『ツレがうつになりまして。』Amazonプライムで見れる名作

映画、ドラマ
スポンサーリンク

今回は堺雅人、宮崎あおい主演の「ツレがうつになりまして。」を紹介します

この作品もAmazonプライムにて見た作品になります。

突然夫がうつ病になったことから、家族のことを見直し、うつ病と向き合いながら夫婦で成長をしていく感動ストーリーでした。

それでは、チェックしていきましょう。

Amazonプライムで見た他の作品のレビューも書いております、「神様はバリにいる」←これもめちゃくちゃおすすめです。

「ツレがうつになりまして。」の作品情報

題名:「ツレがうつになりまして。」

監督:佐々部清

公開年:2011年

原作者:細川貂々

キャスト:堺雅人、宮崎あおい、余貴美子、大杉連、吹越満、吉田羊

「ツレがうつになりまして。」のあらすじ(ネタばれ注意)

夫が以前から体調不良がありましたが、そこがうつ病の始まりでした。ストレスのかかる仕事を続けていてせいでうつ病と診断され、「仕事辞めないと離婚する」と妻に言われなんとか仕事を辞めることができます。

そこから家族として生活を見直しながら、妻は自分の仕事の漫画を描きながらうつ病の夫と向き合い合い妻と共に成長していく物語です。

夫のことを妻は「ツレ」と呼び、そのツレのことを漫画にしていきます。

シネマトゥデイのあらすじは

仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、ある日突然、心因性うつ病だと診断される。結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子(宮崎あおい)は、妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫る。会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。

シネマトゥデイより

「ツレがうつになりまして。」の感想(ネタばれ注意)

しごと「現在の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスになっていると感じる事柄がある労働者」の割合は58.0%

平成29年厚生労働省より

仕事関係での半数の人がストレスを持つ時代に病気になってまで仕事を続けたいか?と言われるとそうではありません。

生活するための手段として働いているだけと私は感じています、働かなくて生活ができるのならそれにこしたことはありません、現在は不労所得で生活している人も多くいます。

この作品のようにうつ病になったら周りがそれをどれだけ受け止める子tができ、一緒に生活できるのかが、大事になってきます。

うつ病についてばかりですが、作品としては、宮崎あおいと堺雅人の実力は共演ですので、ほとんど二人だけのシーンが多く難しい病気の内容の中しっかりとわかりやすく観ることができました。

「ツレがうつになりまして。」の漫画について

映画の中で宮崎あおいが書いているキャラクターが登場した漫画です。

夫が「うつ病」になったことを描く内容は斬新で強烈的ではありますが、ほんわかするキャラクターを深刻なことであるのに、日常の一部として描かれることにより、読みやすい漫画になっています。

「ツレがうつになりまして。」を見るには?

私はこの「ツレがうつになりまして。」はAmazonプライムで見ることができました。

Amazonプライムは手軽に始められることから、登録しまし1ケ月の無料期間で辞めようと思いましたが、そのまま継続しております。

Amazonプライムでは、登録から1ケ月無料キャンペーン中ですので、まだ登録をされていない方は無料で楽しむこともできます。

登録も簡単で、スマホやタブレット、TV、古いTVだったとしてもゲーム機経由でも見ることができますので一度チェックしてみてください。

こちらから登録可能です↓


Amazonプライム・ビデオ

もちろんレンタル店や購入も可能です。

Amazonプライムで見れる 堺雅人出演の作品

Amazonプライムでは他のも堺雅人出演作品をたくさん見ることができます。紹介だけしていきます。(課金が必要な作品もあります)

DESTINY 鎌倉ものがたり


DESTINY 鎌倉ものがたり

武士の家計簿


武士の家計簿

鍵泥棒のメソッド


鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッドは出津の記事でレビューしています。

Amazonプライムで見れる 宮崎あおい出演の作品

Amazonプライムでは他のも宮崎あおい出演作品をたくさん見ることができます。紹介だけしていきます。(課金が必要な作品もあります)

きいろいゾウ


きいろいゾウ

少年メリケンサック


少年メリケンサック

バースデーカード


バースデーカード

まとめ

今回は「ツレがうつになりまして。」を見た感想と紹介を書きました。

うつ病はいつ誰がなってもおかしくない病気です、家族や周りにいる人との付き合い方がどれだけ大事なのか考えさせられる映画でした。

この作品は、時間がゆるやかに流れるので、昼間のゆっくりとした時間に見ることをおすすめします。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました