『餃子の王将』の餃子はなぜ安定して旨いのか?焼き方は?徹底解明

グルメ
スポンサーリンク

いわずと知れた「餃子の王将」リーズナブルな価格でファミリー中華が食べられるお店として全国各地に展開いされております。

一人で食べに行けるのでもよし、家族や友人と行くのでも良いでしょう。

また、お店や地域ごとに違う限定メニューやセットメニューなど店舗により違いがあり、初めていく「餃子の王将」は新しい発見があります。

そんな「餃子の王将」の看板メニューと言ったら当然ながら餃子です。

その餃子ついて調べていきたいと思います。

餃子の王将とは

まず簡単に餃子の王将について確認したいと思います。

売上高、店舗数などを見る限り大企業であることは間違えありません。

概要

1967年創業~   現在の店舗数は日本全国(海外2店舗)で729店舗(2019年3月)

売上高

816億38百万円(2019年3月31日現在)

従業員

2,209名(2019年3月31日現在)

餃子の王将の餃子とは

1年間に7億個以上も食されているという王将の餃子、

王将に行けば手軽に1人前を頼んでします方も多いと思います。

餃子の概要

1人前6個入り240円(税別)

テイクアウト有り  にんにく無し餃子あり ジャストメニュー0.5人前有り

餃子の材料

豚肉、キャベツ、ニラ、にんにく、生姜、小麦粉

にんにくは青森県産

にんにくは越冬作物で6月に収穫されます。

皮の小麦粉は北海道産

他の全ての食材もすべて国産にこだわって作られているようです。

餃子はどこで作られるの?

以前は店舗ごとに餃子を包んでいましたが、現在では全て国内の自社工場で加工され冷凍されることもなく各店舗へ届けられています。


店舗で焼き方

王将特製の鉄板でパリっと焼き上げてあります。

片面だけを焼いて水を入れて蒸すという調理方法です。

餃子の特徴は

「別に特別なことは何ひとつない」というのが特徴と言ってよいでしょう。

自宅で王将の餃子を美味しく焼く方法

フライパンを熱して一度火を止めてから焼くなど公式の焼き方があるとのことで、詳しく調べました下記の動画がありましてので、是非とも参考にしてください。

URLを下記に貼っておきます


【餃子の王将公式レシピ】餃子の焼き方:フライパン編 ※English subtitles.~餃子を美味しく、餃子の王将~

裏メニュー

全ての店舗で可能かはわかりませんが、餃子の王将では餃子の焼き方で裏メニューというのがあります、 通常は片面のみパリっとしているのですが、両方パリっとしている方がいいという方は 、 「両面焼き」と注文時に頼めばできるようです。

また、よりいっそう焼目が付き少し焦げるぐらいが希望の方は 「よく焼きでお願いします」 と頼むことも可能の様です。

一度お好みで頼んでみても良いでしょう。

餃子の王将のCM 餃子1日100万個 食は万里を超える

私の住んでいる東海地方には1980年~1990年代に餃子の王将のCMが流れていました、そのフレーズが話題で小学生や中学生が良くマネをしました、ご存じの方がいたら嬉しいです。

ちなみにこんなフレーズでした

豚肉1日7千キロ,鶏肉1日3千キロ,生卵1日5万個

キャベツ日2万個,玉葱1日3万個,餃子1日百万個

食盛況にして万里を超越える,餃子の王将

その動画ありました↓

CM 餃子の王将 30秒版


まとめ

大きな羽があるわけでも無く、こぼれるほどの肉汁が飛び出てくるわけでもありませんが、ほどよい油らっ濃さとパリッとした皮、たっぷりと詰まった具といった日本の餃子がまさにこれ王将の餃子と言っても良いでしょう。
とにかく安価なので2~3人前も食べれる時もあります。

私の地域ではありまえんが、餃子の王将の食べ放題などもあるようです、日本人が手軽に餃子を食べれるようになったのは餃子の王将が全国に進出したのも大きいと言っても良いでしょうか。

早速、餃子が食べたくなってきました、では餃子を食べに行きましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました