『全力』すでに閉店してしまった松阪のラーメン史に残る伝説のお店について書きたい

ラーメン
スポンサーリンク

こんにちわ、私の住んでいるところに約2年間だけ営業していたラーメン屋があります。

なんの前触れもなく閉店してしまい、まさに伝説のラーメン屋となってしました『全力』というラーメン屋について書いてみたいと思います。

全力とは

ある日テナントの端、一番道路に近い所に手書きで「全力」と看板が出ました。 見た目は派手ではありませんでしたが、手書きの文字が逆に目立ちここには何ができるるのだろうと思っていましたが、少ししたらラーメン屋がオープンしました。

オープン時の注目は全くなかったと言ってよいでしょう。オープン当初は何度も訪問をしましたが、待つこともなくすんなりと入れゆっくりと食べることができまた。

そこから噂が噂を呼び連日行列の満員で、前を通り行列の長さを見るだけで並ぶのを諦めました。

しかし、並んでも食べたいラーメンがまさにこれでした。いつも間にか開店2時間前にも並ぶ人も出てきました、市内や県内だけではなく県外からも噂をきいて訪れた人も多いようです。

営業していた期間は?

2017年11月にオープン

2019年3月に閉店

約2年間です、しかも営業は週4回ほどで、夏場はやってなく、臨時休業や中期的な休みが多かったので実質は1年程度しかお店はやっていなかったのではないでしょうか。

営業時間も昼だけでしたので、オープン当初は普通には入れていたのが、半年後にはオープン前に並ばないとその日の営業時間までに食べれるか不安でした。

昼:11時00分~15時00分までの営業時間でした。

場所は?

三重県松阪市高町にあるテナントです。現在は「のどぐろつけ麺 スミレ」がこの場所で営業しております。全力の前には博多ラーメンの「ばんび」が、一昔前は鳥焼肉屋が入っておりました。この鳥屋も非常においしい店でした(店主のおばさんが病気になられたとか・・・)特に鶏のくびが絶品でした。

店舗情報は?

カウンターのみの8席で行列は店の外でした。

店長一人でお店を回しているので、当然客の回転は非常に悪くなっていましたので必然的に待ち時間も長くなってきていました。ただどれだけ待っても食べる価値のあるラーメンでした。

店長は30歳前半だと思います、店内には30前後の人の青春時代の曲がなっておりました。

店内は店長が自分でDIYしたと書いてあり手作り感がある店内にワンピースのフィギュアが飾ってありました。

店長の人柄は?

店長とは食事中や食後に良く会話しました。

詳しくはわかりませんが、その時の感じでは、

話は好きな店長で、どのお客さんとの支払い時に一言二言話していました、ネットやSNSは苦手でお店の宣伝はネットではできないようなことも話してました。

味はすごすぎる美味しさでしたが、お店の運営はあまり得意そうではないと思いました、一緒によく言った会社の同僚とはお金を出し合って券売機を設置してあげようかと思ったほどです。そうすれば少しでも接客時間が減り調理に集中できるのではないかと本気で思いました。

全力のラーメンとは

つけ麺

濃厚つけ麺200g又は300g

サイズ違いでつけ麺があります。

麺もスープも自家製、つけスープはポタージュシープの様な色ですが、鶏のうまみが濃厚でスープの中に角切りの鶏チャーシューが入っております。

店長おすすめの「僕のつけ麺の食べ方」と手書きの紙が貼ってあります。そこには、まず麺を2.3本そのままで食べて麺の味を味わってください、その後は麺の1/2~1/3だけスープにつけて食べる、後はお好みで食べてくださいとのこと。

麺は少し太めのストレート麺、そのまま食べるともちもちしていておいしい。次にスープを少しつけて食べる、濃厚なスープが麺に絡みつき絶品の味です。

300gでお腹いっぱいです。

最後は残ったスープでスープ割りを味わいました。

鶏塩ラーメン

実は、鶏塩らー麺を私は食べたことがありません。

なぜかというと、つけ麺が美味しすぎてつけ麺を食べたくて行くので鶏塩ラーメンも食べたいのですが、つけ麺を頼んでしまします。

これは、鶏塩ラーメンを食べた同僚の感想ですが、こんな塩ラーメン食べたことないと絶賛しておりました。

本当に食べなかったことが後悔です。

いきなりの閉店・・・

ある日、お店の前を通ったらこの張り紙が・・・ショックです。

いきなりの閉店です。

心配していたことが、お店が休みがちになり週一ぐらいでしか営業していませんでした。一人であの人数をを回していたのは大変で心配だと話ていたことが現実になります。

店長は長期的に良く休みます(1ケ月から2ケ月間)、夏場は暑いので鶏のうま味が変わるとのことで、3ケ月ほど休みでした。また、いきなり2ケ月間休みますとの張り紙が貼ってあったりしました。しかも何の前ぶれもなくいきなりです。

普段の営業も仕込みに時間が掛かりすぎるので夜の営業はできないとか、毎日営業することが不可能とかの話も聞きました。

また、関西にラーメンの食べ歩きをしに行っているだとか、いろんな噂も聞きましたが、本当のことはわかりません。

いきなりの閉店でこの味を食べることは出来なくなりました。店長は今どこで何をしているのでしょうか?何か情報があればぜひとも教えていただきたいです。

こうして、実質1年間ぐらいの営業で幕を閉じたラーメン屋「全力」は松阪の伝説のラーメン屋となってしましました。

どこかで復活しているのを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました