バレーボールVリーグ入れ替え戦2020-21│結果速報と詳細まとめ

バレーボールバレーボール
スポンサーリンク

今回は5月4日と5日に行われるバレーボールVリーグの入れ替え戦(チャレンジマッチ)についてみていきたいと思います。

V1リーグの下位チームとV2リーグの上位チームによる入れ替え戦が行われます、かたやV1残留を掛けた戦い、かたやV2からV1へ昇格を掛けた戦いが繰り広げられます。

今回は、そんなVリーグ入れ替え戦の結果速報と詳細をまとめてお届けいたします。

また、V2優勝の富士通が入れ替え戦(チェレンジマッチ)への出場ができないのか?も合わせて説明致します。

Vリーグ入替戦(チャレンジマッチ)出場チーム

それではVリーグの入れ替え戦についてみていきましょう。

参加チーム

【V1リーグ】

10位 大分三好ヴァイセアドラー

Vリーグ公式HPより

大分三好ヴァイセアドラー 成績

Vリーグ2020‐2021 V1

36戦3勝33敗(10位)

12ポイント 勝率:0.08

【V2リーグ】

2位 ヴォレアス北海道

Vリーグ公式HPより

ヴォレアス北海道 成績

Vリーグ2020‐2021 V2

18戦15勝3敗(2位)

45ポイント 勝率:0.83

V2リーグ2位が入替戦へ出場する理由

ここで、少し不思議に思われたのではないでしょうか、今回の入れ替え戦への出場をするのはV2リーグの2位のヴォレアス北海道、なぜ2位のチームが出場すのでしょうか?

ちなみにV2リーグの優勝は富士通カワサキレッドスピリッツです、成績はなんと無敗の全勝にてV2リーグを制しました。(新型コロナウィルスの為途中打ち切り)

理由

それでは、富士通カワサキレッドスピリッツが入替戦に出場できない理由はVリーグのライセンス制度にあります。

VリーグにはS3,S2,S1のライセンスがあります。

簡単に言いますとVリーグに参加するには最低S3ライセンス取得が必要、V2リーグに参加するにはS2ライセンスが必要になります。そしてV1リーグに参加の条件にはS1ライセンスが必要になります。

その理由から富士通カワサキレッドスピリッツはチームとしてS1ライセンスを取得しておらず、V2リーグで全勝優勝を果たしましたが、残念ながらV1リーグへの挑戦はできないことになります。

ライセンス基準とは

それでは、簡単にライセンスの基準を確認しておきましょう。

S3ライセンス

  • コーチライセンス保持の監督の在任。
  • チーム名称・ロゴの商法登録。
  • 行政のバッグアップ。
  • ファンクラブ設立。
  • 保有選手12名以上。
  • 専任フロントスタッフの在任。

S2ライセンス

  • S3ライセンスの全条件
  • ジュニアチームの保有あるいはジュニア育成教室開催。
  • 練習用体育館の確保。
  • チームマスコット。
  • 保有選手14名以上。
  • 専任現場スタッフの在任。

S1ライセンス

  • S2ライセンスの全条件
  • 上級コーチライセンス保持の監督の在任。

入替戦(チャレンジマッチ)の競技方法

入替戦(チャレンジマッチ)の競技方法を確認していきましょう。

会場:三重サンアリーナ

無観客にて開催になります。

2試合方式にて開催し上位チームがV1昇格

2試合ともに5セットマッチ

2試合の勝敗が同じ場合は、ポイントにて勝敗を決する

ポイントの条件は

  • 「3-0」もしくは「3-1」での勝利→3点
  • 「3-2」での勝利→2点
  • 「2-3」での敗戦→2点
  • 「0-3」もしくは「1-3」での敗戦→0点

結果速報

それでは、結果を速報にてお届けしましょう

5月4日(火)

大分三好 3 – 0 北海道

チーム名set数1set2set3set4set5set
大分三好3252525
北海道0222023

5月5日(水)

大分三好 3 – 0 北海道

チーム名set数1set2set3set4set5set
大分三好22014252713
北海道32525192515

V1リーグ昇格チーム

2試合の対戦成績では1勝1敗で五分の結果になりましたが、今回はポイント制です。

初戦に大分三好が3-0のストレートで勝利したためにポイント「3」、二日目は接戦となり北海道が3-2と勝利ましたが、フルセットでしょ勝利となりましたのでポイントは「2」この時点で大分三好には届かず。

このことから、「大分三好ヴァイセアドラー」のV1リーグ残留が決まりました。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました