学校9月開始についての、メリットとデメリットを考えてみた

生活
スポンサーリンク

ここにきて、学校の新学期を9月からスタートするとの案が上がりだしてきました。

新型コロナウィルスの影響で休業が続いている学校ですが、この学校9月新学期のスタート案のメリットとデメリットを現時点で考えてみました。

学校9月開始の案が話題になった理由

新型コロナウィルスの影響が続いている中、この先収束が見込みが見えていなく、学校も当面再開される兆しもありません。

そんこことから、ある高校生がTwitterでつぶやきました。

また、学校の9月スタートは世界ではスタンダードなことで、以前からも日本の学生のグローバル化を進める観点から学校9月スタートの事案は持ち上がっていました。

そんな中、世の中がこんな状況ですので、これを機会に日本も学校の9月スタートができるのではないかと議論が始まっています。

これがつぶやきです、現在では10万近いリツイートや同じく10万近い「いいね」も獲得しています

各県知事達の発言

宮城県知事が、学校9月開始に賛成との発言をしてのをきっかけに、東京都知事である小池百合子さんもこの案に賛同しました。

まてその翌日に各県知事会にて、この議題が話し合われ、国会でも議題の一つになりました。

この発言の前の日にはインターハイの中止がきまる大きな出来事もあり、そこに至るまでに、学生たちは部活動や学校の行事、入学式や修学旅行の中止などあり、どうにかならないかとの思いもあったのではないでしょうか。

学校9月開始(新学期9月開始)のメリット

現時点でのメリットとしましては

世界基準になる

これは以前から述べられていたことになりますが、日本独自ではなく世界基準とすることにより、

学生の時からよりグローバルに活動ができ、留学する時の半年の無駄な時間をなくすことや、海外の企業への就職に有利になります。

休業中の学力格差をなくせる

現在学校は休業している為に、授業は行われていません。

ただ、WEBを使い授業を行う学校も出てきていますが、国として統一されていることがありませんので、学校単位の判断ややり方になっています。

これにより、大きな学力格差が生じ、この先の受験に大きな影響が及ぼされると考えられます。

一律9月から再スタートすればそのようなことは無くなります。

奪われた学校生活を取り戻せる

最終学年であろうとなかろうと、このままズルズルと休校や自粛が続けば、生涯の中で本当に大切な時間が奪われてしまうことになります。

年度がかわることは、3月のままですので、終わりは決まっています。

現時点でも多くのことが奪われている中で、9月スタートをすることにより、しっかりとした学校生活(学びも含めた)をおくることができるのではないか。

受験の時期をズラすことができる

なぜ、2月のインフルエンザが毎年大流行し、雪が降り交通機関が混乱する時に受験をするのだろうと思っていました。

最近になり現代病でもある花粉症の時期でもあります。受験に集中できるのでしょうか。

学校9月開始(新学期9月開始)のデメリット

デメリットの考えてみますと

教育現場に混乱が生じる

当然ですよね、いきなり9月に変更になれば、教育現場は大混乱が起こるでしょうか、簡単に半年ズラせばよいだけとは言っても、いろんな面で難しいでしょう。

全てを9月開始にしないといけない

これも、当たりまえのことですが、高校だけとか、小学校だけを9月開始にするわけにはいきません。

小学校から大学、専門学校に幼稚園や保育園など、日本中全てが9月開始と足並みをそろえないといけません。

就職先の企業でも問題

就職先の企業も受け入れ態勢を変えなければいけません、企業によっては対応できることかもしれませんが、人材不足で悩んでいる会社にとっては、この半年が大きな不安要素になりえる可能性もあります。

日本独自の文化がなくなる

桜の時期に卒業や入学、春は出会いや別れに季節といいます。

日本人が長年慣れ親しんできたこの季節の意味がなくなります。

準備期間が短すぎる

しっかりとした準備ができないままに進めることになることは否めません。

誕生日の区切りどうするの

9月開始になると誕生日の問題も出てきますよね。

新型コロナウィルスが収束するのが大前提

メリットとデメリットを書きましたが、一番の大前提は新型コロナウィルスの流行が収まっていることが、大前提になります。

私個人的には、9月開始に賛成です!

今の時期にしか変えることはできないでしょう。

ましては、学生生活を奪われた子供たちの救いになり、グローバル化が進むことにより、世界で活躍する人材が今まで以上に出てくるのではないかと思います。

たとえ収束しなくても9月開始に向けてWeb環境を整える

収束が大前提ですが、9月開始に向けて今できるWebの学習環境の整備を大至急整えること進め、例え9月の休業が続くのであれば、全ての学校でWeb学習を導入できる環境にしておくことが良いのかと思います。

まとめ

学校の新学期を9月から開始しても良いのではないかとの案が出ています。

メリットも非常に多くあり、こんな状況でしかできない改革になるでしょうが、日本中が混乱を起こすことは間違いありません。

いろんな意見のあると思いますが、人命を第一に考えながら、政府のお偉いさんたちでしっかりと議論し、納得できる形に収めてもらいたいです。

早く新型コロナウィルスの感染が収まるように各自が努力するしかありませんね。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました