創価大学│2021箱根駅伝注目メンバー,注目選手一覧まとめ

箱根駅伝創価大学注目選手マラソン 駅伝
スポンサーリンク

2021年の箱根駅伝に出場する大学のメンバーとして注目選手のまとめていきます、今回は創価大学です。

箱根駅伝では、来年のシード権獲得が必須と上位進出を目標と掲げている創価大学、上位を脅かす存在になる可能性もあるでしょう。

それでは、箱根駅伝に臨む創価大学の注目選手について記録や実績をまとめてきましょう。

*ここにあげている選手は、筆者の完全な個人的な見解になります。

フィリップ・ムルワ(2年)

日本インカレ10000m2位、27分台の記録を持つ留学生のムルワ選手。

2区が予想され創価大の柱として大きな期待がかかります。

留学生の維持もあり非常に面白い存在になるでしょう。

ムルワ   記録
5000m13分37秒70
10000m27分50秒43
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝*****中止
全日本大学駅伝**********
箱根駅伝*****

フィリップ・ムルワ

ケニア出身 2002年3月3日

キテタボーイズ高校(全国高校駅伝0回)

福田 悠一(4年)

創価大学の日本人エースと言えば福田選手、前回は大きな波に乗った走りで4区で区間4位と素晴らしい走りでチームのシード権獲得に大きく貢献しました。

そんな経験を活かした走りを今回も期待していきましょう。

福田悠一   記録
5000m13分54秒83
10000m28分19秒26
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝***************中止
全日本大学駅伝********************
箱根駅伝**********4区(4)

福田悠一(フクダ ユウイチ)

鳥取出身 1998年4月10日

米子東高校(全国高校駅伝0回)

嶋津 雄大(3年)

前回の箱根駅伝では、10区で区間新記録の区間賞を獲得した嶋津選手。

その経験から2度目の箱根駅伝に挑みます、前回以上の走りを見せてくれることが期待したいですね。

嶋津雄大   記録
5000m14分03秒65
10000m29分01秒84
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝**********中止
全日本大学駅伝***************
箱根駅伝*****10区(1)

嶋津雄大(シマズ ユウダイ)

東京都出身 2000年3月28日

若葉総合高校(全国高校駅伝0回)

原富 慶季(4年)

原富選手も前回の経験者、この経験者たちがどんな走りを見せてくれるかだ創価大学の順位に大きくかかわってくるでしょう。

自己記録の更新もあり好調をキープしているので期待は大きい選手ですね。

卒業後は「九電社」に就職が決まっています。

原富慶季   記録
5000m14分04秒42
10000m28分49秒57
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝***************中止
全日本大学駅伝********************
箱根駅伝**********11区(3)

原富慶季(ハラトミ ヨシキ)

福岡県出身 1998年6月24日

福岡大大濠高校(全国高校駅伝0回)

右田 綺羅(4年)

前回の箱根駅伝を経験した一人、その前回は思うような走りを見せることはできませんでしたが、自慢のスピードを生かして、二年連続の箱根駅伝出場を目指す。

右田綺羅   記録
5000m14分39秒24
10000m28分52秒61
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝***************中止
全日本大学駅伝********************
箱根駅伝**********7区(18)

右田綺羅(ミギタ キラ)

熊本県出身 1998年12月19日

熊本工高校(全国高校駅伝0回)

鈴木 大海(4年)

2年生時には関東学生連合で箱根駅伝に出場、3年生ではチームとして出場しています。

10000mで自己記録の更新も果たし、3度目の箱根駅伝で快走を見せれるか期待できる選手です。

鈴木大海   記録
5000m14分04秒33
10000m29分16秒08
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝***************中止
全日本大学駅伝********************
箱根駅伝*****3区(99)8区(9)

鈴木大海(スズキ ヒロミ)

神奈川県出身 1998年12月21日

藤沢翔陵高校(全国高校駅伝1回)

桑田 大輔(1年)

創価大学1年生の中でも急激に成長し、自己記録も更新してきている桑田選手。

安定感ある走りで今後はチームの中心選手に成長を期待ですね。

桑田大輔   記録
5000m14分16秒07
10000m29分16秒48
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝中止
全日本大学駅伝*****
箱根駅伝

桑田大輔(クワタ ダイスケ)

鳥取県出身 2001年5月19日

八頭高校(全国高校駅伝0回)

葛西 潤(2年)

1年生ながら前回の経験者、高校時代も全国高校駅伝でエース区間の1区を任され7位としっかりとした実績の持ち主。

今回の箱根駅伝でより成長を期待できるのではないでしょうか。

葛西潤   記録
5000m14分06秒33
10000m29分32秒68
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝*****中止
全日本大学駅伝**********
箱根駅伝6区(16)

葛西潤(カサイ ジュン)

愛知県出身 2000年10月30日

関西創価高校(全国高校駅伝1回)

三上 雄太(3年)

ハーフで自己記録を更新、初の箱根駅伝出場を目指しスタミナ、スピードを強化し安定感を増して勝負強い選手へと期待していきましょう。

三上雄太   記録
5000m14分10秒52
10000m30分12秒58
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝**********中止
全日本大学駅伝***************
箱根駅伝**********

三上雄太(ミカミ ユウタ)

広島県出身 1999年6月5日

遊学館高校(全国高校駅伝0回)

石津 佳晃(4年)

10000mと5000mで二週続け自己記録を更新、前回は、9区を区間6位と激走を見せてくれた石津選手、今回は前回以上の結果を期待していきましょう。

石津佳晃   記録
5000m14分18秒16
10000m29分34秒46
三大駅伝実績1年2年3年4年
出雲駅伝***************中止
全日本大学駅伝********************
箱根駅伝**********9区(6)

石津佳晃(イシズ ヨシアキ)

静岡県出身 1998年5月19日

浜松日大高校(全国高校駅伝0回)

まとめ

今回はここまで、創価大学の中心選手について見てきました。

前回の箱根駅伝では、チームとして大きな結果を残すことになりました。

前回の経験者も多く残ることから今回も非常に期待がもてるのがこの創価大学でしょう、連続シード権獲得に期待しても良いのでしょうか。

今回紹介した選手以外の選手も箱根駅伝を走る可能性のある選手も多く在籍していますので、活躍は期待できるのではないでしょうか。

また、各大学の箱根駅伝の注目選手についての記事もありますので合わせて確認できまのでチェックしてみてください。

青山学院大学│2021箱根駅伝注目メンバー

駒澤大学│2021箱根駅伝注目メンバー

明治大学│2021箱根駅伝注目メンバー

東洋大学│2021箱根駅伝注目メンバー

早稲田大学│2021箱根駅伝注目メンバー

【箱根駅伝】2021年│注目の1年生ランナー10人まとめ

【箱根駅伝】大学別注目選手の進路先まとめ、実業団HP付き

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました