『柔道オリンピック代表』代表維持で再選考せずの理由は、今後の強化は

柔道
スポンサーリンク

こんにちは、東京オリンピック延期に伴い、柔道だけが決定済みのオリンピック代表選手の選考にあたり、代表維持か再選考かとの答えが出ていませんでしたが、先日ついに決定しました。

今回は、代表維持について深堀していきたいと思います。

『柔道オリンピック代表』代表維持で! 再選考せずの理由は、

柔道の東京オリンピックで代表が延期前に発表されたままの代表で東京オリンピックに向かうと正式に発表されました。

いままで、再選考か代表維持かとどうなるか注目されましたが、ここにきて代表維持に落ち着きました。

代表維持の理由

代表維持の理由としましては、新型コロナウィルスの影響が思っていたほど拡大し、この先のどういった方向に行くかわからないことが一番だと思います。

この状態で再選考となると、柔道の競技特性上によると選手同士が密着することが必然的に起こります、そうなることから練習の再開やましてや試合や大会がの予定と立てられないと言う事が一番の理由では無いでしょうか?

新聞では

新型コロナの影響で現時点で国内外とも大会開催の見通しが立っていない。公平な選考の機会の確保は困難で、取材に応じた中里壮也専務理事も「選考し直す手段がないというのが大きな理由」 

スポーツ報知

また、1年で世界の柔道は勢力図は変わってしますこともあり、日本国内の勢力図の変わる可能性もありますが、全日本柔道連盟は東京オリンピックに最強のメンバーを選考しているでしょうから、選ばれているメンバーで自信を持っていることも間違いないでしょう。

こちらの記事で代表の全選手の一覧があります、チェックしてみてください。→柔道東京オリンピック代表を詳しく紹介 男女14階級

再選考できない

さきほどに述べた通り、延期当初は再変更の声も合った思いいますが、現実問題として考えると、リオデジャネイロオリンピック終了後から何年もかけて行ってきた選考をこの状況下と言えども覆すのか?

また、試合や大会の予定を組めない状況であり、選手は稽古が全くできていない状況、先行きが見えない中での再選考は難しい所からでないでしょうか。

代表選手の心情は

代表選手の心情を考えると、非常に難しい所では無いでしょうか。

東京オリンピック代表選考に基づき結果を積み上げて代表に選出されたわけですから、延期となり、ましてや再選考となっても、今までの選考は何だったのかとなります。

また、再選考によって入れ替わりで代表になった選手がいたとしても、その入れ替わりの選手の気持ちやプレッシャーも相当な物になるのではないでしょうか。

実際に再選考試合が行われても、対戦することになった両選手の心中も複雑で、試合よりも心理的なことが大きく結果に関わって来るのではないでしょうか。

今後の代表は

柔道 東京五輪代表内定選手記者会見

代表維持の発表により、代表戦選手は、精神的には延期された東京オリンピックに向けて再度気持ちを切替て行くことになるでしょう。

ただ、この新型コロナウィルスの感染拡大が収まらないと、稽古も十分にできないでしょうし、試合勘の戻す必要があると思います。

個人競技ですが、記録で競う競技ではなく対戦する相手がいる競技ですので相手と試合をどれだけすることが延期された期間までにできるかとの大きな問題になるでしょう。

まだ長い期間があることが、利点と言えば利点になり得ます。

今後の代表についても、まずこの新型コロナウィルスの収束がないと進まない所ではあるでしょう。

代表未決定の66kg級は

東京オリンピック柔道代表、唯一代表が決まっていない階級があります。

66kg級になります。

この66kg級は4月の全日本体重別選手権にて決定する予定でした、有力候補の阿部一二三選手と丸山城四郎選手の一騎打ちが予想されていました。

しかし、これから先の代替の試合も組める状況ではありません、有力候補の二人についても現状十分な稽古はできていないでことでしょう。

2019世界柔道選手権男子66㎏級準々決勝 丸山vs阿部 柔道ファン必見!「こんな試合を生で見てみたい!」

メンタル的に非常に厳しい状況ではありますが、いずれかの形で決める事にはなるでしょうが、延期のオリンピックまでまだまだ時間はありますので、体力技術、メンタル面で万全の状況にて試合を行い代表を決定してもらいたいところですね。

2020年2月時の記事ですが、この阿部一二三選手と丸山城四郎選手の記事はこちらになります、あわれてお読みください→『柔道東京五輪代表』は誰に 阿部一二三と丸山城志郎の激しい代表争い!

柔道GS2018 男子66Kg級 決勝 阿部一二三 vs 丸山城志郎

まとめ

今回は、やっと決定しました柔道オリンピック選手の維持の理由と、再選考のしない理由を述べました。

選ばれた代表にて、日本柔道の凄さを東京オリンピックで存分に発揮していて頂きたい所ですが、そこに向けての代表の今後も気になります。

66kg級の代表選考のが今後どうなるかも大注目ですね。

こちらの記事で東京オリンピック柔道代表の全選手がまとめてありますので、各選手を合わせてチェックできます→柔道東京オリンピック代表を詳しく紹介 男女14階級

今回は最後までお読み下さりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました