木原美悠(卓球)の出身中学や高校、wiki風プロフ、プレースタイルについてまとめ

木原美悠 卓球卓球
スポンサーリンク

今回は、全日本卓球2021(全日本卓球選手権2021)で優勝の期待が掛かる木原美悠選手、次の時代を担う選手として注目を集めています。

そんな木原美悠選手のプレースタイルを中心にプロフィールをまとめていきたいと思います。

木原美悠選手の出身、出身中学校は

木原美悠選手は、兵庫県明石市出身で小学校までは明石市の小学校に通っていたようです、この時すでに卓球選手としての才能や将来性の高さを評価され東京のJOCエントリーアカデミーに入るために東京へ上京するようになりました。

このJOCエントリーアカデミーに所属する選手は、基本的に東京都北区にある北区立稲村中学校に通うことになります。

そのことから、木原美悠選手の出身と出身中学校、高校となると

出身:兵庫県明石市

出身中学:稲村中学校

出身高校:星槎高校(在学)

日本一になる選手、世界を相手にする選手は中学時代から親元離れて英才教育を受けることを一流選手では多くありますが、木原美悠選手もまさしくそのような環境で成長し、若くして日本のトップクラスの成績を収めることになったのでしょう。

木原美悠選手のプロフィール

ではここで木原美悠選手のプロフィールを見ていきましょう。

木原 美悠(きはら みゆう)

生年月日:2004年8月3日

出身:兵庫県明石市

身長:164cm 右利き

世界ランク最高位:49位(2020年2月)

世界ランク現在位:53位(2020年3月)

所属:JOCエントリーアカデミー

木原美悠選手は卓球一家

木原美悠選手のお父さんは元卓球選手、卓球教室「ALL STAR」を経営者及び指導者(コーチ)になります。

木原美悠選手にはお姉さんとお兄さんがいるようで、二人ともに卓球選手のようです、卓球をする環境が揃っていることから当然ながら卓球選手の道に進むことになったのではないでしょうか。

そのお兄さんは現在卓球コーチ、そして弟もいるようです。

将来に期待したいですね。

木原美悠選手のプレースタイル

木原選手は右シェーク異質攻撃型と言われる非常に攻撃的な選手です。

多彩なサーブを多用します、キレ巻き込みサーブでは相手選手の多くがミスをしてしまい、しゃがみこんで打ち込むサーブ、福原愛選手で有名なった王子サーブなどを放ち得点を重ねていきます。

また、攻撃的なスタイルが一番わかることと言えば全く下がってプレーすることはありません、サーブのコール取りとコントロールが素晴らしいことからこのスタイルで先手先手と試合を展開していきます。

木原美悠|2019/2020全日本卓球Special Highlight

また、身長も卓球女子選手の中でも高く、その身長、リーチの長さから強烈なフォアハンドのスマッシュを繰り出すことができます。

まだまだ若くこれからな選手だけあり、この攻撃的なスタイルは見ている側にとっては気持ちが良く、今後もこのスタイルで世界で活躍してもらいたいですね。

巻き込みサーブとは

木原美悠選手が得意とする巻き込みサーブとは何か調べてみました。

手首を内側に巻き込むようにして逆横回転をかけるサーブのこと。相手の読みを撹乱するようなフェイクモーションを加えやすく、上回転か、下回転かが非常に判断しづらく、レシーブが難しいサーブ。近年では伊藤美誠や平野美宇など日本女子トップ選手他、水谷隼も時折使用する。

rallys.onlineより
【卓球用語集#1】巻き込みサーブ

木原美悠選手の戦歴

木原美悠選手が一躍有名になったのが2019年1月に行われた全日本選手権になります。

当時中学生の木原美悠選手、14歳5か月ながら決勝に進み準優勝の結果を残しました、5回戦で世界でも活躍している平野美宇選手に勝利、準決勝では森さくら選手を4-2が倒し決勝まで勝ち進みます、最年少優勝の期待が掛かった決勝の相手は前年の女王伊藤美誠選手、善戦しますが残念ながらの準優勝。

しかしながら木原美悠選手はこの大会で一躍日本のトップの選手との地位を確立したのではないでしょうか。

木原美悠選手│国内大会の成績

ここで、木原選手の国内大会の成績をまとめてみましょう。

【2011年】
全日本卓球選手権大会 バンビの部(小学2年生以下):優勝
【2012年】
全日本卓球選手権大会 バンビの部:優勝
【2014年】
全日本卓球選手権大会 カブの部(小学4年生以下):優勝
【2015年】
全日本卓球選手権大会 カデットの部(13歳以下):優勝
【2016年】
全国ホープス選抜卓球大会:優勝
全日本卓球選手権大会 ホープスの部(小学6年以下):優勝
【2017年】
全国ホープス選抜卓球大会:準優勝
全国中学校卓球大会 シングルス:優勝
【2019年】
全日本卓球選手権大会 シングルス:準優勝

*木原美悠Wikipediaより

木原美悠選手│国際大会の成績

オーストリアOP|女子ダブルス 表彰式 優勝:木原美悠/長﨑美柚 準優勝:陳思羽/鄭先知

木原選手の国内大会の成績をまとめてみましょう。

【2014年】
Jrサーキット・チャイニーズタイペイ&カデットオープン カデット女子団体:優勝
【2015年】
Jrサーキット・イタリアジュニア&カデットオープン
Jr女子団体:優勝
カデット女子シングルス:準優勝
Jr女子ダブルス:準優勝(長﨑ペア)
【2016年】
Jrサーキット・イタリアジュニア&カデットオープン
カデット女子シングルス:優勝
Jr女子団体:準優勝
Jr女子シングルス:準優勝
Jrサーキット・香港ジュニア&カデットオープン
カデット女子シングルス:優勝
ワールドカデットチャレンジ シングルス:優勝
【2017年】
ジャパンオープン萩村杯(U21):準優勝
アジアJr卓球選手権大会 Jr女子団体:準優勝
Jrサーキット・香港ジュニア&カデットオープン
Jr女子ダブルス:優勝(長﨑美柚ペア)、
Jr女子ダブルス:Jr女子団体:準優勝
世界Jr選手権 女子団体:準優勝、
世界Jr選手権ダブルス:ベスト4(木村ペア)
【2018年】
スロベニアオープン ダブルス:準優勝(長﨑ペア)
【2019年】
スロベニアオープン ダブルス:優勝(長﨑ペア)
クロアチアオープン シングルス:優勝
クロアチアオープンダブルス:優勝(長﨑ペア)
ドイツオープン・女子ダブルス準優勝(長﨑美柚ペア)
オーストリアオープン・女子ダブルス優勝(長﨑美柚ペア)
世界Jr卓球選手権大会・混合ダブルス(宇田幸矢ペア)
世界Jr卓球選手権大会・女子ダブルス優勝(長﨑ペア)
ワールドツアーグランドファイナル・女子ダブルス優勝(長﨑ペア)

*木原美悠Wikipediaより

まとめ

ここまで、木原美悠選手の出身中学や高校、プロフィールとプレースタイルを見てきました、戦歴も合わせて紹介しましたが、まだ若いのに凄い実績ばかりで驚きます。

これからの日本女子卓球界の将来を担う有望選手だけに今後の国内や世界での戦い方や結果など非常に注目されるでしょう。

今後の木原美悠選手の活躍に期待し応援していきたいですね。

木原選手頑張って下さい、みなさん応援していきましょう。

また、全日本卓球2021についてはこちらの記事で詳しくチェックできますので是非ともご覧ください。

【卓球】全日本卓球2021│女子注目選手と優勝予想まとめ,(全日本選手権)

【卓球】全日本卓球2021│男子注目選手と優勝予想まとめ,(全日本卓球選手権)

【卓球】全日本卓球2021│全日本選手権2021男女組合せと日程,出場選手一覧まとめ

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました