明治神宮野球大会2022組合せや大会詳細、歴代優勝校まとめ

野球大学野球
スポンサーリンク

今回は、2022年11月18日(金)~11月23日(水) にて開催される明治神宮野球大会について見ていきたいと思います。

高校の部と大学の部が開催され各地区の代表校が頂点を目指してた熱い戦いが開催されます。

それでは明治神宮野球大会2022についての大会詳細や組合せ、また歴代優勝校を獲得しておきましょう。

また、大会開催期間中の結果速報は下記に記事にて更新していきますので是非ともご覧ください。

明治神宮野球2022【高校の部】結果速報 や組合せのまとめ

明治神宮野球2022【大学の部】結果速報や組合せのまとめ

明治神宮野球大会2022の大会詳細

それでは、明治神宮野球大会2022の詳細を確認しておきましょう。

明治天皇御生誕百七十年記念

第五十三回明治神宮野球大会

第53回 明治神宮野球大会2022

日程: 2022年11月18日(金)~11月23日(水)

出場校

高校の部 10校

大学の部 11校 

開催地:東京都

会場: 神宮球場

試合形式:トーナメント方式。

明治神宮野球大会2022の出場大学

それでは、高校の部、大学の部の出場校を確認しておきましょう。

高校の部 出場高校 10校

  地 区高校名回数
北海道地区クラーク記念国際   2年連続2回目
東北地区仙台育英学園高校3年ぶり8回目
関東地区山梨学院高校初出場
東京地区東海大菅生高校8年ぶり3回目
北信越地区北陸高校初出場
東海地区東邦高校4年ぶり3回目
近畿地区大阪桐蔭高校2年連続5回目
中国地区広陵高校2年連続6回目
四国地区英明高校8年ぶり2回目
九州地区沖縄尚学高校9年ぶり3回目

大学の部 出場高校 11校

 連盟  大学名
北海道二連盟東京農業大北海道オホーツク2年連続4回目
東北三連盟仙台大学2年連続2回目
東京六大学野球連盟明治大学6年ぶり14回目
東都大学野球連盟國學院大学2年連続3回目
関東五連盟上武大学6年ぶり9回目
国際武道大学10年ぶり8回目
北陸東海三連盟名城大学5年ぶり8回目
関西五連盟大阪商業大学3年ぶり6回目
関西大学3年ぶり8回目
四国中国三連盟環太平洋大学4年ぶり6回目
九州三連盟九州共立大学4年ぶり10回目

明治神宮野球大会2022 の組合せトーナメント

それでは、大会のトーナメントを確認しておきましょう。

高校の部 トーナメント

高校の部→高校組合せ

大学の部 トーナメント

大学の部→大学組合せ

明治神宮野球大会2022の結果速報

結果速報や日程については下記の記事にて更新していきます。

明治神宮野球2022【高校の部】結果速報 や組合せのまとめ

明治神宮野球2022【大学の部】結果速報や組合せのまとめ

明治神宮野球大会の歴代優勝校

それでは、長い歴史の中での歴代優勝校と準優勝校を確認しておきましょう。

大学の部 歴代優勝校準優勝校一覧

回数西暦優勝大学 準優勝大学
1回1970年東海大学中京大学
2回1971年日本大学亜細亜大学
3回1972年関西大学法政大学
4回1973年駒澤大学同志社大学
5回1974年中央大学法政大学
6回1975年明治大学駒澤大学
7回1976年法政大学早稲田大学
8回1977年法政大学東海大学
9回1978年同志社大学東洋大学
10回1979年明治大学名城大学
11回1980年日本体育大学亜細亜大学
12回1981年法政大学専修大学
13回1982年東海大学大阪商業大学
14回1983年東海大学駒澤大学
15回1984年駒澤大学近畿大工
16回1985年慶應義塾大学愛知工業大
17回1986年愛知工業大駒澤大学
18回1987年筑波大学法政大学
19回1988年中止中止
20回1989年近畿大学立教大学
21回1990年同志社大学立教大学
22回1991年愛知学院大学流通経済大学
23回1992年慶應義塾大学東海大学
24回1993年駒澤大学早稲田大学
25回1994年東亜大学青山学院大学
26回1995年明治大学青山学院大学
27回1996年明治大学東北福祉大学
28回1997年近畿大学法政大学
29回1998年亜細亜大学東北福祉大学
30回1999年九州共立大学東海大学
31回2000年慶應義塾大学東海大学
32回2001年駒澤大学城西大学
33回2002年亜細亜大学東北福祉大学
34回2003年東亜大学神奈川大学
35回2004年東亜大学慶応義塾大学
36回2005年九州産業大学東北福祉大学
37回2006年亜細亜大学早稲田大学
38回2007年東洋大学早稲田大学
39回2008年東洋大学東北福祉大学
40回2009年立正大学上武大学
41回2010年早稲田大学東海大学
42回2011年明治大学愛知学院大学
43回2012年桐蔭横浜大学法政大学
44回2013年亜細亜大学明治大学
45回2014年駒澤大学明治大学
46回2015年亜細亜大学早稲田大学
47回2016年明治大学桜美林大学
48回2017年日本体育大学星槎道都大学
49回2018年立正大学環太平洋大学
50回2019年慶應義塾大学関西大学
51回2020年中止中止
52回2021年中央学院大学 慶應義塾大学 
53回2022年

高校の部 歴代優勝校準優勝校一覧

回数西暦優勝校準優勝校
4回1973年若狭(北信越)平安(近畿)
5回1974年福井商(北信越)日大山形(東北)
6回1975年徳島商(四国)自動車工(中部)
7回1976年早稲田実(東京)大田(中国)
8回1977年東北(東北)高知商(四国)
9回1978年柳川商(九州)市神港(近畿)
10回1979年東海大三(北信越)鳴門(四国)
11回1980年星稜(北信越)早稲田実(東京)
12回1981年明徳(四国)大府(中部)
13回1982年東北(東北)尽誠学園(四国)
14回1983年岩倉(東京)京都商(近畿)
15回1984年国学院久我山(東京)松商学園(北信越)
16回1985年松商学園(北信越)帝京(東京)
17回1986年帝京(東京)愛知(東海)
18回1987年堀越(東京)明石(近畿)
19回1988年中止中止
20回1989年東北(東北)帝京(東京)
21回1990年国士舘(東京)木本(東海)
22回1991年星稜(北信越)帝京(東京)
23回1992年世田谷学園(東京)東海大相模(関東)
24回1993年東北(東北)拓大一(東京)
25回1994年創価(東京)星稜(北信越)
26回1995年帝京(東京)福井商(北信越)
27回1996年上宮(近畿)春日部共栄(関東)
28回1997年横浜(関東)沖縄水産(九州)
29回1998年日南学園(九州)日大三(東京)
30回1999年四日市工(東海)敦賀気比(北信越)
31回2000年東福岡(九州)尽誠学園(四国)
32回2001年報徳学園(近畿)関西(中国)
33回2002年中京(東海)延岡学園(九州)
34回2003年愛工大名電(東海)大阪桐蔭(近畿)
35回2004年柳ヶ浦(九州)愛工大名電(東海)
36回2005年駒大苫小牧(北海道)関西(中国)
37回2006年高知(四国)報徳学園(近畿)
38回2007年常葉菊川(東海)横浜(関東・神奈川)
39回2008年慶応(関東)天理(近畿)
40回2009年大垣日大(東海)東海大相模(関東)
41回2010年日大三(東京)鹿児島実(九州)
42回2011年光星学院(東北)愛工大名電(東海)
43回2012年仙台育英(東北)関西(中国)
44回2013年沖縄尚学(九州)日本文理(北信越)
45回2014年仙台育英(東北)浦和学院(関東)
46回2015年高松商(四国)敦賀気比(北信越)
47回2016年履正社(近畿)早稲田実(東京)
48回2017年明徳義塾(四国)創成館(九州)
49回2018年札幌大谷(北海道)星稜(北信越)
50回2019年中京大中京(東海)健大高崎(関東)
51回2020年中止中止
52回2021年大阪桐蔭 (近畿)広陵 (中国)
53回2022年

まとめ

今回は、明治神宮野球大会について見てきました。

全国の大学,高校が日本一を目指して戦う注目される大会になります、長い歴史もあり今後の大学、高校野球の発展にもつながる大会であることは間違いありません。

そんな 明治神宮野球大会2022に注目していきましょう。

選手に皆さん頑張って下さい、応援していきましょう。

今回は最後までご覧くださいりありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました