩急の大きな差をつけることにより投球の幅を広げています。

鈴木昭汰投手(法政大)の経歴は

鈴木投手は、小学校1年生から野球を始めます、中学生時には土浦霞ヶ浦ボーイズに所属し、中3時には全国大会へ出場し、なんと全国大会で準優勝を飾ります。

また、15歳以下の日本代表にも選出されました。

鈴木昭汰投手(法政大)の高校時代は

高校は、地元茨城県の強豪である常総学院高校へ進学し甲子園を目指します。

1年生の秋からエースとして登板することになった鈴木投手、関東大会では完投勝利を飾るなどの活躍で、チームをベスト4へ導きます。

2年生の秋にはキャプテンとしてチームを引張り、甲子園にチームを導く活躍を遂げます。

鈴木昭汰投手(法政大)の甲子園での成績は

鈴木昭汰 常総学院 甲子園での奪三振集

鈴木投手は、常総学院で3度甲子園に出場しています。

2年生の春のセンバツ甲子園では3試合に先発として登板、2勝を上げる活躍、ストレートは140キロを記録、チームを8強へ導きました。

キャプテンとなった3年生時には春と夏に連続で甲子園に出場します。

春のセンバツ甲子園では、初戦の鹿児島実業戦で8回を投げ4失点、と残念ながら初戦で敗退、しかし夏の県予選で優勝し、夏の甲子園へ出場します。

3年生最後の夏の甲子園では、チームは8強まで進出します。特に注目された試合位としては、現ヤクルトスワローズで当時のドラフト注目投手として騒がれた寺島投手率いる履正社高校との対戦、優勝候補の履正社高校相手に13安打を打たれますが、我慢のピッチングで9回を投げ切り見事勝利します。

鈴木昭汰投手は甲子園で通算5勝を上げる活躍を残しました。

鈴木昭汰投手(法政大)の大学時代は?

【2020ドラフト候補】法政大 鈴木昭汰(4年) 8.2回1失点13奪三振(自責0)【MAX149km/h】

高校時代から注目はされていましたが、プロ志願届は提出せずに法政大学へ進学した鈴木投手、さっそく1年生の秋のリーグ戦で3試合登板をしますが、2年生時にはリーグ戦での登板がありんせんでた。

3年生の春のリーグ戦で4試合先発し、リーグ戦初勝利を上げます。

その後は、先発やリリーフにて登板回数を増やし球速も147キロまで上げてきました。

先発もリリーフもできる貴重な左腕投手として大学日本代表候補合宿にも収集されました。

4年生のリーグ戦再開後には、ドラフト注目の早稲田大学の早川投手と投げ合い、早川投手が13奪三振を奪う快投を見せると、鈴木投手も138球、13奪三振の熱投を見せてくれました。

早稲田の早川投手の記事はこちらで確認できます。

鈴木昭汰投手(法政大)のドラフト・スカウトの評価は

ここでは鈴木昭汰投手についてのドラフト・スカウトの評価についてまとめてみました。

ロッテ・永野吉成スカウト部長

「鈴木は早川にないものを持っている。確実に指名候補になってくる」

広島・苑田スカウト統括部長

「右打者にも左打者にも内角を突ける。左投手が欲しい球団は1位指名もあると思う」

DeNA・八馬スカウト

「左では早川の次くらい。上位候補に入ってくる」

楽天・後関昌彦スカウト部長

「高校(常総学院)よりスピードは上がっている」

まとめ

今回は、法政大学の鈴木昭汰投手についてチェックしてきました。

注目の早稲田の早川投手の次ぐ左投手はこの鈴木投手と言われています、そんな鈴木投手は、ストレートを武器に大きな変化のスライダーをも中心にピッチングを組み立てていきます。

こんかいのドラフト会議でも注目の左腕であることは間違えありません。

今後の、鈴木昭汰投手に大いに期待しても良いのではないでしょうか。

また、今年のドラフト候補をまとめた記事もありますので合わせてチェックしてみてください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました