柳ヶ浦 高校サッカー選手権2023-24大分県代表選手一覧と県予選のまとめ

高校サッカー選手権
スポンサーリンク

今回は、高校サッカーの高校サッカー選手権2023-24徳島県代表として出場し注目される柳ヶ浦について見ていきたいと思います。

高校サッカー界で最も注目されるのがこの高校サッカー選手権です、出場を決めた各都道府県代表校をしっかりと注目していきましょう。

また高校サッカー選手権の詳細や、結果速報については下記の記事にて更新していきますので、是非ともチェックしてください。

結果速報│全国高校サッカー選手権2023-24

全国高校サッカー2023出場校一覧、歴代優勝校

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高校サッカー選手権2023 大会詳細

それでは2023年の高校サッカー選手権の大会詳細を確認しておきましょう。

第102回全国高校サッカー選手権大会

開催期間:2023年12月28日(木)~2024年1月8日(月祝)

開催地:関東地方

会場:

出場校:〇〇チーム

競技方法:トーナメント方式

柳ヶ浦 選手一覧

それでは【柳ヶ浦】の選手一覧を確認しておきましょう。

*わかり次第更新していきます。

【高校サッカー選手権2023 柳ヶ浦】

NOP選手名学年前所属
1GK濱本 彪駕3年PLEASURE SC U-15
12GK杉田 凱風3年ギラヴァンツ北九州U-15
25GK湯浅 諒2年ヴェルスパ大分U-15
2DF中川 喜之輔3年TONAKAI FC U-15
3DF冨着 瑠惟2年沖縄SV U-15
4DF木塚 武3年PLEASURE SC U-15
5DF外園 優心2年スマイス・セレソン
6DF下地 里旺3年FC琉球U-15
15DF冨康 真樹2年サガン鳥栖U-15唐津
16DF椎橋 風仁3年ルーヴェン福岡FC
19DF篠崎 晟哉3年春日南中学
22DF宮地 飛斗3年PLEASURE SC U-15
26DF芹田 幸季3年PLEASURE SC U-15
28DF松本 翔汰3年仲津中学
7MF池田 琉生3年犀川中学
8MF安里 皇2年沖縄SV U-15
10MF橋本 琉唯3年FC Livent
13MF小村 力明3年FCアテナ福岡
14MF新谷 敏希3年ルーヴェン福岡FC
17MF城 拓斗2年福岡BUDDY FC U-15
18MF堀内 惟良1年カメリアスポーツクラブFC CAMELLIA
20MF大塚 一斗2年FC Livent
24MF前川 柊太2年FC LIBERTA
29MF安部 響2年大分トリニータU-15宇佐
30MF松浦 政宗2年Beetle Sports Club
9FW安里 耀3年宮里中学
11FW曽根 虎大郎3年小倉南FCジュニアユース
21FW八尋 馳2年新津中学
23FW徳丸 亜色夢2年大分トリニータU-15宇佐
27FW佐々木 凰我3年PAZDURO
JFA.jpより

大分県予選 結果2023

ここでは、柳ヶ浦が優勝した大分県予選の結果を確認しておきましょう。

  •   2回戦:柳ヶ浦 7ー0 日田
  •   3回戦:柳ヶ浦 2ー1 大分工業
  • 準々決勝戦:柳ヶ浦 10ー0 日田林工
  •  準決勝戦:柳ヶ浦 3ー2 大分鶴崎
  •   決勝戦:柳ヶ浦 2ー1 大分

大分予選の詳細はこちらになります→大分県予選

高校サッカー選手権2023出場校まとめ

それでは、最後に高校サッカー選手権2023出場校をまとめておきましょう。

高校名をクリックすると、その高校の詳細ページへ移動しますので是非ともご覧ください。

(県名からはその県の予選詳細ページに移動します)

【2023高校サッカー選手権出場校】

都道府県代 表 校出 場 回 数
北海道北海3年連続13回目
青森県青森山田27年連続29回目
岩手県遠野3年ぶり30回目
秋田県明桜2年連続6回目
山形県山形明正初出場
宮城県仙台育英2年ぶり37回目
福島県尚志3年連続14回目
茨城県明秀日立4年ぶり5回目
栃木県矢板中央2年ぶり13回目
群馬県前橋育英3年連続26回目
埼玉県昌平2年連続6回目
千葉県市立船橋3年ぶり24回目
東京都早稲田実
堀越
初出場
2年ぶり5回目
神奈川県日大藤沢2年連続7回目
山梨県帝京第三8年ぶり11回目
新潟県帝京長岡2年ぶり10回目
富山県富山第一9年連続34回目
石川県星稜4年連続32回目
福井県丸岡6年連続34回目
長野県松本国際2年連続6回目
静岡県静岡学園2年ぶり14回目
愛知県名古屋初出場
岐阜県帝京可児5年連続10回目
三重県四日市中央工4年ぶり35回目
滋賀県近江2年ぶり3回目
京都府京都橘3年連続10回目
大阪府東海大仰星7年ぶり6回目
兵庫県神戸弘陵3年ぶり12回目
奈良県奈良育英3年連続12回目
和歌山県初芝橋本3年ぶり17回目
鳥取県米子北14年連続19回目
島根県立正大淞南2年連続20回目
岡山県岡山学芸館3年連続6回目
広島県広島国際学院初出場
山口県高川学園5年連続29回目
徳島県徳島市立2年連続20回目
香川県大手前高松3年ぶり3回目
愛媛県今治東2年ぶり3回目
高知県明徳義塾3年ぶり9回目
福岡県飯塚2年連続2回目
佐賀県佐賀東2年ぶり13回目
長崎県長崎総科大附2年ぶり9回目
熊本県大津3年連続20回目
大分県柳ヶ浦18年ぶり2回目
宮崎県日章学園2年連続17回目
鹿児島県神村学園7年連続11回目
沖縄県名護初出場

まとめ

今回は、高校サッカー選手権2023-24での活躍が大いに期待されます大分県代表である柳ヶ浦について見ていきました。

全国の舞台で柳ヶ浦高校の戦いや活躍注目していきます。

開催が待ち遠しい高校サッカー選手権2022の各県の代表校の活躍に大いに期待していきましょう。

頑張っていただきたいです、応援していきましょう。

選手の皆さん頑張ってください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました