結果速報│高校選抜JOCボクシング2021-22(男子)結果のまとめ

ボクシング高校選抜大会
スポンサーリンク

今回は、2022年3月22日(火)~25日(金)にかけて開催される全国高校ボクシング選抜大会について見ていきます。

各地区の代表選手が日本一を目指し熱い戦いを繰り広げます、今後のインターハイや国体に向けての勢力図に関わる非常に重要な大会になります。

そんな中で今回は、全国高校柔道選手権大会の日程や出場校、ライブ配信についてをチェックしていきたいと思います。

ちなみにボクシングは男女共にが開催されます。

また大会開催中の【女子結果速報】はこちらで更新していきますので是非ともご覧ください。

結果速報│高校選抜 ボクシング2021-22(女子)

全国高校ボクシング選抜大会2021-22│日程やライブ配信

全国高校ボクシング2022-21 概要

それでは、簡単に大会の詳細を簡単に確認しておきましょう。

JOC 第33回 全国高等学校ボクシング選抜大会

日時: 2022年 3月22日(火)~25日(金)

開催地:北海道

会場:北ガスアリーナ札幌46

競技種目:

【男子】ピン級、ライトフライヤ級、フライ級、バンタム級

   ライト級、ライトウェルター級、ウェルター級、ミドル級

【女子】 ピン級、ライトフライヤ級、フライ級、バンタム級

     ライト級

詳しくは大会要項にて確認ください→要項

全国高校ボクシング2022-21 日程

日程と試合を確認しておきましょう。

日程 男子女子
3月22日(火)体重別個人戦体重別個人戦
3月23日(水)
3月24日(木)
3月25日(金)

ボクシングの階級

それでは、ボクシングの8階級を確認しておきましょう。

 階  級     体    重
P級(ピン) 44 キログラム超 46 キログラムまで
LF級(ライトフライ) 46 キログラム超 49 キログラムまで
F級(フライ) 49 キログラム超 52 キログラムまで
B級(バンタム) 52 キログラム超 56 キログラムまで
L級(ライト) 56 キログラム超 60 キログラムまで
LW級(ライトウエルター) 60 キログラム超 64 キログラムまで
W級(ウエルター) 64 キログラム超 69 キログラムまで
M級(ミドル) 69 キログラム超 75 キログラムまで

ボクシング 男子 結果速報

それでは、ボクシングの結果を更新していきます。

*わかり次第更新していきますのでしばらくお待ちください。

男子 ピン級 

1回戦

  • 定廣征季 (京都廣学館) 5 ー 0 遠藤康生 (花咲徳栄)
  • 澤井啓希 (岐阜工) 0 ー 5 柏木太郎 (吉野川) 
  • 山下心一 (東福岡) 5 ー 0 仁木厚希 (米子松陰) 
  • 安食諒哉 (日本大山形) 4 ー 1 平井胤充 (金沢北陵)

準決勝戦

  • 定廣征季 (京都廣学館) 5 ー 0 柏木太郎 (吉野川) 
  • 山下心一 (東福岡) 3 ー 2 安食諒哉 (日本大山形)

決勝戦

  • 定廣征季 (京都廣学館) 5 ー 0 山下心一 (東福岡) 

男子 ライトフライ級

1回戦

  • 上村和己 (岐阜工業) 5 ー 0 田中優雅 (札幌平岡) 
  • 藤野零大 (石川県工高) 0 ー 5 伊藤千飛 (興國) 
  • 上原伶 (目黒日大高) 0 ー 5 早坂峻 (武相)

2回戦

  • 高田泰我 (日章学園) 4 ー 1 上村和己 (岐阜工) 
  • 岩坪宣利 (出水工業) 1 ー 4 佐々木大斗 (青森山田) 
  • 冨山侑人 (鳥取城北) RSC 伊藤千飛 (興國) 
  • 早坂峻 (武相) 4 ー 1 俣野琉樹 (京都廣学館)

準決勝戦

  • 高田泰我 (日章学園) 2 ー 3 佐々木大斗 (青森山田) 
  • 伊藤千飛 (興國) 4 ー 1 早坂峻 (武相)

決勝戦

  • 佐々木大斗 (青森山田) 0 ー 5 伊藤千飛 (興國)

男子 フライ級

1回戦

  • 内田勇樹 (倉敷工業) RSC 瀬筒陸斗 (武相) 
  • 森脇龍星 (西宮香風) 2 ー 3 岡朱里 (目黒日大通信) 
  • 村田碧 (享栄) 5 ー 0 宮竹錬 (札幌工業) 
  • 野里寿将 (札幌山の手) WO 中山鉱一 (東福岡)

2回戦

  • 山下学人 (日章学園) 1 ー 4 瀬筒陸斗 (武相) 
  • 岡朱里 (目黒日大通信) 5 ー 0 佐々木桐馬 (武生商工) 
  • 伊藤優希 (青森山田) 0 ー 5 村田碧 (享栄) 
  • 野里寿将 (札幌山の手) RSC 山口瑠 (興國)

準決勝戦

  • 瀬筒陸斗 (武相) 0 ー 5 岡朱里 (目黒日大通信) 
  • 村田碧 (享栄) 0 ー 5 山口瑠 (興國)

決勝戦

  • 岡朱里 (目黒日大通信) 0 ー 5 山口瑠 (興國)

男子 バンタム級

1回戦

  • 藤輝来 (京都すばる) 5 ー 0 神田輝大 (札幌創成) 
  • 岡本陽和太 (能登川) RSC 阿部一力 (武相) 
  • 武藤涼太 (中京) 5 ー 0 後藤海晴 (大分工業) 
  • 石山朋毅 (山形南) RSC 鈴木勇人 (とわの森三愛) 
  • 久野雷嚴 (崇徳) 0 ー 5 川口大空 (新田)

2回戦

  • 坂井優太 (西宮香風) 5 ー 0 齊藤輝来 (京都すばる) 
  • 阿部一力 (武相) 1 ー 4 武藤涼太 (中京) 
  • 山本愛翔 (金沢学院大附) 0 ー 5 石山朋毅 (山形南) 
  • 川口大空 (新田) 0 ー 5 謝花海光 (日章学園)

準決勝戦

  • 坂井優太 (西宮香風) 5 ー 0 武藤涼太 (中京) 
  • 石山朋毅 (山形南) 1 ー 4 謝花海光 (日章学園)

決勝戦

  • 坂井優太 (西宮香風) 5 ー 0 謝花海光 (日章学園)

男子 ライト級

1回戦

  • 藤田葵夢 (飛龍) 0 ー 4 岡﨑翔 (武相) 
  • 鎌田士竜 (習志野) 0 ー 5 佐久本祥吏 (日章学園)

2回戦

  • 宮崎栞 (崇徳) 4 ー 1 岡﨑翔 (武相) 
  • 秋元啓介 (青森山田) 5 ー 0 新田晃生 (石川県工) 
  • 川上真生 (札幌創成) 0 ー 5 中村斗紀 (朱雀) 
  • 佐久本祥吏 (日章学園) 4 ー 1 奥村将真 (興國)

準決勝戦

  • 宮崎栞 (崇徳) 1 ー 4 秋元啓介 (青森山田) 
  • 中村斗紀 (朱雀) 1 ー 4 佐久本 祥吏 (日章学園)

決勝戦

  • 秋元啓介 (青森山田) 5 ー 0 佐久本祥吏 (日章学園)

男子 ライトウェルター級

1回戦

  • 大原英斗 (興國) 5 ー 0 上村聖太 (東海大付熊本星翔) 
  • 桐越舜 (札幌工業) 3 ー 2 本間銀次郎 (札幌工業) 
  • 菊田潮 (宮城県農業) 0 ー 5 吉住将丈 (日章学園) 
  • 中元成稀 (広陵) 0 ー 5 木場海星 (名古屋工学院専門学校課程)

2回戦

  • 六井和 (開志学園) 2 ー 3 大原英斗 (興國) 
  • 桐越舜 (札幌工業) 5 ー 0 山田幸多 (王寺工業) 
  • 井上颯 (太田東) 0 ー 5 吉住将丈 (日章学園) 
  • 木場海星 (名古屋工学院専門高等課程) 3 ー 2 勝又俊 (武相)

準決勝戦

  • 大原英斗 (興國) 4 ー 1 桐越舜 (札幌工業) 
  • 吉住将丈 (日章学園) 5 ー 0 木場海星 (名古屋工学院専門高等課程)

決勝戦

  • 大原英斗 (興國) 0 ー 5 吉住将丈 (日章学園)

男子 ウェルター級

1回戦

  • 若松青獅 (新田) ABD 荒木陽仁 (市立函館) 
  • 渡辺有生 (岐阜工業) RSC 浜田実來 (弘前工業)

2回戦

  • 梶野翔太 (興國) 5 ー 0 荒木陽仁 (市立函館) 
  • 西久保匠 (武相) RSC-I 川村萌斗 (開志学園) 
  • 村中滉希 (山口農業) RSC 荻野照平 (札幌工業) 
  • 浜田実來 (弘前工業) 3 ー 2 内田貞助 (日章学園)

準決勝戦

  • 梶野翔太 (興國) 0 ー 5 川村萌斗 (開志学園) 
  • 荻野照平 (札幌工業) 2 ー 3 浜田実來 (弘前工業)

決勝戦

  • 川村萌斗 (開志学園) RSC 浜田実來 (弘前工業)

男子 ミドル級

1回戦

  • 川渕一統 (興國) RSC 宮本弘大 (日章学園) 
  • 鎌田樹瑛流 (青森山田) RSC 頓京正悟 (名古屋工学院専門課程) 
  • 川端響喜 (米子) 5 ー 0 齊藤総眞 (開志学園)

準決勝戦

  • 市村奏太 (作新学院) RSC 川渕一統 (興國) 
  • 頓京正悟 (名古屋工学院専門課程) 2 ー 3 川端響喜 (米子)

決勝戦

  • 川渕 一統 (興國) RSC 川端 響喜 (米子)

ボクシング 最終結果

それでは、最後にボートの最終結果を確認しておきましょう。

【2021‐22 高校選抜 ボクシング】

【男子】

  • ピン級 優勝:定廣 征季 (京都廣学館)
  • ライトフライ級 優勝:伊藤 千飛 (興國)
  • フライ級 優勝:山口 瑠 (興國)
  • バンタム級 優勝:坂井 優太 (西宮香風)
  • ライト級 優勝:秋元啓介 (青森山田)
  • ライトウエルター級 優勝:吉住 将丈 (日章学園)
  • ウェルター級 優勝:川村 萌斗 (開志学園)
  • ミドル級 優勝:川渕 一統 (興國)

まとめ

今回は、2年生がメインとなり初の全国大会でもある 全 全国高校ボクシング選抜大会について見てきました、今後のインターハイや国体などとともに非常に注目されること間違いないでしょう。

女子の結果は下記にてご確認できますので是非ともご確認ください。

結果速報│高校選抜 ボクシング2021-22(女子)

高校生たちの熱い戦いに今後も注目していきましょう。

高校選抜大会2021-22は全国各地で開催されています、各競技の詳細の記事もあります、詳しくチェックできますので是非ともご覧ください。

この先も選手のみなさんには頑張っていただきたいです、応援していきましょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿できるように努力いたしますので、今後とも何卒宜しくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました