バレーボール選手の足のサイズってどれくらい?やっぱり身長が高いと足も大きいの?

バレーボール
スポンサーリンク

今日は今回は足のサイズについて調べてみました。

バレーボール選手は身長が高いので足は大きいのか?

足がおおきければ、身長が伸びるのか?

身体が大きければ足が大きいのか?

それではチェックしていきます。

バレーボール選手の足のサイズって

現在の全日本男子バレーボール選手の足のサイズについてですが、バレーボール選手と言えば身長が大きいのが一番の武器になります。

今一番身長が高い選手は、身長204cm山内晶大選手佐藤駿一郎選手の2名が最長身の選手です。

山内選手は、既に全日本に定着しミドルブロッカーとして活躍している選手ですが、佐藤駿一郎は、東海大学所属の大学生です。

しかしながら、佐藤駿一郎選手は2020年の全日本メンバー入りし将来有望な若手選手です。

ではこの二人の足のサイズはと言いますと

山内晶大選手  30cm

佐藤駿一郎選手 34cm

twitter.com/より

この通り、かなりのサイズです、特に佐藤選手の34cmは同じ身長の山内選手と比べても飛びぬけた大きさですね。驚きです!!

現全日本メンバーの足のサイズは

2020年のバレーボール全日本男子の主力選手の足の大きさを、まとめてみました。

身長もわかりやすいように記載してあります。

名前身長足のサイズ
山内 晶大選手208cm30cm
佐藤 駿一郎選手208cm34cm
小野寺 太志選手201cm31cm
大竹 壱青選手201cm30cm
高橋 健太郎選手201cm31cm
清水 邦広選手193cm30cm
石川 祐希選手191cm29.5cm
福澤 達哉選手189cm28cm
西田 有志選手186cm28cm

このようにみると身長に比例していますね。

YUKI ISHIKAWA / 石川祐希 / WC 2019

ちなにですが、日本人の足のサイズの平均は

日本人男子の平均 25.5cm

身体が大きい人は足のサイズも大きい

よく、子供のことに足のサイズが大きい子は身長が伸び大きくなると言いますよね。

身体が大きくなれば当然足も大きくなることでしょう、なので身長が高い人は当然ながら足のサイズも大きくなるのでしょう。

また、身長が200cmあるのに足のサイズが24cmですとバランスがおかしくなりますよね、逆に身長160cmの人の足のサイズが30cmもあればこれもまた、おかしなバランスになるでしょう。

こように人間は身体の大きさにあったバランスの足のサイズのなってるのではないでしょうか。

バレーボール選手は足が大きいほど有利?

バレーボール選手に関して足が大きくて有利なことも不利なことも、どちらでもないでしょう。

しかしながら、さきほど述べたようにバランスです。

身長にあった足のサイズの方が、ジャンプするときの踏み込みや、一瞬の動作に関しては身体のバランスは重要になります。

身長や足のサイズは鍛えても大きくなりませんので、自分がどれだけそのことを武器にすることができるかになります。

足のサイズが大きいスポーツ選手

足のサイズが大きい有名スポーツ選手は、

チェホンマン  218cm 38cm

八村塁 206cm 34cm

イアン・ソープ 195cm 35cm

ボブ・サップ 200cm 39cm

どの選手も規格外ですね、身長が大きく身体が大きい人は足がデカイってことですね。

まとめ

今回はバレーボール全日本男子を中心に、身長が高い人は足のサイズが大きいについてチェックしていきました。

身体のバランスのことが一番にありますので、当然ながら身体や身長が大きい人は足のサイズも大きいことは間違いないでしょう。(例外もあるでしょうが)

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました