『十月十日の進化論』Amazonプライムで見れる名作│WOWOWシナリオ大賞とは

映画、ドラマ
スポンサーリンク

今回はWOWOWドラマ『十月十日の進化論』を紹介します

この作品もAmazonプライムにて見た作品になります。

この『十月十日の進化論』はWOWOWシナリオ大賞を第七回の受賞した作品のドラマ化です。

昆虫好きで勉強ができるけどもうまく生きれない主人公の話ですね。

それでは、チェックしていきましょう。

他にもAmazonプライムで見た作品のレビューも書いております、「ヒトリシズカ」おすすめ作品です、凄いミステリーです。

『十月十日の進化論』の作品情報


十月十日の進化論

題名:十月十日の進化論

監督: 市井昌秀

放送年:2015年

時間:119分

キャスト:尾野真千子、田中圭でんでん

『十月十日の進化論』のあらすじ(ネタばれ注意)

鈴(尾野)は、昆虫が大好きで昆虫の仕事をしていたが、リストラに合う。

偶然に元カレの武(田中)と再会し酔った勢いで妊娠してします、そこから一人で産むと決めるが、なかなかそう簡単には行かない。

子供を出産するまでの日々が細かく描かれている。

不器用で偏屈な昆虫分類学博士・鈴(尾野真千子)が、妊娠を機に周囲の人々と心を通わせていく。

鈴は研究分野の狭さと性格が災いし、勤めていた大学を首になる。そんな中、元恋人・武(田中圭)と再会した鈴は、酔った勢いで一夜を共にする。

約5週間後、妊娠を知った鈴は産む決意をするが、武には言えずにいた。

ザ・テレビジョンより

WOWOWシナリオ大賞とは

この『十月十日の進化論』は栄弥生氏が第七回WOWOWシナリオ大賞を受賞した作品のドラマ化になります。

この第七回の大賞は544編の応募の中から選ばれた作品です。

WOWOWシナリオ大賞とは

第1回から第10回まで行われ、テレビドラマで活躍する人材を育成、発掘するために設けられ、応募資格はプロ・アマを問わず、共同脚本も可能であった。

2016年までの10回で終了し、それまでの大賞受賞作品はWOWOWでドラマ化された。

受賞作品とドラマ化

これまでの受賞作品のまとめてみました。

詳しいあらすじなどは別の記事で紹介したいと思います。

回数作家作品
第1回杉山嘉一 「Go Ape」
第2回三好晶子「蛇のひと」
第3回福島俊朗「仄かに薫る桜の影で」
第4回福島カツシゲ「エンドロール〜伝説の父〜」
第5回(該当作品なし)(該当作品なし)
第6回香坂隆史「愛の告発」
第7回栄弥生「十月十日の進化論」
第8回川崎クニハル「双葉荘」
第9回小山ゴロ「稲垣家の喪主」
第10回舘澤史岳「食い逃げキラー」

第3回作品の「仄かに薫る桜の影で」は、「遠い日のゆくえ」との題名でドラマ化されました。レビューは『遠い日のゆくえ』Amazonプライムで見れる名作│WOWOWシナリオ大賞とは

また、第6回受賞作品の「愛の告白」は「埋もれる」としてドラマ化されています、レビューはこちらです→『埋もれる』Amazonプライムで見れるサスペンス名作│WOWOWシナリオ大賞とは

『十月十日の進化論』の感想(ネタばれ注意)

ネットの声です↓

尾野真千子演じる主人公の鈴の性格がかなり癖のある性格、そのため仕事はできない、普通の社会では上手く渡り歩くことができない性格でしょう。

そんな中、妊娠してからも自分よがりばかりで非常に難しい性格でしょう。

親の立場からするとい困まりきった娘ではないでしょうか、しかしながら父親のでんでんがいい味を出しています。

離婚している父親ですが、娘の鈴(尾野)への敬語での接し方が娘とは逆に好感が持てますね。

最後や全ての人が自分の素直な気持ちを言葉にして伝えることで、幸せな形で子供が誕生します、最後はほっこりとする内容です。

『十月十日の進化論』を見るには?

私はこの『十月十日の進化論』はAmazonプライムで見ることができました。

Amazonプライムは手軽に始められることから、登録しまし1ケ月の無料期間で辞めようと思いましたが、そのまま継続しております。

Amazonプライムでは、登録から1ケ月無料キャンペーン中ですので、まだ登録をされていない方は無料で楽しむこともできます。

登録も簡単で、スマホやタブレット、TV、古いTVだったとしてもゲーム機経由でも見ることができますので一度チェックしてみてください。

こちらから登録可能です↓


Amazonプライム・ビデオ

もちろんレンタル店や購入も可能です。

Amazonプライムで見れる 尾野真千子出演の作品

Amazonプライムでは他のも尾野真千子出演作品をたくさん見ることができます。紹介だけしていきます。(課金が必要な作品もあります)

神様はバリにいる


神様はバリにいる

ブルーハーツが聴こえる


ブルーハーツが聴こえる

きみはいいこ


きみはいい子

まとめ

今回は『十月十日の進化論』を見た感想と紹介を書きました。

一人では生きられない、一人では成長したわけではない、一人では子供は産めないと思わせてくれる作品でした

昼間ゆっくりした時間に観ることをことをお勧めします。

今回は最後までお読みくださりありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました