『新鍋理沙』バレー│引退理由は?その後は?東京オリンピックは?

バレーボール
スポンサーリンク

全日本女子バレーの新鍋選手が引退を発表しました。

突然の発表に大変驚きでいっぱいです。

東京五輪が延期されましたが、まだまだ頑張ってほしい選手でしたが、残念です。

新鍋選手の引退理由や今後、今までの経歴について調べてみました。

新鍋選手の引退について

新鍋選手の所属チームから衝撃的な発表がありました。

この度、現役選手としての活動を引退することを決めました。
小学校1年生から始めたバレーボールは、
私にとって生活の全てでした。
そのバレーボールの現役を引退することに、まだ実感が湧きません。

久光製薬スプリングスに入団して11年間、
苦しいときも楽しいときもありましたが、大好きなバレーボールを続けることができました。
それもこれも支えていただいた皆様のお陰です。

学生時代にバレーボールを指導していただいた恩師、
いつも練習に付き合ってくれたチームスタッフ、ボールを繋いでくれた仲間、
何より全国の会場で声援を送っていただいたファンの皆様、
本当に沢山の方々のご指導とご声援に支えられバレーボールを続けてくることが出来ました。
そのすべての皆様に心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

久光製薬スプリングス公式HPより

このようにチームから発表がありました。

退団ではなく引退とのことでした。

バレーボールはこの時期にシーズンは行われておらず、オフシーズンになります。

各チームのこの時期は、新しいスタッフの発表や退団、引退選手の発表などが行われています。

そんな中の発表でした。

『新鍋理沙』バレー│引退発表後、グッズは購入できるのか?

『新鍋理沙』の引退理由は?

今回はチームから引退が発表され、新鍋選手の個人のコメントとも発表されていますが、明確な引退の理由については何も語られていません。

本来なら、この時期に東京オリンピックに向けて全日本チームで最終調整を行われていた頃でしょうが、新型コロナウィルスの影響で東京オリンピックが延期に。

もしかしたら、東京オリンピックを最後に引退を決めていたのかもしれません。

29歳の新鍋選手にとっての1年間の延期は非常に大きなことだったのでしょうか。

全日本女子バレーボールチームには、黒後愛や石川選手と言った若い力が台頭していますが、新鍋選手のようなプレースタイルの選手は他にはいません。

全日本にとっても必要な選手の一人であることは間違えありませんが、本人の引退の意志が非常に強かったのではないでしょうか。

他に考えらえれるのは、結婚やケガなどが挙げられますが、実際のところはっきりとした理由は語られていません。

今後、本人から引退理由が語られる時が来るかもしれません。

ファンにとっては、非常に残念ですが、見守っていきましょう。

『新鍋理沙』の引退後、その後は?

新鍋選手の引退が発表されたばかりですので、新鍋選手の引退後、その後のことについても現時点で何も語られていません。

現役を引退発表後については、選手により様々です。

すぐに次の道を決めている人や、ゆっくりしてから考える人などその時々や周りの状況、本人の意思などにより違います。

バレーボール選手の引退後については、ほとんどに人が本格的なバレーボールから離れるでしょう。

趣味や身体を動かす程度でバレーボールをやる人は多いと思いますが・・・

知名度が相当ある選手でしか、解説者などの道はありません。

バレーボールは全日本クラスではないとメディアに取り上げられることは少ないので、

元バレボール選手をテレビで見ることは少なくなります。

しかし、新鍋選手ほどの実績のある選手ですと、解説者やレポーターの仕事もあるのではないでしょうか。

また、中田久美監督のように指導者として日本のバレーボールに関わっていくことも考えられます。

それともう一つ、現在の全日本のキャプテンの荒木絵里香選手のように、結婚出産を得てバレーボールに復帰している選手もいます。

荒木絵里香選手は本当にまれな選手ではないでしょうか。

『新鍋理沙』の引退についてネットの反応は

新鍋選手の引退の発表はネットでも衝撃になっています。

まとめ

新鍋選手の引退のついてチェックしてきましたが、引退の理由について詳しいことは、語られていません。

また、引退後についても何も語られていませんでした。

これだけの選手ですので、今後に何か発表があるかもしれませんね。

東京オリンピックの延期が大きかったことは間違いないでしょう。

全日本女子チームについてだけではなく、バレーボール界にとっても新鍋選手の引退は衝撃的なことですが、今後の新鍋選手をファンは温かく見守りましょう。

今回は最後まで読んで頂きありがとうございました。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました