ダイエットせず脂肪を落としたいなら│普段からちょこまか動こう

ダイエット
スポンサーリンク

こんにちは、今回は普段からちょこまかと動くことで、脂肪を落とすことができる考え方を紹介していきます。

ジムや食事制限でダイエットすることではなく、普段からの習慣を変えることで、

少しでもダイエットになればすごく良いと思いませんか、普段の生活習慣を変えることで少しでもスリムな体系を維持していきましょう。

ダイエットせず脂肪を落としたいなら

ダイエットせずに、脂肪を落とすには普段の生活から、ちょこまかと動くことが一番必要になります。

週に2回ジムに行くよりも、毎日毎日の生活習慣で動くことを増やすことの積み重ねが大事になります。

今回の内容はこちらの本を参考にしております。

こちらの本では、どれだけサボりながら筋トレができるのか、効率的に痩せれる事ができるのかが内容として書かれております。

現代人に肥満が多い理由は

現代人に肥満が多い理由はいくつかありますが、一番多い理由としまして、普段動かなくなったことだと言われます。

確かに食文化が充実し美味しい食べ物がいつでどこでも食べられることは間違えないでしょう。

しかし食べてばかりでブクブクと太っていっただけではありません。

通信技術の発達や工場の自動化などで座って仕事や作業をすることが本当に増えました、そこで生活習慣が大きく変わってしまってきていることでしょう。

普段からちょこまか動こう

時代が大きく変わり、普段から動くことが少なくなった現代人ですが、少しの生活習慣の改善で大きく身体を変えることができます。

簡単なことの積み重ねです。

運動らしい運動をしていない人でも、座り作業の途中に立ってい動くことを取り入れ、また生活の中で動くことを多く取り入れることで脂肪の燃焼に繋がります。

具体的に「ちょこまか動こう」とは

それでは、普段からちょこまか動くことは具体的にどのようなことかと言いますと

  • 座り作業の途中に立って歩く
  • 自転車を多く使う
  • 少し離れたトイレに行く
  • 早歩きをする
  • 子供のスポーツの応援に行く
  • 階段をわざと使う
  • 掃除をよくする
  • 農作業を多くする
  • 駅まで歩く
  • 荷物を持って歩く
  • 少し遠い商店街に買い物に行く
  • 動物と遊ぶ
  • 子供と遊ぶ
  • 電車では立つ
  • 散歩を多くする
  • 車で行くと所を電車で行ってみる
  • 雪かきをする
  • 買い物に付き合う
  • etc・・・

上記に上げたのは思いつくことを少しだけ書きだしただけです、

このようなことが習慣になることで、生活の中で自然と脂肪が燃焼されていくのです。

食べるものを減らすのではなく、動く習慣を増やすとの考え方です。

このようなことを頻繁に行うことが大事になるのです。

良いサイクルにしよう!

先ほど挙げたちょこまか動くことを続けられない原因は、自分の体が付いていかないことが挙げられます。

太っていて身体が重く思うように動かなくなると、おのずと動くことができません。

今回はジムに行かずに、普段からちょこまか動くことで、ダイエット効果を上げるとのことですので、

このちょこまか動くことができなくなると、悪純化に陥ります。

階段を使うことだっけでも実践するとか、座りっぱなしではなく途中で立つことを実践するなど小さいことから始めていきましょう。

少しのことが習慣になればそれを増やしていけばよいだけなのです。

先ほども紹介しましたが、こちらの本では具体的な数字も示していますので参考にしてください。

悪いサイクルを作らず、自分で用サイクルを作っていきましょう。

ジムに気合を入れて行くわけではないので、自分の意識と行動だけで行えることから非常にハードルは低くなるでしょう。

「普段からちょこまか動こう」注意点

簡単にちょこまか動くことでダイエットになりますが、急激なダイエットは見込めません。

ちょこまか動くことが習慣化されるまで時間もかかりますので急激なダイエットを期待している人は、

ちょこまか動くことを基本し、ジムなどでのトレーニングでのダイエットが必要にはなります。

また、普段から暴飲暴食を繰り返すなどの肥満へまっしぐらな生活習慣を続けていても意味がありません。

ちょこまか動くことを習慣化することさえできれば、自分の身体が軽くなった方が良いとも感じるようになり、無茶な暴飲暴食はなくなるでしょう。

まとめ

今回は、普段からの生活習慣を改善し、少しでもちょこまか動くことを生活習慣の一部にすることで、意識してダイエットをすることなく普段の生活から脂肪を燃焼させることができることについて書きました。

内容的には当たりませの事ですが、それをどれだけ習慣化できるかとのことが非常に重要になるのではないでしょうか。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました