バレーボール男子天皇杯2021│出場チームと大会詳細のまとめ

バレーバレーボール
スポンサーリンク

今回は、12月10日~12月19日にファイナルラウンドが開催される、男子バレーボールの大会である天皇杯について見てきたいと思います。

皇后杯は、全国各都道府県の予選、そしてブロックラウンドを勝ち抜いたチームとVリーグチームとがトーナメント形式で日本一を目指して戦う大会です。

今回は、そんな天皇杯の出場チームを中心に大会詳細について詳しき見ていきたいと思います、また、大会期間中の結果速報については下記の記事にて更新していきますので合わせてご覧ください。

男子バレーボール天皇杯│結果速報、組合せや歴代優勝チームのまとめ

女子の皇后杯はこちらなります、合わせてご覧ください。

女子バレーボール皇后杯│結果速報、組合せや歴代優勝チームのまとめ

バレーボール女子皇后杯2021│出場チームと大会詳細のまとめ

バレーボール男子 天皇杯2021 大会詳細

それでは、簡単にバレーボール天皇杯について見ていきましょう。

2021天皇・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会

日時

都道府県ラウンド:2021年4月~7月

ブロックラウンド:2021年9月~10月

ファイナルラウンド:2021年12月10日~19日

【ファイナルラウンド】

開催地:群馬県

会場:高崎アリーナ

優勝賞金:1000万円

準優勝賞金:400万円

【ファイナルラウンド 大会方式】

2021-22シーズンのV1所属チームとブロックラウンドを勝ち抜いた16チームによるトーナメントで優勝を争大会(男子26チーム、女子28チーム)。

バレーボール女子皇后杯2021  出場チーム

それでは、皇后杯の出場チームを確認しておきましょう(9/11現)

出場枠チーム都道府県備考
V1サントリーサンバーズ大阪府V1・優勝
パナソニックパンサーズ大阪府V1・準決勝
ウルフドッグス名古屋愛知県V1・3位
ジェイテクトSTINGS愛知県V1・4位
東レアローズ静岡県V1・5位
JTサンダーズ広島広島県V1・6位
堺ブレイザーズ大阪府V1・7位
FC東京東京都V1・8位
VC長野トライデンツ長野県V1・9位
大分三好ヴァイセアドラー大分県V1・10位
北海道ブロック優勝
東北ブロック優勝
関東Aグループ優勝
Bグループ優勝
Cグループ優勝
Dグループ優勝
北信越ブロック優勝
東海Aグループ優勝
Bグループ優勝
近畿Aグループ優勝
Bグループ優勝
Cグループ優勝
中国ブロック優勝
四国ブロック優勝
九州Aグループ優勝
Bグループ優勝

バレーボール女子皇后杯2021  組合せ

組合せトーナメントが決まり次第更新していきます、また大会の結果速報については下記の記事にて更新していきますので是非ともご覧ください。

男子バレーボール天皇杯│結果速報、組合せや歴代優勝チームのまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました