菅原伊織(城西大)箱根駅伝注目選手,高校時代や特徴のまとめ

箱根駅伝城西大学菅原伊織箱根駅伝
スポンサーリンク

箱根駅伝での活躍が期待される城西大学のエース菅原伊織選手の特徴や高校時代について深堀していきたいと思います。

2020年の箱根駅伝予選会で城西大学は、15位の結果で本選に出場することはできませんでしたが、菅原選手個人としては、関東学生連合チームのメンバーで箱根での走りを見せてくれました。

そんな菅原伊織選手についてチェックしていきましょう。

菅原伊織選手(城西大)は、特徴は?

高校時代から注目のされていた菅原選手、一番の特徴と言えるのが身長181cmの長身のランナー、その長身を生かしたストライドで爆発的な走りをするスピードランナーです。

180cmを超す身長のランナーは、なかなかいませんので他のランナー並んで走るとストライドが大きく違うことから他のランナーのペースが狂うこともあるようです。

大学入学後では、なかなか目立った活躍は出来ていませんでしたが、大学3年生で5000m【13分50秒99】を記録し、城西大学のトップクラスの選手に成長しました。

菅原選手は、夏には距離対策を行いながらスピード強化を継続し、箱根駅伝予選会での好成績で本選へとつなげていけるよう調整しているようです。

菅原伊織選手(城西大)の経歴は

菅原選手は、東京都出身で中学は地元の中学に通っていたようですが、中学校時代の陸上の成績について詳しい情報を見つけることはできませんでした。

これだけの選手ですんので、陸上部に所属していてことは間違えないでしょう。

菅原伊織選手(城西大)の高校時代は

高校は、国学院久我山高校へ入学した菅原選手、国学院久我山高校は野球やサッカー、ラクビーなどのスポーツの強豪校でもあり、多くのプロ野球選手やJリーガーを輩出しています。

歌手のゴスペラーズ(村上てつや、黒沢薫)の国学院久我山の卒業生です。

高校時代に菅原選手が一躍注目をされたのは、3年生の全国高校駅伝での活躍です。

3年生としてエース区間と言われる1区を任された菅原選手、後に東海大学に入学した、名取選手塩澤選手西田選手に次いでの4位と素晴らしい走りを見せてくれました。

菅原伊織選手(城西大)のプロフィール

菅原伊織選手のプロフィールです。

菅原 伊織(スガワラ イオリ)

生年月日:1999年3月23日

身長:181cm

体重:59kg

出身地:東京都練馬区

所属:國學院久我山高校→城西大学

菅原伊織選手(城西大)の箱根駅伝は

菅原選手は2020の箱根駅伝の走っています。

しかし、城西大学自体は予選会で敗退してしまい、本選出場は叶いませんでしたが、関東学生連合として箱根駅伝を走ることになります。

3区を見事に走り抜くことで4年生となる最後の箱根へつなげていくことになりました。

城西大学ではなく関東学生連合としてでも1度箱根駅伝を経験したことで、2021年での活躍が大いに期待できるのではないでしょうか。

各大学の有力選手にも負けてはいないポテンシャルのある選手ですので、最後の箱根駅伝での期待が持てる走りをしてくれるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、城西大学の菅原伊織選手についてチェックしてきました。

しんちょう181cmの長身ランナーであり、大きなストライドを活かしたスピードのある選手であることがわかりました。

高校時代は全校高校駅伝で注目された選手で、大学進学後は関東大学連合として3年生時に箱根駅伝を経験しています。

そんな菅原選手の2021年の箱根駅伝に期待していきましょう。

菅原選手頑張って頂きたいです、応援していきまょう。

また、箱根駅伝注目選手の記事もありますので合わせてチェックしてください。

松山和希(東洋大学)

三浦龍司(順天堂大)

佐伯陽生(東海大学)

伊東颯汰(駒澤大)

吉居大和(中央大)

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました