唐川侑己(ロッテ)FA権行使濃厚、どんな選手?移籍先は?

ロッテ唐川野球
スポンサーリンク

今回は千葉ロッテマリーンズの唐川侑己投手がFA権を行使する見込みとの情報がありましたので、唐川侑己投手について見てい行きたいと思います。

2020年シーズンのロッテのクライマックスシリーズ進出の立役者の一人とも言える唐川投手、FA権行使後の他球団への移籍の可能性や移籍先について考えていきましょう。

唐川侑己投手(ロッテ)は,どんな投手?特徴は?

【あっさり8球】唐川侑己 『今季いまだ防御率0.00』

唐川投手は、ロッテの地元千葉の成田高出身で高卒から入団した投手です。

入団当初から大きな期待を持たれロッテの将来のエース候補として注目されました、入団1年目から5勝をあげる活躍もありましたが、ケガで悩まされるシーズンを送ることもありました。

当時のドラフトでは、高校ビック3として紹介されることが多く、大阪桐蔭高校の中田翔選手(日本ハム)、仙台育英の佐藤由規(ヤクルト→楽天)と共に活躍が期待されていました。

入団当初からは先発投手として登板することが多く、4年目には12勝で初の二桁勝利をあげ、翌年から8勝、9勝とロッテのローテーションの一角として勝ち星を積み重ねてきました。

その後ケガで離脱するおおくあり、2018年からは中継ぎ投手として登板数を増やしてきました。

2020年は勝利の方程式に

唐川侑己 どっしり構える『救援陣の中心的存在』《THE FEATURE PLAYER》

2020年にロッテがCSに進出できたのは、唐川選手を含めた中継ぎ陣の高い安定感があったからと言えるのではないでしょうか。

押さえの益田投手に繋ぐまでに、唐川投手、ハーマン投手、沢村投手らが安定した活躍を続けてきました。

唐川投手にとっては中継ぎ投手としての評価を大きく上げたシーズンになったのではないでしょうか。

唐川侑己投手(ロッテ)の特徴は

唐川投手は、入団時は速いストレートが売りの投手でしたが、現在は、ストレートはもちろんながら多彩な変化球を武器に、打者のタイミングを外すピッチングと空振りを取れるカットボールを武器に安定感抜群のピッチングを見せてくれました。

2020年の防御率は【1.19】としっかりと数字にも表れてきていますね。

唐川侑己投手(ロッテ)移籍先は

千葉ロッテ 若き右腕・唐川侑己、エースへの序章

2020年シーズンで中継ぎ投手としての新しい唐川投手を見せてくれましたが、入団当時からのファンは、先発としての唐川投手のイメージの方が強いのではないでしょうか。

報道では、先発投手としての登板を起用しているとありますので、移籍先には先発投手として戦力になり得るチームに移籍する可能性も高いのでしょうか。

候補①ソフトバンクホークス

個人的な見解すが、移籍するなら同一リーグのパリーグが良いと思います。

ソフトバンクも移籍候補の一つではないでしょうか、強力な戦力があるチームですが、唐川投手の獲得の可能性もあるのではないかと思います。

先発の一角に食い込むか、また、チーム状況では中継ぎもできることは大きいのではないでしょうか。

候補②読売ジャイアンツ

FAと言えば巨人でしょう、人気球団であるとともに関東の球団になります。

また、菅野投手が海外へ移籍するとなると先発投手の補強が第一になってくるのではないでしょうか、そこで唐川選手はまだ31歳でありながら、経験豊富な投手でもありますんので、

巨人の若い投手の見本となってくれることも期待できるのではないでしょうか。

候補③千葉ロッテ残留

残留も考えられますね。

地元出身でファンの人気の高い投手です、ドラフト1位でチームの顔としての知名度もありますので、ロッテとしても年棒面の含めて最大の評価をするのでなないかと予想できますね。

一番は熱狂的なファンの為に、残留するのではないかとも考えられますね。

候補④ヤクルトスワローズ

セリーグ最下位へ沈んだヤクルトですが、投手陣の立て直しが急務なチームです。

先発投手陣のコマ不足は否めません、唐川選手を獲得することで、小川投手と共に安定してローテーションの一角を任せることができればヤクルトの浮上の可能性が見えてくるのではないでしょうか。

しかし、ヤクルトは、以前ロッテから左腕の成瀬投手をFAで獲得しましたが、活躍することができませんでした、そんなんところも影響してくる可能性も否めませんね。

候補⑤東北楽天イーグルス

最後に、ここ数年巨人に変わりFA市場の話題を独占している楽天の候補になるのではないでしょうか。

楽天には、ロッテより移籍した鈴木大地選手や涌井投手、また酒井投手などが所属しています。

涌井投手に関しては、移籍初年度に最多勝に輝いています。

先発投手陣の底上げが楽天のチーム事情の上も注目されてきますので、獲得に手をあげるのではないかとも予想されますね。

同一リーグであることも大きいのではないでしょうか。

2019年のFA移籍選手

井納選手の記事でも紹介しましたが、2019年シーズンにFAで移籍した選手についてですが、投手として他球団へ移籍したのは、楽天からロッテに移籍した美馬投手のみです。

美馬投手は、ロッテのローテーション中心投手としてCS進出に大きく貢献し最多勝争いも演じてくれました。

FA移籍で成功した選手と言えるでしょう。

美馬投手の成績です。

2019年(楽天)

8勝5敗 防御率4.01

2020年(ロッテ)

10勝4敗 防御率3.25

まとめ

今回は、FA7移籍の可能性が報じられた千葉ロッテマリーンズの唐川投手についてチェックしてきました。

先発としての登板を希望する場合になりますと、移籍する可能性が高くなりますね、しかしロッテファンとしては残ってくれるっことがなりよりです。

そんな、唐川投手の動向に注目していきたいですね。

ただ、個人が獲得した権利ですので、唐川投手が納得した形でFA権を使ってもらいたいですね、今後の唐川選手の活躍に大いに期待していきましょう。

頑張って頂きたいです、応援していきましょう。

同じくFA権の行使の可能性のある横浜DeNAの井納投手についての移籍先予想の記事はこちらになりますので合わせてチェックしてみてください。

井納翔一(DeNA)FA権行使濃厚、どんな選手?移籍先は?

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました